テニス ボレー

ボレー

「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立つのがバックハンドボレー。

シングルハンドなのに、しっかり叩きつけるようなボレーは決定力があります。

学生や一般の方でも、上のレベルになればバックハンドボレーでもパンチ力が欲しいところ。

どんなコツが必要なのでしょうか?

 

「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

 


 

1.横向きのスライスボレーは、パンチ力は乏しい

ボレーの基本は横向きのスライスボレーですが、難点はスピードを出し辛いところ。

もちろん堅実なボレーは必要ですが、試合ではポーチやネットに詰めた状態でコートに叩きつけるようなショットも求められます。

スライスボレーで組み立てたチャンスをネットに詰めるとき、どんなコツが必要なのでしょうか。

 

2.思い切って「後ろ向きの態勢を作る」とボールに力を伝えやすい

しっかりバックハンドボレーを打ち込みたいときには、相手コートに背中を向けましょう。

それくらい肩を入れることができれば、腕を返していく動きで前に力を伝えやすくなります。

もう一つのポイントは、右利きの方であればしっかりと左手を使うこと。

ラケットが動く方向を反対の方向にしっかり「引く」ことで、ラケットスピードを上げることができます。

グリップはスライスから調整して、少しフラット気味に変えるのがお勧めです。

 

3.レベルの高い試合になると「バックハンドボレーの決定力」がスコアの差になる

シングルスでもダブルスでも、バックハンドボレーの決定力はスコアの差になります。

中級レベルまでは、バックハンドのボレーで「凌いでいる」形でも相手はミスしてくれるかも知れませんが、トーナメントを勝ち進んでいくと、バックハンドでポーチに出れない、ボレーで叩けないと致命的です。

では、女性の方はどうしよう・・・というところですが、これは思い切ってドライブボレーを積極的に使いましょう。

腰より上の位置は、多少速いボールでもスィングしたボレーを身に付けるよう練習してみて下さい。

慣れれば、フワッとしたボールよりも打ちやすくなるはずです。

 

打つ方向を見ない勇気を持つことは、テニスの上達において不可欠です。

特にバックハンドボレーは「ラケット面」を作ることが大切ですので、打つ方向を見てしまうと、身体の向き=ラケット面の向きが崩れてしまいます。

良いボールを打っていれば、何も慌ててボールの行方を観る必要はありません。

顔を残す余裕を持って、試合でも打てるようにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  3. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ

関連記事

  1. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう

    ネットプレーの選手にとって、一番大事なこと。私は、この「予測力…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    テニスの試合でのボレー戦の中では、「ドライブボレーを混ぜる勇気」が必要なときもある

    ボレーは丁寧につなぐことが第一。それでも、4人でネットについて…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ

    ダブルスの試合、前衛で「落ち着いている人」いますよね。すごく上…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    「本気でボレーボレー」をやったことがありますか?プロ選手も実践する素晴らしい練習です

    普段、テニスのウォーミングアップで「ボレーボレー」の練習をする機会が多…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ハイボレーで抑えが効かない人は、「ラケット動作をアウトサイドイン」にすることで安定します!

    ボレーの基本はラケットと顔の距離を近くにすること。ですが、身体…

  6. テニス 言葉

    ボレー

    ネットに詰めて、相手のいないところに落とすから決まる

    ダブルスが上手くなっている、と急に感じる瞬間。これは、きっとみ…

特集記事

  1. ダブルス

    今さら聞きづらいダブルスの「並行陣と雁行陣の違いと特徴」について、アナタは理解で…
  2. テニス サーブ

    サーブ

    ファーストサーブのトスは前、じゃあセカンドは…?
  3. テニス ストローク

    戦術

    ドロップショット多用で泥試合、に持ち込んだペール選手に学ぶもの
  4. リターン

    テニスの試合に勝てる選手は身に付けている、「逆クロス方向へのリターン」はなぜ必要…
  5. テニス 夜

    メンタル

    テニスの試合で格上相手に勝ちたければ、「アナタが格下相手にやられて嫌なこと」を徹…
PAGE TOP