テニス ストローク

ストローク

身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い

まず対戦相相手を見て、気付くこと。

身長の高さって、どうにも変えられないものですからね。

実際、身長が低いような相手、だと確認出来たらどうするのか。

まず私は、この作戦から入っていきます。

 

身長が低い人に対して、高いバウンドを使わない手は無い

 


 

1.準備しているかどうか、確認してみる

身長が低い相手は、足が速い選手が多い。

こういう選手って、左右に揺さぶってもなかなか崩れないですからね。

狙うのは、やはり高いバウンドでストロークを高い打点で打たせる、ということ。

特にバックハンド側でこれが出来れば、効果的。

まずは、試合の序盤にこの対策を持っている選手かどうか、を確認してみましょう。

山なりのスピンボールを、相手のバック側に打ってみる。

これでどう相手が出て来るのか、を確認するのが第一です。

 

2.下がる相手なら、ネットプレーを入れよう

シングルスでも、必要なアイデア。

身長が低い相手が、高いバウンドのボールを嫌って、下がってくれればしめたもの。

アナタ自身は前に出て、ボレーを打てば楽にポイントが取れるでしょう。

相手が下がってくれると、テニスはすごく楽。

身長が低い相手で下がる相手なら、どんどんこの高い軌道のストロークを使っていきましょう。

 

3.ライジングショットを打って来る相手には?

レベルが上がると、相手はなかなか下がってくれない。

ライジングショットで、下がらないで攻撃的に打って来ることが予測されます。

こういう相手には、どう攻撃していくべきか。

私なら、前に引っ張り出します。

ドロップショットを打って、前に出して上を抜く。

身長が低いので、どうしても頭上のボール、守備範囲は狭くなる。

少し難易度が高い作戦ですが、前におびき出せればロブが確実に使えると思えば楽でしょう。

 

4.深さを意識し過ぎなくてOK

自分が打つストローク、高いバウンドで相手に打たせたい。

でも、深さを意識する必要はありません。

もちろん深く打てれば効果的ですが、それでアウトするのも怖いですからね。

しっかり高い軌道で、回転をかける。

そのボールは、サービスラインとベースラインの間くらいでもOK。

バック側に打てれば、それでもかなり効果的ですよ。

直線的なボール、にはならないように。

しっかり高い軌道で打てるように、フォロースルーは長め、上方向に振っていきましょう!

 

相手の弱点を把握して、しっかり攻撃していく。

これは、テニスの基本。

それにどう対応してくるのか、でまた変えていければ良い。

身長の低い選手には、高いバウンドのストロークを打ってみる。

この軸があると、試合でも強いですよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に強くなりたい人が読んで欲しい漫画、「アルキメデスの大戦」
  2. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. YouTubeチャンネル登録200人、ありがとう御座います
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「フラットなストロークは、安定しない?」打点の高さで微調整すれば、フラットショットも大事な武器になり…

    フラット系のストロークが主体の選手、ジュニアの女子選手を中心にたくさん…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    ストロークのラリーを制する人は、癖や法則を掴むのが上手い

    現実的に、試合の中で相手を観てみる。そうすると、実はストローク…

  3. ストローク

    対ネットプレーのストロークの、大前提は?

    対ネットプレーの、ストローク術。しっかり出来る人は、試合でも…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    身体からラケットを離してテイクバック、で自然に伸びのあるクロスストロークは打てる!

    テイクバックのときの恰好を見ていると、その人のストロークの「伸び」があ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール

    スライスを使えるようになると、浅いボールの処理が便利になる。浅…

  6. テニス 練習

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    低い打点のストロークは、低いままで終わるから安定感が増す
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    チャンスを決めた前衛は、そのチャンスを作り出した後衛を全力で褒めてみよう
  3. テニス 気付き

    戦術

    テニスの試合でも、8割の人は「トラブルが起きてから」しか対応を始めない
  4. 戦術

    ある程度のレベルまでは、前衛が動いただけで慌ててくれる
  5. テニス ダブルス

    戦術

    深いボレーがアウトになるのは、技術的な問題じゃない
PAGE TOP