テニス 試合

メンタル

どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

テニスの試合に出続けていれば、必ず強い相手とは対戦する。

第1シードとの試合、みなさんも経験して来たはず。

でも、実際は・・・どうでしょう。

みなさんも、自分の試合を思い出してみて下さい。

技術の差で明らかに負けた試合、が多いとは私は思えないんです。

 

どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

 


 

1.強い選手との試合、はどんな感じ?

まず、試合前から落ち着かない。

「どんな試合になるのか・・・不安・・・」

「自分は、どこまで出来るだろう?」

と、不安になることばかり、からスタートする感じじゃないでしょうか。

強い選手との試合、というだけでかなりビビってしまう。

強い気持ちを持て、という方が難しいことも多いと思います。

 

2.強い気持ち、を持てないから試合にならない

以前にも書きましたが、強い選手との試合ほど、ミスが増える。

無理する必要は無いのに、相手を恐れて、無理してしまう。

その結果、相手が何か技を繰り出している訳でも無いのに、焦って自滅。

強い気持ち、を持てていない、持って試合が出来ない。

技術力の勝負、までいっていない間に負けてしまうんですよね。

ここに気付ければ、まだまだアナタ自身は強くなれる。

でも、ほとんどの人は、「相手が上手かったから、負けた」と思ってるんですけどね。

 

3.「自分の弱さ」認められる人は、少ない

これは、大人である私たちだからこそ、です。

自分の弱さ、を認めたくない人がほとんどでしょう。

「相手が強かったんだよ」と、思う方が楽ですから。

「やっぱり、第1シードのテクニックは凄いな・・・」と、周りにも話したくなる。

これこそ、アナタ自身の弱さ、です。

自分が強い気持ちを持てない、弱い人間だということを、認められていない。

きっと、こういう人はずっと、試合で第1シードの選手やペアには勝てない。

試合に出る前に、自分自身に勝てていない訳ですからね。

 

4.「弱気は最大の敵」、テニスはまさにこれに尽きる

弱気は最大の敵。

試合で、これを感じることが出来る人は、強い。

最大の敵は、いつだって自分の中に潜んでいる。

相手のテクニックがどんなに優れていても、私は怖く無いんですよね。

怖いのは、いつだって自分自身。

自分自身の中にある、弱気の虫ほど、怖いものは無い。

私自身は強くないですが、その弱さを認めていること、だけは声を大にして言えます。

この場、でも書いてますしね。

弱さを受け入れて、試合で上手く付き合う。

相手の上手さ、なんて本当に、試合では怖く無いですよ。

 

メンタルの強さ、気持ちの強さは、性格じゃない。

生まれ持ったものでも無い。

私たちが、ちょっとしたきっかけで強くなれる、もっと言えば、一番の伸びしろの部分です。

強い気持ちが持てない、と悩んでいるみなさんがいたら、それはチャンス。

テニスにおいて、弱さとは、希望です。

私はそう信じて、これからもメッセージを発信し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  4. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  5. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える

関連記事

  1. テニス メンタル
  2. テニス 試合

    メンタル

    テニスの試合に出続けるということは、「弱い自分の中身を覗き続ける」ことに他なりません

    テニスの試合に出続けること、皆さん継続出来ていますか?部活やサ…

  3. メンタル

    「なぜ、試合で勝つ選手になる為に、テニスノートが必要なのか」それは自分の変化を確認できるから

    テニスでは、直接自分と対戦することはできません。アナタは、1年…

  4. メンタル

    試合の中で「最後にラケットをどれだけ伸ばせるか」は、技術よりも日々の習慣でしかない

    テニスの試合の中で、「諦めない」ということは本人にしか分からない。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である

    「やれば出来る子」この言葉、最近またCMや色々な場面で聞きます…

  6. テニス リターン

    メンタル

    「試合内容が良くても結果が出せない」人に共通する、テニス選手の特徴について

    よく試合会場で聞くのが、「内容は良かったけど、勝てなかったね・・・」と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合、並行陣にこだわり過ぎていると「並行陣慣れ」しているダブルスペアに…
  2. テニス メンタル

    戦術

    消耗した状態で実践出来る技術こそ、アナタの技術そのもの
  3. テニス ガット

    スマッシュ

    もしアナタが、「スマッシュに苦手意識」があるなら、最初の一球で相手を騙し通そう
  4. テニス ボレー

    メンタル

    格上相手の対戦では、「まず相手の余裕を無くすこと」から
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    今現在のスマッシュを「試合で使えるスマッシュ」に変えていく4つのポイントと練習法…
PAGE TOP