ダブルス

相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス

ダブルスの試合、ロブをカバーに走る。

並行陣なら、かなり多くなるシチュエーションですよね。

でも、カバーに走ってばかりだと、ずっと気持ちも後手に回る。

カバーではなく、あえて相手の隙を突いていく。

これが、実はアナタにとって必要なことじゃないでしょうか?

相手の浅いロブは、実はドロップボレーのチャンス

1.並行陣で挑むなら、ロブ対応は必須

実際、並行陣でダブルスの試合に挑むなら、ロブは打たれる。

当たり前、ですよね。

↓の図で、赤側が並行陣を取る、と思って見てみて下さい。

青側の後衛が打つ瞬間には、しっかりこの陣形が出来ている。

サーブ&ボレーですと、↓くらいのポジションで良いと思います。

当然、相手はこれ↓を狙って来ますね。

前衛の上、を狙うことは並行陣対策の基本、ですから。

後衛の選手がカバーに走る、ここ↓まではよくある光景だと思います。

さぁ、後はここからどう赤側、のペアが相手に優位性を渡さないかを考えていく必要がありますね。

この対応こそ、ダブルスの強さになっていきます。

2.普通の返球、ではステップアップ出来ない

普通なら、カットして相手の後衛に返球する感じでしょうか。

ロブがセンター寄りなら、チェンジする必要はありませんね。

その場合、前衛には大事な仕事があります。

自分が触らないなら、しっかりと低い態勢を作って、後衛の選手が返球しやすい状況を作る。

普通に立っていると、後衛の選手はそれを避けるように打たないといけないので、厳しくなる。

しっかりとネットより低い態勢、をしゃがんで作りましょう。

そうすると、思わぬコースが開けて来ます。

そう、↓のようなコースが空いている、ことに気付けるかどうかが大事になります。

そう、相手後衛の前のスペースですね。

カバーではなく、攻撃に一気に舵を切る。

それが、このプランには大事な発想です。

なぜなら、ロブを上げた瞬間、相手は一瞬下がるから。

やはり、スマッシュを警戒しますからね。

その少し下がった瞬間に、この前のスペースが弱点になる。

ここを、しっかり浅いボレーで突いていくこと、が大事なんです。

3.恰好のドロップボレーのチャンスが、そこにある

実際、私はこのプレーが好きです。

ですので、前衛の選手にも、なるべくチェンジしないで、カットするフリをして前を使うという作戦を伝えている。

そうすれば、結構相手を出し抜けるんですよ。

下がろうとする相手、に前を使うのは楽ですからね。

甘いボレーでも、決まりますよ。

普通に深く返球しようとすると・・・どうでしょう。

空いているスペース、を逆に突かれてしまいますよね。

「でも、そんなの難しいんじゃ・・・」と思う方も、多いでしょう。

でも、山なりのボレー、を返球すると思えば楽。

だって、相手のボールも山なりなロブですからね。

同じような軌道、で浅く返す、と思えばすごく楽だと思います。

まずは、失敗しても良い。

こういう発想を持てるかどうか、が試合では大事なんです。

カバーする、という発想はマイナス。

そこからいかに、カウンターを狙うのか。

少しギャンブル的な要素もあるショットですが、試合ではなかなか相手はこれを予測出来ない。

ぜひ、流れを変える意味でも、使ってみて下さい。

前衛との連携、も大事なポイントですよ。

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  4. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  5. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう

関連記事

  1. ダブルス

    破天荒な前衛、がミックスダブルスを変える

    前衛は、前に、前に。この意識は大事ですが、それだけなら相手にか…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスのペアを大事に思うなら、厳しい意見も伝えるのが必要なステップ

    「最近、ペアを解消しようと思っていて・・・」というダブルスペアの方の声…

  3. テニス ポジショニング

    ダブルス

    ミックスダブルスの試合、男性は積極的に相手の女性に「スライスストローク」を使っていこう

    「正直、ミックスダブルスが苦手・・・」と、悩むのは男性の方でも多いはず…

  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

  5. テニス 前衛

    ダブルス

    ダブルスの前衛で特に必要な、「フェイントをかけて相手を揺さぶる」技術を磨いて後衛を助けよう!

    言い方は悪いですが、テニスだけでなくスポーツは騙し合いの競技。…

  6. ダブルス

    ダブルスの試合で、「サービスキープを安定させる」為にペアで意識したい4つのポイント

    プロのテニスの試合を見ていると、特にダブルスは、「1回のブレイク」がセ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. サーブ

    試合でサービスエースを狙うなら、まずはこのコースが基本
  2. テニス ロブ

    スマッシュ

    試合1発目のスマッシュ、がその試合を決める
  3. テニス トレーニング

    メンタル

    テニスにおいて良い攻撃を続けていく覚悟は、10球連続でも足りないくらいです
  4. テニス 格上相手

    その他

    テニスの試合で「シード選手との闘い」をドラクエ風に考えてみると・・・
  5. テニス メンタル

    メンタル

    0-5まで追い詰められて、「吹っ切っていこう!」と思ったら、思い切って試してみた…
PAGE TOP