テニス メンタル

戦術

攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事

テニスの試合で、どうしようも無い時、はあります。

例えば、サーブ。

これはもう、男性で本当に速くてエグい人はどうしようも無い。

良い意味で、諦めるというのは大事だと私は思います。

もちろん、試合に勝つことは諦めませんけどね。

 

攻略出来ない相手の武器は、諦めることも大事

 


 

1、ムキになるのが、一番ダメ

よく、試合会場にいませんか?

相手のサービスエースに、ムキになって対抗する人。

いつものリターンを崩してしまって、結果的にミスが増える。

それに自分もサーブで対抗しようとして、ダブルフォルト連発。

こういう選手は、勝ち上がれない典型例。

相手の長所、武器にムキになっても何も良いことは有りません。

まずこのこと、を自覚すべきですね。

 

2.反撃の山を張る、割り切ることが大事

私はいつも、リターンでは山を張る。

特にサーブが良い相手は、そうですね。

コースを切って、「こっちに来たらまず返して、しっかりラリーに持ち込もう」と考えます。

当たり前のようで、これがなかなか出来ないのがテニスの試合、なんです。

どうしても、反対側に来ても触りたくなってしまいますからね。

反対側に来た速いサーブが入ったら、ハッキリと捨てる。

これくらいの意識じゃないと、反撃の芽は作れないですよ。

 

3.戦うフィールド、を自分から設定すること

サーブだけじゃないですよね。

フォアハンドが凄い選手だっているし、サーブ&ボレーがノリノリな相手だっている。

そういう相手に、「こっちで戦いませんか?」というメッセージを贈ることが大事、なんです。

アナタ自身が、違う場所での戦いを提案する。

私なら、とにかくボレー戦に持ち込む。

それで負けたら、もうしょうが無い感じです。

相手の武器を認めたうえで、諦めて別な戦い方を提案する。

試合の序盤にこれが出来ると、強いですよ。

 

4.「自分の力不足」を嘆いても仕方ない

試合中に、これはダメ。

出来ない自分、劣る自分を、責めても仕方ないじゃないですか。

試合会場で、急激に上手くなることはありませんから。

今出来ること、自分で戦うしかない。

相手の武器が凄ければ攻略を諦めてみる、ことが勝利につながるかも知れない。

テニスは、あくまでトータルスポーツですから。

弱点があれば、必ず勝機は見出せます。

 

どうしても、ビビってしまいますよね。

サーブ、ストローク、調子が良い相手は本当に嫌。

でもそこで凹んでいる暇は無いでしょう。

勝ちたいなら、冷静になって考える。

オールラウンドな、トータルテニスでは自分が上だと、思えるように準備しておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…

関連記事

  1. 戦術

    振り切ってコントロール、なぜ難しいのか?について

    テニスを長く続けていると、この問題にたどり着く。ラケットでボー…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「ここ一番」で踏ん張れる人、崩れる人

    私たちの試合は、ほとんどが短期決戦。1セットマッチ、あのポイ…

  3. 戦術

    錦織選手がフェデラー選手に勝てた、その理由について

    今朝、眠たい目をこすりながら試合を観た方も多いと思います。マス…

  4. 戦術

    不測の事態でもテニスの大会を勝ち進む、「試合会場での対応力」を身に付けよう

    テニスの大会、公式戦や草トーナメント、様々な大会に皆さん出場していると…

  5. テニス 練習

    戦術

    ミスが多い相手の雰囲気は、伝染する

    これは、実に怖い病気です。テニスの試合って、実は「伝染病」がコ…

  6. 戦術

    しつこいくらいに継続して、初めてプレッシャーになる

    試合で動いても、相手が崩れてくれない。プレッシャーに感じてくれ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 環境

    ダブルス

    相手2人が下がる「2バックの陣形」になったときに、必要な意識4つ
  2. テニス ダブルス

    ボレー

    試合の中でボレーをしていて、「今のはどこに打てば良かったんだ・・・?」と感じたら…
  3. テニス スライス

    ストローク

    スライスストロークをストレートに流す、技術はなぜ必要なのか?
  4. テニス ストローク

    メンタル

    「これが決まればリズムに乗れる!」という基本ショットは何ですか?
  5. テニス 準備

    メンタル

    試合会場で、急にテニスが上手くなることは出来ない
PAGE TOP