ダブルス

リターンするパートナーに、「前衛は気にしないで良いよ」の安心感を与えよう

「前衛につかまっても、気にしないで!」と、一言、言えるかどうか。

これって、ダブルスでは大事なポイントだと思います。

私自身、なるべくパートナーがリターンするときには、こんな感じで声をかけるようにしています。

試合では、とにかくやると決めたことをやるだけ、ですからね。

相手の前衛に動かれる、ポーチされることは、ミスでも何でもない。

いかに自信を持ってプレー出来るか、ハッキリと出来るか、が大事なんです。

 

リターンするパートナーに、「前衛は気にしないで良いよ」の安心感を与えよう

 


 

1.「相手の前衛にポーチされても、拾うから!」と、言ってみよう

アナタ自身のペアに、この一言をかけてみる。

いや、実際厳しいと思いますよ。

相手前衛が動いてポーチ、アナタ自身の足下を狙われる訳ですからね。

でも、ここをキャッチ出来れば味方は助かる、リターンでリラックス出来る。

相手の前衛を気にしない良い、自分がしっかり守るから、と。

この言葉をかけるだけで、リターンするパートナーはかなり楽になると思うんですよね。

試合では、こういう声掛けが凄く大事です。

 

2.実際に何とかなる、のが前衛の守備

私の経験上、何とかなります。

自分でも「何とか拾うから!」と言葉で伝えてますから、それだけでメンタルの準備は出来ている。

何も言葉を交わさないようなペアだと、責任感も生まれないんですよね。

思いやりも無い。

だから、取れなくても「何であんな甘いリターン打つんだよ・・・」と思ってしまう。

これでは、ペアとしての強みなんて発揮できないじゃないですか。

リターンで無理するようになって、ラリー出来ないで自滅。

ダブルスペアで多いのは、こういう負け方をしていくペアですね。

 

3.「相手の前衛に触らせて良い!」がダブルスの大前提

よく考えてみて下さい。

アナタ自身の今までの相手で、前衛が綺麗にボレーを決めるようなポイント、どれくらいあるでしょう。

1セットマッチで、2回くらいだと思うんですよね。

それ以外には、ほとんどポーチに出て来ないか、出て来たとしてもその後ラリーでごちゃごちゃする。

こんな感じじゃないでしょうか?

だから、大前提として、相手の前衛にはどんどん触らせて良い。

この言葉だけで、リターンの選手はかなり救われると思いますよ。

 

4.リターンでリラックス出来れば、試合には勝てる

これが私が今回、一番伝えたかったこと。

「リターン、嫌だな・・・」と思ったら、もうその試合は厳しいですよ。

「よし!いっちょやってやるか!」とリターンで思えれば、強い。

そういう雰囲気を作ってあげるのは、前衛の仕事ですよ。

どういう言葉をかけるのか、常に考えている。

実際に、相手の前衛が触ったら自分がカバーして、安心感を与える。

これこそ、粋なダブルスプレイヤーだと私は思います。

 

難しいこと、技術は要らないと思います。

大事なのは、いかにパートナーのことを想って、行動出来るかどうか。

リターンでリラックス出来れば、試合は自然と勝てます。

ダブルスの試合、ぜひペアでお互いに考えてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要があると覚悟しよう

    今回は、かなり厳しいお話を少し。どうも皆さん、ちょっと勘違いし…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で「相手サーバーがダブルフォルトが多い」ときには、ストレートの前衛を狙ってみる

    ダブルスの試合で、どうも相手のサーブの調子が悪そう。ここは一気…

  3. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で取り入れたい、チェンジプレーの基本4つ

    ダブルスの試合、積極的に入れて欲しい作戦。それは、チェンジプレ…

  4. テニス メンタル

    ダブルス

    「ローボレーがどうしても苦手・・・」な人は、ダブルスでは変則陣形で挑むのも有り!

    テニスの数ある技術の中でも、最も難しい部類に入るのが低い位置のボレー、…

  5. ダブルス

    後衛に任せる前衛、はどんどん利用させてもらおう

    試合になかなか参加出来ない前衛、を見つけた時。もし相手なら、こ…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    そもそもダブルスの前衛に必要なモノって、何だろう?

    よく頂くご相談の中に、「前衛の心構えって、何ですか?」というご質問を頂…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「セカンドサーブが入らない、ダブルフォルトするの」はメンタルが弱いのではなく、技…
  2. テニス チャンス

    練習メニュー

    「良いフォームは自分で開発出来なきゃなきゃダメ!」テニスの試合で苦しいときに実力…
  3. テニス 打点

    ストローク

    「厚いグリップだと、どうなるの?」現代のテニスのストロークにおける基本を考えてみ…
  4. ダブルス

    並行陣で上を攻撃されるのが怖いペアは、後衛のポジションで調整しよう
  5. フットワーク

    ネットダッシュが苦手な人は、止まる場所をしっかり決めておこう
PAGE TOP