テニス ボレー

ボレー

「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

男性のプロテニス選手の試合を観ていると、特に一般プレイヤーとの差で目立つのがバックハンドボレー。

シングルハンドなのに、しっかり叩きつけるようなボレーは決定力があります。

学生や一般の方でも、上のレベルになればバックハンドボレーでもパンチ力が欲しいところ。

どんなコツが必要なのでしょうか?

 

「バックハンドボレーにパンチ力を出したい!」男性プレイヤーに試して欲しい打ち方とは?

 


 

1.横向きのスライスボレーは、パンチ力は乏しい

ボレーの基本は横向きのスライスボレーですが、難点はスピードを出し辛いところ。

もちろん堅実なボレーは必要ですが、試合ではポーチやネットに詰めた状態でコートに叩きつけるようなショットも求められます。

スライスボレーで組み立てたチャンスをネットに詰めるとき、どんなコツが必要なのでしょうか。

 

2.思い切って「後ろ向きの態勢を作る」とボールに力を伝えやすい

しっかりバックハンドボレーを打ち込みたいときには、相手コートに背中を向けましょう。

それくらい肩を入れることができれば、腕を返していく動きで前に力を伝えやすくなります。

もう一つのポイントは、右利きの方であればしっかりと左手を使うこと。

ラケットが動く方向を反対の方向にしっかり「引く」ことで、ラケットスピードを上げることができます。

グリップはスライスから調整して、少しフラット気味に変えるのがお勧めです。

 

3.レベルの高い試合になると「バックハンドボレーの決定力」がスコアの差になる

シングルスでもダブルスでも、バックハンドボレーの決定力はスコアの差になります。

中級レベルまでは、バックハンドのボレーで「凌いでいる」形でも相手はミスしてくれるかも知れませんが、トーナメントを勝ち進んでいくと、バックハンドでポーチに出れない、ボレーで叩けないと致命的です。

では、女性の方はどうしよう・・・というところですが、これは思い切ってドライブボレーを積極的に使いましょう。

腰より上の位置は、多少速いボールでもスィングしたボレーを身に付けるよう練習してみて下さい。

慣れれば、フワッとしたボールよりも打ちやすくなるはずです。

 

打つ方向を見ない勇気を持つことは、テニスの上達において不可欠です。

特にバックハンドボレーは「ラケット面」を作ることが大切ですので、打つ方向を見てしまうと、身体の向き=ラケット面の向きが崩れてしまいます。

良いボールを打っていれば、何も慌ててボールの行方を観る必要はありません。

顔を残す余裕を持って、試合でも打てるようにしていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    試合の中で熱いボレー戦になっても、冷静に上を狙う意識を持とう

    ダブルスの試合、いやシングルスでもそうですね。ボレー対ボレーの…

  2. テニス

    ボレー

    ボレーのときに身体が開く人は、胸から突っ込んでいるケースが多い

    女子ダブルスの試合だと、4人全員でボレー、のような形ありますよね。…

  3. ボレー

    浮いた!と思っても、諦めないことで何かが起きる

    ダブルスの試合、「浮いた!まずい!」と思うこと、ありますよね。…

  4. テニス 準備

    ボレー

    テニスの試合、「ネットに詰めれば詰める」ほど、上半身はリラックスしていこう

    テニスの試合の中で、ネットに詰めていくこと。これは、レベルが上…

  5. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーに必要なリズム感、「1,2,3」のフットワークを覚えておけば初心者の方でも安定します!

    今回は、ボレーに必要なフットワークについて改めて。よくストロー…

  6. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーの基本は、「スタンス広めでその中間に頭」を意識すれば安定する

    ボレーに安定感が欲しい方。まずは、頭の位置をしっかり意識するこ…

特集記事

  1. テニス ダブルス

    フットワーク

    「結果的に入っても取れる」フットワークを
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ライジングショットを打つのも大事、返せるようになるのも大事
  3. テニス メンタル

    メンタル

    試合を動かしているのは、「もう一人の自分」という意識を持てると全体を俯瞰して見れ…
  4. テニス 練習

    テニス知識

    自己流テニスで上達して来た人は、どこかで技術を削ぎ落とす作業を
  5. テニス 前衛

    フットワーク

    スプリットステップ、ネットプレーのときには早めに着地、くらいでちょうど良い
PAGE TOP