テニス ストローク

ストローク

テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ

バックハンド側を狙っても、なかなかミスしない。

そんなしぶとい選手は、嫌ですよね。

バックハンドが得意な選手って、日本では多いような気がします。

型がしっかり決まった安定したバックハンド、どうやって崩していきましょうか?

 

テニスの試合で厄介な「バックハンドが得意な選手」への対抗策5つ

 


 

1.得意なのは、ベースラインからのストローク

なはずです、恐らく。

バックハンドストロークが好きな人は、ベースラインから打つのが大好き。

だから、あえて前に引っ張り出せばすごく楽に崩れてくれる。

特に、両手バックハンドストロークが得意な人は、浅いボールに難がある人が多い。

試合で、浅い場所を使う発想が大事です。

 

2.フォアハンドを狙う

私が思うに、女性でバリバリの学生プレイヤーでも、フォアハンドは怪しい人が多い。

バックハンドの方が得意そうに見えたら、遠慮なくフォアハンドを狙ってみましょう。

それも、緩いボールとかで。

結構、簡単にミスしてくれるかもしれませんよ。

ジュニアでしっかりやってきた選手でも、フォアハンドは意外としっかり打てない人が多いです。

 

3.スライスを混ぜる

これも、鉄板ですね。

スライスストロークを打つだけで、バックハンドストロークは一気に難しくなる。

スピン系の打ち合い、に強いだけですからね。

スライスの打ち合いに強い人は、若いプレイヤーではほとんどいない。

一見強烈なバックハンドを持っていても、つけ入る隙は大いにあるんです。

 

4.サーブをフォアハンド側に入れる

これも、2.に付随した作戦です。

私は、結構サーブを相手のフォアハンド側、狙います。

なぜならバックハンドが得意な相手が多い、というのもありますが、人は自然とバック待ちになるんです。

リーチが短いし、テニスは基本バック側を警戒しますからね。

サーブをフォアハンド側に集めてみる、だけでアナタ自身は劇的に勝てるようになるかも知れませんよ。

 

5.相手のサーブは、大したことない!

これも、私の経験から。

バックハンドストロークが得意な相手は、サーブは大したことないでしょう。

この両方が得意な選手って、少ないと思います。

両手バックハンドストロークが得意でも、サーブがボロボロって結構多いじゃないですか。

サーブは、狙い目。

相手のバックハンドが上手いと感じたら、リターンからチャンスがあると心得ましょう。

 

そんなに簡単な話じゃないと思いますが、バックハンドが好きな選手は多い。

こういう選手に、どういう手があるのかを考えておけば、シングルスの試合でも楽でしょう。

簡単にミスがもらえないのは、アナタ自身の工夫不足。

つけ入る隙は、たくさんありますよ。

ピックアップ記事

  1. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  2. 急な怪我でも安心!準備しておきたい応急処置グッズ5つ
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. ストローク

    両手バックハンドストロークのコントロールアップは、アゴの使い方に秘密が有る

    両手バックハンドストローク、みなさんしっかり打ててますか?両手…

  2. テニス ドロップショット

    ストローク

    テニスのウォーミングアップのショートラリー、「しっかり自分のスィングで」ラケットを振らないと意味が無…

    練習前のウォーミングアップで、ショートラリーを行う選手は多いと思います…

  3. テニス ボレー

    ストローク

    強く跳ね上がるサーブ、ストロークは、どうすれば上手く返せるだろう?

    テニスの試合で、強い選手と対戦する。学生や社会人の皆さんも、強…

  4. テニス ストローク
  5. テニス スマッシュ

    ストローク

    「8割の力で攻撃していく形」を保てれば、ラリーは制することが出来る

    テニスの試合のラリー。緊張感が高まってきたときに、先の強引なミ…

  6. テニス ボレー

    ストローク

    ロブレド選手に見る、参考にしたい片手バックハンドのテイクバック

    片手バックハンド、を磨いていきたいという方は、多いと思います。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「他競技の名勝負から学ぶ」テニスのメンタルトレーニングにお勧めの動画5選
  2. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニスの素振りは、高い打点で行うことが大事
  3. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの前衛として攻撃して良いボール、ダメなボール
  4. テニス 戦術

    リターン

    大事なポイントこそ、「ファーストサーブ、入ってこい!」のスタンスでリターンを
  5. テニス メンタル

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
PAGE TOP