テニス 練習

サーブ

「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスのアンダーサーブを見直してみよう

サーブとストロークって似ていると思う。

頭の上にボールを投げて打つサーブは、当然ストロークと打ち方は違ってくるけど、流れというか構成は基本的に同じなんだよ。

例えばストロークでのテイクバックは、サーブではワインドアップにあたるし、ストロークでのラケットダウンもサーブでは背中の後ろに一旦落とすから同じなんだよね。

しかもそのラケットダウン状態から軸足で地面を蹴ることをキッカケにラケットが一気に打点へ振り抜かれるという点も、同じなんだよね。

ビビった時に軸足が踏ん張れなくて腰砕けになってしまったり、打点を低く落としてしまう部分まで似てるでしょ?

 

「楽チン&安定感抜群サーブの正体とは!?」テニスのアンダーサーブを見直してみよう

 


 

これらサーブとの共通点って、トップスピン系のストロークとなんだけど、ストロークってトップスピンだけじゃない。

そう、アンダースピンという打ち方もあるでしょ?

そんなアンダースピンのストロークと共通したサーブってあるのかと言うと、実はあるんだよ。

しかもこのアンダースピン系サーブって試合会場でも頻繁に見かけるんだよね。

でもその試合会場って市民大会とか草トーナメントとか。

 

で、そういうサーブを使っている選手の特徴って、どちらかというと、年配の人達なんだよ

トッププロの選手なんかはあまり使わないテクニックなのだ。

アンダースピン系の回転とになるので、ボールを打つ動作は通常のラケットダウン状態で力を貯めて、そこから一気に軸足のキックで打ちに行くというより、軸足に乗っかっておいて前の方に投げたボールをラケットで押さえつけに行くといった感じ。

そうなると打ち方で似ているのは、ストロークのアンダースピンよりフォアボレーに似ているかな。

しかも相手ショットが浮いた時に打つチャンスボレー。

軸足で力を貯める時間も、通常のサーブより労力が小さいので少しで済むし、その分トスも高く上げる必要がないからちょっとクイックサーブ気味になるのが特徴。

それらをまとめると、アンダースピン系サーブとは、体の前へクイックサーブ気味の早いタイミングのトスを上げておいて、それを軸足にしっかり乗っかりながらフォアのハイボレーをするように押さえつけて打つサーブなのである。

 

なんてったって、アンダースピンの良いところは小さな労力で済むということ

コンパクトなスィングなのにしっかりボールを飛ばせる。

それがサーブにも当てはまる訳だから、安定感も抜群だしその分、コースもしっかり狙いやすい。

威力は出しにくいけど、そこそこのスピードは出せるし、何より伸びがあるから、威力以上の効果をもたらすことも多い。

アンダースピンのストロークでアプローチをしてボレーに行く人って、多いでしょ?

 

だからこのアンダースピン系のサーブも、サーブ&ボレーの人がよく使っていたりするんだよ

もちろんサーブを速くしていくことも重要だけど、それ以上に安定させること、きっちりコースを狙えるようにすること、それからサーブの後のショットに繋げることって大事。

威力はちょっと落ちるけど、このアンダースピン系サーブを使ってスムーズに、自分がサービスゲームの時のポイントをスタートさせたい。

あっ、そう言えばデュースサイドのサーブでワイドに切れていくようなサーブを打つ時って、この押さえ付けて打つアンダースピン系サーブを使う。

そんなに速いサーブじゃないんだけど、コンパクトに打つからコースも読みにくいしアンダースピン系特有の伸びもあって、意外とスピード出ていないのにエースが取れたりするのだ。

試合会場で楽ちんそうに安定したサーブを入れ続けている人を見掛けたら、ちょっと観察してご覧。

軸足よりも前にボールを投げて、クイック気味に押さえ付けて打っている人はアンダースピン系サーブの人。

しっかり軸足とラケットダウンでタメを作ってパワフルサーブやトップスピン系サーブを打つことも重要だけど、労力少なくて伸びがあり、しかも安定感あるアンダースピン系サーブも、覚えておいて損はしないよ。

 

■引用元
元プロテニスプレイヤー 高西ともからのメッセージ

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合では、「ワイドへのスライスサーブ」をしっかり磨いておいておけば、絶対に有効です

    打てそうで打てない、しっかり練習している人が少ない。その技術の…

  2. テニス メンタル

    サーブ

    サーブがどうも安定しない人は、「体重移動の幅を狭くする」ことで改善されるかも知れません

    サーブが安定しない人、悩んでいる人は何かを変えないといけない。…

  3. テニス リターン
  4. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合でボディサーブが有効なのは、「ストレートへのリターンが難しい」からが一番

    ダブルスの試合、サーブはどういうコースが有効か。センターはポー…

  5. テニス サーブ
  6. テニス サーブ

    サーブ

    セカンドサーブで身に付けておきたい、「攻撃的にリターンで踏み込んでくる相手」をかわす配球

    テニスの試合で、肝となるのがセカンドサーブでの主導権の奪い合い。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. ボレー

    バックハンドハイボレー、パンチ力を出して決めるコツは?
  2. テニス ストローク

    リターン

    ダブルスの試合で踏み込んだリターンの後は、必ずポジショニングをハッキリさせよう!…
  3. テニス 環境

    日々の雑記

    後輩来た道、先輩ゆく道
  4. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由
  5. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない
PAGE TOP