テニス 試合

メンタル

どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

テニスの試合に出続けていれば、必ず強い相手とは対戦する。

第1シードとの試合、みなさんも経験して来たはず。

でも、実際は・・・どうでしょう。

みなさんも、自分の試合を思い出してみて下さい。

技術の差で明らかに負けた試合、が多いとは私は思えないんです。

 

どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

 


 

1.強い選手との試合、はどんな感じ?

まず、試合前から落ち着かない。

「どんな試合になるのか・・・不安・・・」

「自分は、どこまで出来るだろう?」

と、不安になることばかり、からスタートする感じじゃないでしょうか。

強い選手との試合、というだけでかなりビビってしまう。

強い気持ちを持て、という方が難しいことも多いと思います。

 

2.強い気持ち、を持てないから試合にならない

以前にも書きましたが、強い選手との試合ほど、ミスが増える。

無理する必要は無いのに、相手を恐れて、無理してしまう。

その結果、相手が何か技を繰り出している訳でも無いのに、焦って自滅。

強い気持ち、を持てていない、持って試合が出来ない。

技術力の勝負、までいっていない間に負けてしまうんですよね。

ここに気付ければ、まだまだアナタ自身は強くなれる。

でも、ほとんどの人は、「相手が上手かったから、負けた」と思ってるんですけどね。

 

3.「自分の弱さ」認められる人は、少ない

これは、大人である私たちだからこそ、です。

自分の弱さ、を認めたくない人がほとんどでしょう。

「相手が強かったんだよ」と、思う方が楽ですから。

「やっぱり、第1シードのテクニックは凄いな・・・」と、周りにも話したくなる。

これこそ、アナタ自身の弱さ、です。

自分が強い気持ちを持てない、弱い人間だということを、認められていない。

きっと、こういう人はずっと、試合で第1シードの選手やペアには勝てない。

試合に出る前に、自分自身に勝てていない訳ですからね。

 

4.「弱気は最大の敵」、テニスはまさにこれに尽きる

弱気は最大の敵。

試合で、これを感じることが出来る人は、強い。

最大の敵は、いつだって自分の中に潜んでいる。

相手のテクニックがどんなに優れていても、私は怖く無いんですよね。

怖いのは、いつだって自分自身。

自分自身の中にある、弱気の虫ほど、怖いものは無い。

私自身は強くないですが、その弱さを認めていること、だけは声を大にして言えます。

この場、でも書いてますしね。

弱さを受け入れて、試合で上手く付き合う。

相手の上手さ、なんて本当に、試合では怖く無いですよ。

 

メンタルの強さ、気持ちの強さは、性格じゃない。

生まれ持ったものでも無い。

私たちが、ちょっとしたきっかけで強くなれる、もっと言えば、一番の伸びしろの部分です。

強い気持ちが持てない、と悩んでいるみなさんがいたら、それはチャンス。

テニスにおいて、弱さとは、希望です。

私はそう信じて、これからもメッセージを発信し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. テニスの試合に勝てるようになる為に、読むべき名著10選
  3. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう

関連記事

  1. テニス 部活

    メンタル

    悪天候の中の試合でこそ、闘志を燃やそう

    関東は、雪です。これほど降るのは久々かな、という感じですね。…

  2. テニス ミーティング

    メンタル

    アナタに必要なのは、過去を手放すことかも知れない

    皆さんは試合の中で、「本当に苦しいとき」には、どんなことを考えています…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合に強くなりたければ、「根拠の無いボール」は打ってはいけない

    「全てのボールには根拠がある」というのは、野球で名監督として実績を残し…

  4. メンタル

    「1セットマッチで、5-0になったらもう安心?」だからアナタは、いつまで経っても2流選手なのです

    私は今まで、全日本選手権や大阪ワールドスーパージュニア大会など、国内の…

  5. テニス 格上相手

    メンタル

    「強い相手・弱い相手・普通の相手」でテニスの試合を考えてみる

    テニスの試合に出場した時、対戦相手を3種類に分ける事が出来ます。…

  6. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの守備こそ、激しさが求められる

    テニスの試合で、自分は「守備が得意だ!」と言える方、どれくらいいでしょ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    球筋がキレイ、だけではテニスは勝てない
  2. テニス リターン

    リターン

    ダブルスの試合で有効な「ドロップショット気味のリターン」は、置きにいくとネットを…
  3. テニス ストローク

    サーブ

    クイックサーブは、ダブルスと組み合わせていけばキープ率アップ!
  4. その他

    後輩が可愛いからと言って、「何でもかんでも教えてあげる」感じだとかわいそうなこと…
  5. ストローク

    フォアハンドがおかしくなるのは、軸足の意識が足りないから
PAGE TOP