テニス 試合

メンタル

どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

テニスの試合に出続けていれば、必ず強い相手とは対戦する。

第1シードとの試合、みなさんも経験して来たはず。

でも、実際は・・・どうでしょう。

みなさんも、自分の試合を思い出してみて下さい。

技術の差で明らかに負けた試合、が多いとは私は思えないんです。

 

どんなに強い相手でも、相手の技術に押されて負ける試合というのは少ない

 


 

1.強い選手との試合、はどんな感じ?

まず、試合前から落ち着かない。

「どんな試合になるのか・・・不安・・・」

「自分は、どこまで出来るだろう?」

と、不安になることばかり、からスタートする感じじゃないでしょうか。

強い選手との試合、というだけでかなりビビってしまう。

強い気持ちを持て、という方が難しいことも多いと思います。

 

2.強い気持ち、を持てないから試合にならない

以前にも書きましたが、強い選手との試合ほど、ミスが増える。

無理する必要は無いのに、相手を恐れて、無理してしまう。

その結果、相手が何か技を繰り出している訳でも無いのに、焦って自滅。

強い気持ち、を持てていない、持って試合が出来ない。

技術力の勝負、までいっていない間に負けてしまうんですよね。

ここに気付ければ、まだまだアナタ自身は強くなれる。

でも、ほとんどの人は、「相手が上手かったから、負けた」と思ってるんですけどね。

 

3.「自分の弱さ」認められる人は、少ない

これは、大人である私たちだからこそ、です。

自分の弱さ、を認めたくない人がほとんどでしょう。

「相手が強かったんだよ」と、思う方が楽ですから。

「やっぱり、第1シードのテクニックは凄いな・・・」と、周りにも話したくなる。

これこそ、アナタ自身の弱さ、です。

自分が強い気持ちを持てない、弱い人間だということを、認められていない。

きっと、こういう人はずっと、試合で第1シードの選手やペアには勝てない。

試合に出る前に、自分自身に勝てていない訳ですからね。

 

4.「弱気は最大の敵」、テニスはまさにこれに尽きる

弱気は最大の敵。

試合で、これを感じることが出来る人は、強い。

最大の敵は、いつだって自分の中に潜んでいる。

相手のテクニックがどんなに優れていても、私は怖く無いんですよね。

怖いのは、いつだって自分自身。

自分自身の中にある、弱気の虫ほど、怖いものは無い。

私自身は強くないですが、その弱さを認めていること、だけは声を大にして言えます。

この場、でも書いてますしね。

弱さを受け入れて、試合で上手く付き合う。

相手の上手さ、なんて本当に、試合では怖く無いですよ。

 

メンタルの強さ、気持ちの強さは、性格じゃない。

生まれ持ったものでも無い。

私たちが、ちょっとしたきっかけで強くなれる、もっと言えば、一番の伸びしろの部分です。

強い気持ちが持てない、と悩んでいるみなさんがいたら、それはチャンス。

テニスにおいて、弱さとは、希望です。

私はそう信じて、これからもメッセージを発信し続けていきます。

ピックアップ記事

  1. テニスラケット ピュアドライブの新作は、「攻撃的な大人のテニス」に最高の武器にな…
  2. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  3. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  4. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  5. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「テニスの試合で勝ち進みたい」なら、今日限りで止めたほうが良いこと6つ

    「試合に勝ちたくて練習してるけど、なかなか結果が出ない・・・」と、悩ん…

  2. テニス 言葉

    メンタル

    自分のテニスに粘りが足りないという人ほど、テニスの言葉のニュアンスを変えていこう

    「サイトを観ていますが、どうにも自分には粘るといことが出来ません」とい…

  3. メンタル

    自分にはテクニックがある、と本当に思ってる?

    自分のテクニックに自信がある人。これは、試合で良くも悪くも、大…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない

    最近、改めて感じることがあります。アンケートやお問合せ、twi…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    イップスの経験こそが、テニス選手のスタートライン

    プロ野球の試合でも、最近「イップス」という言葉がニュースでもよく出て来…

  6. テニス メンタル

    メンタル

    定期的に「自分自身と対戦する」ことをイメージすると、テニスの成長は早くなる!

    唯一、身近な存在で対戦できないのが「自分」ですよね。アナタは、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス チャンス

    その他

    全国大会を観て感じたので、改めて・・・「高校テニス界は、チャンスだらけ!」
  2. テニス テイクバック

    ボレー

    スライスで追い込んでロブケア、はネットプレーの基本戦術
  3. テニス メンタル

    メンタル

    人がプレッシャーに負けるとき、それは大抵「自分のイメージを守りたい」と考えるとき…
  4. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュをロブで粘れる、ようになるには「身体に引き付ける勇気」を養っていこう
  5. テニス 夜

    練習メニュー

    難しいことは簡単に、簡単なことは難しく感じるようになっていく
PAGE TOP