シングルス

バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

シングルスの試合での、私の基本的な考え方の一つです。

これがバンバン入ったら、もうしょうがない。

それくらいの割り切り、で待ってみて良いと思いますよ。

リスクはとことん、相手に冒させる。

それがテニスの基本ですから。

 

バックハンドのダウンザイン、相手にどんどん打たせよう

 


 

1.バックハンドのダウンザライン、難しい!

私たちは錦織選手の試合もよく観ているので、もしかしたら勘違いしやすいのかも。

バックハンドのダウンザライン、シングルスの試合で打つのは結構難しい。

私でも、そんなに使わないです。

ダブルスの試合なら、多少甘くても前衛が触ってミスになったり、ダブルスコートですので広いから誤魔化せる。

でも、シングルスの試合ではなかなか入らないんですよね。

コートも縦に長いし、ネットも高いから越えるのも一苦労。

難しいこと、は相手にどんどんやってもらいましょう。

 

2.相手のバックハンドは、クロス方向で待つ

私はいつも、このスタンスで予測しています。

相手のバックハンドストローク、7割はクロスにしか来ない。

ダウザライン、自分のフォアハンド側は空けておいて待つ感じですね。

ちょっと、誘う感じです、相手のバックハンドをストレートに。

もし打たれても、焦らずに走れば良い。

自分はフォアハンドですから、甘ければ反撃も出来ますからね。

シングルスの試合、7割はクロス待ちで良い、というのが私のスタンスです。

 

3.クロスの方が、鋭いボールが来る可能性大

相手のバックハンド、クロスは要注意。

結構浅めでエグい角度でも来ますし、自分もバックハンドになるケースが多い。

右利き同士の試合なら、バックハンドのクロスの打ち合いは増えていく。

ここで負けると、試合の主導権は相手に握られてしまうでしょう。

だから、絶対にクロスコートの打ち合いでは負けない。

ダウンザラインは捨ててでも、こっちで勝つイメージを大事にしておく。

そして、自分は要所で、高い打点で打てる時にダウンザラインに展開していく。

試合の後半、バックハンドラリーを相手がクロスに張り出したらチャンスですね。

 

4.それでももし、バックハンドのダウンザラインに打たれたら・・・

先ほども書きましたが、まず焦らないこと。

フォアハンドでしっかり追いついて、スライスでも良いので返す。

甘ければ攻撃、ですね。

この攻撃の時に、私がオススメなのは「ダウンザライン返し」です。

つい、オープンコートのクロス、つまり相手のフォアハンド側に打ちたくなりますが、ここは逆を突く。

もう一度、ダウンザラインに打って、相手のバック側を攻撃してみる。

そうすると、相手は走った逆を突かれるので、結構厳しいですよ。

ダウンザラインには、ダウンザライン返し。

もし機会があれば、ぜひ試してみて下さい。

 

難しいことは、出来るだけ相手にやらせること。

それが入っても、気にしないことです。

何度も調子に乗って打ってきてくれるくらいで、コチラは楽になる。

「それが全部入ったら、どうすのか?」というみなさん。

それは相手が強かった、ということ。

完璧な作戦、というのは無いですから。

割り切りも大事です。

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…
  3. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  4. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  5. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…

関連記事

  1. テニス 戦術

    シングルス

    「相手に攻撃させないテニス」を意識して戦おう

    試合を勝ち抜いていけば、強い相手との対戦は避けられない。男性で…

  2. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない

    シングルスの試合で戦っていて、みなさん感じることはありませんか?…

  3. テニス 準備

    シングルス

    シングルスでのパッシングショット、クロスが基本

    シングルスの試合、私たちの試合ではネットに出る機会・・・どの程度あるで…

  4. シングルス

    「シングルスが好きです」テニスの試合は基本的に粘りが重要、その中で・・・

    シングルスとダブルス、どっちが好きか・・・と言われると、「う~ん・・・…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    シングルスで「自分より格下相手との試合の機会」を、しっかり作れていますか?

    人は、誰でも恥をかくことが怖い。テニスの試合でも、格下相手の選…

  6. シングルス

    「速い球よりも、コートの端にゆっくりしたボールを打つ」方が試合では勝てる

    シングルスの試合、皆さんはコントロールをどの程度意識出来ていますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 指導

    練習メニュー

    試合から逆算する、のが練習の本質です
  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    テニスに必要な「広いコートカバーリング」を身に付ける為の球出し基本練習メニュー
  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    なぜ、ダブルスのボレーが決定打にならないのかと言えば、アナタのショットがワンパタ…
  4. テニス知識

    高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. テニス 指導

    テニススクール

    目上の人でもコーチでも、「分からないことを、聞き返す」のはコミュニケーションの基…
PAGE TOP