テニス 練習

サーブ

「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスのアンダーサーブを見直してみよう

サーブとストロークって似ていると思う。

頭の上にボールを投げて打つサーブは、当然ストロークと打ち方は違ってくるけど、流れというか構成は基本的に同じなんだよ。

例えばストロークでのテイクバックは、サーブではワインドアップにあたるし、ストロークでのラケットダウンもサーブでは背中の後ろに一旦落とすから同じなんだよね。

しかもそのラケットダウン状態から軸足で地面を蹴ることをキッカケにラケットが一気に打点へ振り抜かれるという点も、同じなんだよね。

ビビった時に軸足が踏ん張れなくて腰砕けになってしまったり、打点を低く落としてしまう部分まで似てるでしょ?

 

「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスのアンダーサーブを見直してみよう

 

これらサーブとの共通点って、トップスピン系のストロークとなんだけど、ストロークってトップスピンだけじゃない。

そう、アンダースピンという打ち方もあるでしょ?

そんなアンダースピンのストロークと共通したサーブってあるのかと言うと、実はあるんだよ。

しかもこのアンダースピン系サーブって試合会場でも頻繁に見かけるんだよね。

でもその試合会場って市民大会とか草トーナメントとか。

 

で、そういうサーブを使っている選手の特徴って、どちらかというと、年配の人達なんだよ

トッププロの選手なんかはあまり使わないテクニックなのだ。

アンダースピン系の回転とになるので、ボールを打つ動作は通常のラケットダウン状態で力を貯めて、そこから一気に軸足のキックで打ちに行くというより、軸足に乗っかっておいて前の方に投げたボールをラケットで押さえつけに行くといった感じ。

そうなると打ち方で似ているのは、ストロークのアンダースピンよりフォアボレーに似ているかな。

しかも相手ショットが浮いた時に打つチャンスボレー。

軸足で力を貯める時間も、通常のサーブより労力が小さいので少しで済むし、その分トスも高く上げる必要がないからちょっとクイックサーブ気味になるのが特徴。

それらをまとめると、アンダースピン系サーブとは、体の前へクイックサーブ気味の早いタイミングのトスを上げておいて、それを軸足にしっかり乗っかりながらフォアのハイボレーをするように押さえつけて打つサーブなのである。

 

なんてったって、アンダースピンの良いところは小さな労力で済むということ

コンパクトなスィングなのにしっかりボールを飛ばせる。

それがサーブにも当てはまる訳だから、安定感も抜群だしその分、コースもしっかり狙いやすい。

威力は出しにくいけど、そこそこのスピードは出せるし、何より伸びがあるから、威力以上の効果をもたらすことも多い。

アンダースピンのストロークでアプローチをしてボレーに行く人って、多いでしょ?

 

だからこのアンダースピン系のサーブも、サーブ&ボレーの人がよく使っていたりするんだよ

もちろんサーブを速くしていくことも重要だけど、それ以上に安定させること、きっちりコースを狙えるようにすること、それからサーブの後のショットに繋げることって大事。

威力はちょっと落ちるけど、このアンダースピン系サーブを使ってスムーズに、自分がサービスゲームの時のポイントをスタートさせたい。

あっ、そう言えばデュースサイドのサーブでワイドに切れていくようなサーブを打つ時って、この押さえ付けて打つアンダースピン系サーブを使う。

そんなに速いサーブじゃないんだけど、コンパクトに打つからコースも読みにくいしアンダースピン系特有の伸びもあって、意外とスピード出ていないのにエースが取れたりするのだ。

試合会場で楽ちんそうに安定したサーブを入れ続けている人を見掛けたら、ちょっと観察してご覧。

軸足よりも前にボールを投げて、クイック気味に押さえ付けて打っている人はアンダースピン系サーブの人。

しっかり軸足とラケットダウンでタメを作ってパワフルサーブやトップスピン系サーブを打つことも重要だけど、労力少なくて伸びがあり、しかも安定感あるアンダースピン系サーブも、覚えておいて損はしないよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  2. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  3. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  4. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打つときに、変化球でストライクを取る感覚を大切にしたい

    サーブを打つ時に、どんなポイント奪取のイメージ、考えてますか?…

  2. テニス 確率

    サーブ

    ダブルフォルトが多い人は、まず「ファーストとセカンドの差」を小さくしていく努力から始めてみましょう

    テニスの試合でダブルフォルトが多い人の特徴として、「差」があり過ぎる人…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    コーナーを突いたセカンドサーブ、を試合で打つ為の4つのコツ

    セカンドサーブの重要性、試合に出ている方ならご理解頂けるはず。…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    困ったときに頼れるサーブのコース、ハッタリでも作っておこう

    サーブが苦手、サービスゲームが嫌い・・・。な人は、この発想でい…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブの軌道のイメージを変えてみる」ことで、試合の中で厳しいコースを突けるようになる!

    テニスはサーブが難しい。上のレベルの選手と一般の人のレベルの差…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    スピンサーブに必要な身体の反りは、打つ前に戻さないと意味が無い

    スピンサーブに必要な、身体の使い方。男性でも、結構頑張って胸を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?
  2. テニス ストローク

    ボレー

    フワッとしたネット際のボールは、前に詰めながら狙うコースを素早く決断しよう
  3. その他

    「中学生なら高校生、高校生なら大学生」と、次のステージのテニスは早めに観て感じて…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    攻撃的なストロークの基本となる、バックハンド側に高く弾むボールを身に付けるコツと…
  5. テニス スマッシュ

    メンタル

    試合で使えるメンタルの強さを身に付けるなら、眼光鋭く相手を睨む癖を付けよう
PAGE TOP