戦術

みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

ベテランテニス、のみなさんと試合をするようになって、感じること。

若いみなさん、特に学生の方は勘違いしている。

「コントロールが良い」ということが、どれだけテニスにとって大事かを。

そして、一番の脅威になることを。

 

みんなテニスのおけるコントロールの精度を、甘く見過ぎ

 


 

1.「シコラー」というくくりで、下に見てはいないか?

と、私は思うんです。

コントロール良くつないで来る相手=シコラー=基本は大したことない、と。

コントロールが良い相手って、ただ粘っているだけじゃないですからね。

緻密に、計算して粘っている。

ボール自体は速くなくても、アナタ自身を確実に追い詰めていく、ボディブローのように効いていく。

ただ「粘っている相手に、ミスが早くて負けたな」と思っている人は、現実が見えていない。

相手のコントロールの精度、に負けたんですよ。

 

2.ロブは一番分かりやすい、典型例

例えばロブ。

コントロールが良い選手って、良いところに入るじゃないですか。

それを試合で見せつけられると、もうプレッシャーなんですよね。

全てのロブは、精度が高いと思って触らないといけない。打たざるを得ない。

コントロールが良い選手のボールは、追いかけないといけないから試合でも辛い。

速いボールは、逆に楽なんですよ。

打ち返すのに自分の力は要らないですし、そんなに際どいところに飛んで来ないですから。

一番の脅威は、やはり相手のコントロール力です。

 

3.プロ選手は、本当はもっと速く打てる

「でも、プロとか凄いボール打ってるじゃん!」と、思いますよね。

コントロールよりも、スピード重視?でしょうか?

違います。

彼らこそ、本当はもっと速く打てるし、スピード感のあるテニスが出来る。

でも、あえてコントロールを良くして、組み立てているんです。

勝負所ではリスクを冒しますけどね。

基本は、自分がコントロール出来る速度、を知っている。

コントロールこそ、テニスの試合で一番の武器である、ということを知っている。

だから強いし、結果を出しているんです。

 

4.緊張感の中での、コントロール力を

ですので、みなさんもぜひ意識して磨いて欲しい。

プレッシャーがかかるような場面で、しっかりとコントロールの良いショットを打つこと。

そして、それを繰り返すこと。

練習で出来ているのは、当たり前。

試合の現場、緊張感の高まる場面で、どうかという話ですから。

磨かないと、絶対に上達しない。

そして、磨けば確実に光るようになるはず、です。

サーブの速度を上げるよりも、よっぽど簡単ですし試合の勝敗に直結するでしょう。

 

みなさんの周りで、コントロールの良い選手ってどんな感じでしょうか?

きっと、何か盗める要素はあると思うですよね。

構えが早いのか、ポジショニングが良いのか・・・それとも・・・。

きっと一番のヒントは、みなさんの身近にあるはずです。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス クレーコート

    戦術

    全仏オープンで注目したい、「クレーコートでの戦い方」に参考になる記事7選

    今年も全仏オープンが開幕。改めて、クレーコートでの戦い方につい…

  2. 戦術

    テニスの試合で意外と多い、「ノーアドバンテージ形式」での必勝法、を考えてみた

    ノーアドバンテージ形式、とは、通常のゲームカウントでデュース、になる場…

  3. テニス フットワーク

    戦術

    「打ちやすい球が来る」と、相手は思っている

    試合で調子が良い相手って、嫌ですよね。でも、何か手を打たないと…

  4. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合では「劣勢のときこそ、焦ってはいけない」その理由5つ

    テニスの試合で、大逆転が起きる時。それって、どんな時でしょうか…

  5. テニス メンタル

    戦術

    試合に勝つためには、やることが多い・・・?むしろ逆だと私は思います

    試合に勝つために、何をすべきなのか・・・。このサイトでも、何だ…

  6. テニス メンタル

    戦術

    「遠くのボールを追う気配が無い選手」に対しては、ライン際のショットは必要無い

    大会に出ていると、色々な選手がいる。よく観察してみると、アナタ…

コメント

    • YS
    • 2018年 8月 10日

    いつも楽しく勉強させていただいております.

    先日は「何でもお悩み相談室」の返信をいただき
    ありがとうございました.
    早速,いろいろと練習メニューを考え中です.

    最近,コントロールの重要性と楽しさがわかるようになりました.

    試合の結果は勝ち負けしかないですが,
    ボールの精度はアナログ値なので
    上達しているかどうかが判断しやすいです.

    以前の記事にもあるように,フォアのコントロールを磨いて
    攻撃できるように練習します.

      • tomita
      • 2018年 8月 11日

      コメントありがとう御座います!またお返事遅くなりましてすみませんでした。。
      コントロールに自信が持てると、試合がすごく楽しくなりますよね。
      試合で結果が出るよう、応援してますので頑張って下さい!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    ダブルフォルトが止まらないときは、自分の作戦が決まっていない
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「ストロークをどこに打つのか?」ラリーの中でコースを決めるタイミングは・・・?
  3. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
  4. テニス メンタル

    ストローク

    アナタの試合が単調になる、一番の理由とは?
  5. 練習メニュー

    4月からテニス部に入部してくる、「新1年生向けに基礎的な練習メニュー」を考えたい…
PAGE TOP