ダブルス

後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ

ダブルスの試合で、後衛同士のラリーが速いとき。

「これは、邪魔出来ないな・・・」と思って、ポーチに出れない試合ってありませんか?

そもそも、現代テニスは雁行陣が中心、ストロークが強い人が多い。

だからこそ、必要なのはポーチの意識改革です。

出れない自分を責める前に、やることはあります。

 

後衛同士のラリーが速くて、「ポーチに出れない・・・」という方へ

 


 

1.「得点する」ことは、二の次で良い

そりゃ、厳しいですよ。

相手の速いストロークに飛び込んでポーチ、バシッと決める。

それが簡単に出来れば、苦労はしません。

自分で決める、得点することを最低限の目標に設定している方、すごく多いような気がします。

キツイ言い方ですが、自意識過剰です。

まずは、出て触る。

これだけで、大成功!で良いじゃないですか。

 

2.相手のプレッシャーになるのは・・・?

「出るだけでプレッシャーになるから」と考えている方、甘い。

確かに出るだけで、プレッシャーに感じてくれる相手もいます。

でも、強い相手なら気にしない。

アナタ自身がポーチに出て来ても、お構いなしでしょう。

本当に相手にプレッシャーになるなら、ネットスレスレまで近い場所、でポーチに出ないと。

強い相手でも、これは嫌なんですよ。

ネット近くでボレーされると、当たり損ないでもコートに入るし、恐怖心が芽生える。

ネットから遠い位置なら、全然余裕何ですけどね。

速いラリーでポーチに出れない人は、とにかく早めに動き出してネット近くで触る!

これを出来るように、準備していきましょう。

 

3.そもそも、ポジションからおかしくないですか?

サイド寄り、ストレート寄りな人が多いような気がします。

私が考える前衛の基本ポジションは、サービスエリアのちょうど真ん中。

この位置に立つと、かなりクロス寄りでポーチで触れそうな雰囲気、になると思います。

本当は、もう50cmだけクロス、つまりはセンターライン寄りでも良いくらい。

この位置からなら、速いラリーでも触れるはずです。

ポジションを変えれば、ポーチは変わる。

もっともっと、センター寄りに立って存在感を出していきましょう!

 

4.前衛としての意識改革、絶対必要!

みなさんに、伝えたいこと。

ポーチに出るなら、厳しいボールが基本です。

甘いボールをどこかで待っているから、ずっとモジモジして出れない自分に、気付かないと。

相手のストロークが速いなら、早く動き出して先回りすれば良いじゃないですか。

ミスしても良いし、最悪触れなくても良い。

出るという強い意志、が相手に伝わればそれがプレッシャーになります。

意識改革、していきましょう。

相手のナイスショットを潰してこそ、の前衛です。

 

ポーチに出れない人は、目標を高く掲げ過ぎ。

ポイント奪取は、あくまで結果的に、です。

相手に気持ち良く打たせないこと、が前衛の仕事ですからね。

速いボールの方が、ポーチにやりがいがあるし、決まりやすいかも。

それに気付いたら、もう試合は勝ったようなもんです。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. テニスに必要な筋力トレーニング、リストウェイトが効果的です
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ダブルス

    魚のいない場所で糸を垂らしても、一匹も釣れない

    少し、極端な例かも知れませんが・・・。ダブルスの試合を観ている…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ミックスダブルス必勝法は、男女でのラリーをどう戦うか

    ミックスダブルスで、勝率が悪いペアの原因は何なのか。きっと、勝…

  3. ダブルス

    ロブに弱いダブルス、から強いダブルスへ!

    ダブルスの試合、とにかくロブに苦手意識がある方へ。前衛にロブ、…

  4. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合では、「リターンをサイドアウトさせてこそ」前衛の勝利と考えよう

    ダブルスの試合、前衛の仕事は相手にプレシャーをかけること。では…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルス脳を持っているテニス選手は、「何事にも自分が全て影響している」ことを理解している

    「ダブルスが上手い」と呼ばれる選手は、他の選手と何が違うのか。…

  6. テニス サーブ

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、「サーブが強烈な相手と対戦」したときに、基本的な揺さぶりのパターン4つ

    ダブルスが得意なプレイヤ―で、一般の大会でもすごくサーブが良い選手がい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    右利きのフォアハンドボレー、左半身から反応させて前に
  2. テニス メンタル

    戦術

    試合巧者になりたいなら、自分が打った後0.2秒で相手を観察する癖を付けよう
  3. フットワーク

    「パワーとスピードを生み出す関節の使い分け」身体を理解してテニスの動きを身に付け…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善でき…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    ベースラインとサービスラインの間のプレーに磨きをかけよう
PAGE TOP