戦術

人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる

テニスに自信が生まれる、強くなっているという実感がある時。

それは、立ち止まって考えるとこういうこと、だと思います。

コントロールこそ、アナタ自身の肝になる。

作り上げていくテニス、のベースになるはずです。

 

人はコントロールの良さで、自信を得て強くなる

 


 

1.速度や威力は、求めてもキリが無い

どうしても、男性や学生さんは求めてしまいます。

より速く、より強く。

悪いことではありませんし、そういう時期も必要です。

ですが、そこを求めても上には上がいるし、試合でそれが出来るのか、という話になります。

緊張した最後のタイブレークのような場面、で自分を信頼することが出来るかどうか。

私は、怪しいと思いますよ。

 

2.コントロールなら、80点を求めて得ることが出来る

試合の中で、コントロールショットを打つ。

これは、自分でも合格点を与えやすい。

狙ったところに打つ、打てるというのはやはり気持ち良いですからね。

何より、自分の自信になる。

上手くいっている、と実感出来れば、試合でも自信が生まれて攻撃的になれる。

コントロールショット、アナタ自身の成長を確認する意味でも大事です。

 

3.コントロールが良いからメンタルも安定する

そう思いませんか?

自分の打ったボールが、自分の思い通りの場所に飛ぶ。

これがメンタルの安定、につながる。

「上手くいっているな」と感じて、自信も出来る。

だからこそ、しっかりコントロールにはみなさんも良い意味でプライドを持って欲しいんです。

しっかり狙う、しっかりコントロールする。

試合の中でメンタルを安定させるには、コントロールの向上が不可欠です。

 

4.振り切ってコントロール、を意識すること

しっかりと、振り切る、回転をかける。

その中でしっかりと、コントロール出来るのがテニス選手として大事なポイント。

当てにいく、置きにいくような感じ、では誤魔化すだけ。

振り切らないと、結果的に大事なポイントで安定しないんですよね。

大事な場面で、振り切れるかどうか。

そのうえでのコントロール、に自分で厳しくなっていきましょう。

 

コントロールを良くして、自信をつける。

当たり前のようですがこれが大事なこと、に私も最近気づきました。

積み重ね、がすごく大事です。

コントロール良く打てることでの成功体験、ぜひ意識して磨いてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー

関連記事

  1. テニス 打点

    戦術

    基本やセオリーを言い訳にする人は、テニスの試合というものを分かっていない

    テニススクールやクラブでしっかりテニスを習った人は、いわゆる「基本」は…

  2. テニス メンタル

    戦術

    相手を動かすショット、こそテニスの試合で使えるショット

    ビッグなショット、決め切るショット。もちろん、それは大事。…

  3. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である

    実力はあるのに、試合で結果が出ない。それを、「何となくメンタル…

  4. テニス 並行陣

    戦術

    試合の現場では、「頑張ったけど落としたポイント」という発想は捨てること

    試合の中で、ガクッと来るような場面。それって、例えば長いラリー…

  5. テニス 部活

    戦術

    根拠の無いショット一つが、テニスの試合では対戦相手を助け続ける

    みなさんが試合で、失点するとき。それって、「何となく」でプレー…

  6. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合は、相手を飽きさせないで進めよう

    こういう考え方、持っていると試合で楽ですよ。対戦相手を、戦いつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス ボレー

    フットワーク

    ネットプレーに苦手意識がある人は、下半身を身軽にする意識が大事
  2. フットワーク

    相手が打つ前に、攻撃的なポジショニングが取れているか?
  3. テニス メンタル

    ストローク

    攻撃的なカウンターショット、斜め前に入りながら打って相手を追い込もう!
  4. 戦術

    速い段階での戦術ミスは、試合で許される
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークを打ち終わった後に「フラフラしない」で、打ててますか?
PAGE TOP