スマッシュ

「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

試合でよく見る、スマッシュミス。

初中級者のほとんどは、その振り出しの遅さが原因の「振り遅れ」によってアウトしてしまうケース。

大胆に意識を変えない限り、スマッシュの苦手意識は払拭できません。

 

「スマッシュが苦手な人のほとんどは、振り出しが遅い」試合で有効なスマッシュにする為には?

 


 

■スマッシュに自信が無いと「受け身」になり準備から遅れる

地球には重力があり、ボールは落ちてくるのに時間がかかればかかるほど、加速度を増していきます。

スマッシュを打つ瞬間は、アナタが思っている以上に速い速度で地面に向かってボールが落ちてきているのです。

スマッシュに自信が無いと、このボールを受け身の状態で待ってしまい、振り遅れてしまいます。

速い準備、そして速いタイミングでの振り出しを、徹底して意識しましょう。

■ラケットの振り出しが遅いとコントロールできない

振り出しが遅いと、ラケット面が上を向いている状態で当たり、ボールをふかしてしまいます。

また打点が顔に近すぎて、腕が窮屈な状態になって打点も下がりがちになり、良いことはありません。

スマッシュでも、しっかりと腕を上方向に振っていくことが必要。

速い準備ができれば、振り出しも速くなります。

一度、タイミングが速過ぎるかな・・・というくらいで、振ってみて下さい。

きっとコツを掴めると思います!

 

■上のレベルの試合になると「スピンロブ」にも対応しないといけない

スピンロブは特にスマッシュが難しい。

上級者でも、ハイボレーで凌いで次を待つという場面をよく見ます。

悪くない選択ですが、さらに上を狙うのであればしっかりスマッシュで打ち切らないといけません。

お勧めは、少しスライス気味のスマッシュでコースを狙うこと。

スライスのスマッシュは打点に幅ができますので、多少の変化は対応可能。

厳しいスピンロブを上げられても、まずはスマッシュで打つイメージをしっかり持てるよう練習を積みましょう。

 

スマッシュは「下方向に叩きつける」というイメージが強いショットですが、実際に試合では「上方向」に打つ場面も多いです。

サーブ同様に、深い位置からのスマッシュは「上方向」へ抜けていくラケットの動きでボールに伸びを与えます。

これも速いタイミングでの振り出しが、絶対必要。

その為にも速くボールに追い付くフットワークも必要。

難しいスマッシュですが、試合で使えるようにしっかり練習で磨いておきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選

関連記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり練習しておきましょう…

    スマッシュと聞くと後ろに下がりながら打つ機会が、圧倒的に多いイメージが…

  2. テニス ボレー
  3. テニス サーブ

    スマッシュ

    深い位置からのスマッシュでも、「しっかりコースを突いて、相手を追い込む」為に必要な練習意識とは?

    深いロブに対して、しっかり準備できていないと試合で勝つのは難しい。…

  4. テニス ダブルス

    スマッシュ

    スマッシュのコントロールを磨きたければ、「人に向かって打たない」意識を強く持とう

    スマッシュは「強く打つ」ことで、何となく誤魔化しが効く。でもそ…

  5. テニス 練習

    スマッシュ

    テニスのスマッシュに、「フラットな当たりでスピードを求める」から、試合で全く入らなくなる

    テニスの実力が一番如実に反映されるショット、それは何度も書きましたが「…

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「テニスを強くなりたい人、楽しくやりたい人」が混ざっているテニス部…
  2. テニス 不器用

    戦術

    安定を保つ技術、変化を起こす技術
  3. テニス ストローク

    ロブ

    ロブマスターになりたければ、自分の発射角度にこだわりを持とう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない
  5. テニス 環境

    練習メニュー

    アナタのテニスが成長していけば、何より「周りのチームメイトの成長に繋がる」から良…
PAGE TOP