シングルス

バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。

これがバンバン入ったら、もうしょうがない。

それくらいの割り切り、で待ってみて良いと思いますよ。

リスクはとことん、相手に冒させる。

それがテニスの基本ですから。

 

バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

 


 

1.バックハンドのダウンザライン、難しい!

私たちは錦織選手の試合もよく観ているので、もしかしたら勘違いしやすいのかも。

バックハンドのダウンザライン、シングルスの試合で打つのは結構難しい。

私でも、そんなに使わないです。

ダブルスの試合なら、多少甘くても前衛が触ってミスになったり、ダブルスコートですので広いから誤魔化せる。

でも、シングルスの試合ではなかなか入らないんですよね。

コートも縦に長いし、ネットも高いから越えるのも一苦労。

難しいこと、は相手にどんどんやってもらいましょう。

 

2.相手のバックハンドは、クロス方向で待つ

私はいつも、このスタンスで予測しています。

相手のバックハンドストローク、7割はクロスにしか来ない。

ダウザライン、自分のフォアハンド側は空けておいて待つ感じですね。

ちょっと、誘う感じです、相手のバックハンドをストレートに。

もし打たれても、焦らずに走れば良い。

自分はフォアハンドですから、甘ければ反撃も出来ますからね。

シングルスの試合、7割はクロス待ちで良い、というのが私のスタンスです。

 

3.クロスの方が、鋭いボールが来る可能性大

相手のバックハンド、クロスは要注意。

結構浅めでエグい角度でも来ますし、自分もバックハンドになるケースが多い。

右利き同士の試合なら、バックハンドのクロスの打ち合いは増えていく。

ここで負けると、試合の主導権は相手に握られてしまうでしょう。

だから、絶対にクロスコートの打ち合いでは負けない。

ダウンザラインは捨ててでも、こっちで勝つイメージを大事にしておく。

そして、自分は要所で、高い打点で打てる時にダウンザラインに展開していく。

試合の後半、バックハンドラリーを相手がクロスに張り出したらチャンスですね。

 

4.それでももし、バックハンドのダウンザラインに打たれたら・・・

先ほども書きましたが、まず焦らないこと。

フォアハンドでしっかり追いついて、スライスでも良いので返す。

甘ければ攻撃、ですね。

この攻撃の時に、私がオススメなのは「ダウンザライン返し」です。

つい、オープンコートのクロス、つまり相手のフォアハンド側に打ちたくなりますが、ここは逆を突く。

もう一度、ダウンザラインに打って、相手のバック側を攻撃してみる。

そうすると、相手は走った逆を突かれるので、結構厳しいですよ。

ダウンザラインには、ダウンザライン返し。

もし機会があれば、ぜひ試してみて下さい。

 

難しいことは、出来るだけ相手にやらせること。

それが入っても、気にしないことです。

何度も調子に乗って打ってきてくれるくらいで、コチラは楽になる。

「それが全部入ったら、どうすのか?」というみなさん。

それは相手が強かった、ということ。

完璧な作戦、というのは無いですから。

割り切りも大事です。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  5. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    初中級相手のシングルスの試合なら、「バックの浅いスペースにスライス」を徹底して打ってみよう

    テニスを始めて間もない、またはソフトテニスから移行してすぐの初中級プレ…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    強いシングルプレイヤーは、ポジショニングがすごく細かい

    シングルスの試合で、結果を出したい。と思って強い選手を色々観察…

  3. シングルス

    ジョコビッチ選手に見る「シングルスでのコートカバーリング」の技術4つ

    今年のグランドスラム、男子シングルスはまさにジョコビッチ選手の独壇場で…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

  5. テニス ガスケ

    シングルス

    シングルスの試合でやたらとパッシングで抜かれるのは、前に引っ張り出されているから

    シングルスの試合で、前に出ては抜かれる。これを繰り返していると…

  6. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる

    テニスにおけるシングルスの試合では、あるデータの傾向があります。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    その他

    テニスにおいて、「仲良しチームから勝てるチームになる」為に必要な、週に一度のミー…
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    試合の中でボレーをしていて、「今のはどこに打てば良かったんだ・・・?」と感じたら…
  3. テニス ミス

    ダブルス

    格上相手のダブルスペアに勝つなら、「リターンにポーチで飛び込む勇気」が絶対に欠か…
  4. テニス リターン

    スマッシュ

    ネットに出たら、いつでもスマッシュコースは先にイメージしておこう
  5. その他

    同じコースに打ち続ければ、相手も眼が慣れるのは当たり前
PAGE TOP