テニス ボレー

ボレー

ポーチに出たけど、「リターンがスライスで遅い」は、試合でのあるある

良いサーブが入って、「よし!ポーチだ!」と、動く。

でも、相手のリターンは弱々しいスライスで、ポーチに動いた前衛が行き過ぎてしまう・・・のは、どうでしょう。

ダブルスの試合でのあるある、じゃないでしょうか?

それなのに、ほとんどの人がこのポーチをリズム良く打てない。

サーブを打った選手からすると、「何で今の、決めてくれないんだよ・・・」となりますよね。

このあるある、にはしっかり準備しておかないとダメなんです。

ポーチに出たけど、「リターンがスライスで遅い」は、試合でのあるある

1.そもそも、サーブが良いなら・・・?

まともなリターンは来ない、と思いませんか?

アナタのパートナーのサーブが良いなら、リターンは乱れる。

当然、スライスで何とか返そう、と思う相手が多いはずです。

だからこそ、色々な準備をして前衛は動かないといけない。

スライスで遅いリターン、にもしっかり準備をしておかないと。

良いサーブを打つパートナー、だからこそ前衛は大変なんです。

相手が、色々なリターンを混ぜて来ますからね。

2.ナイスリターン、に飛び込む必要は無い

そもそも、ナイスリターンなんてそう来ないでしょう。

良いサーブが入ったら、良いリターン、なんてそう無いと思って良い。

私なら、まずしっかり先に動くこと、だけを意識する。

センターストラップ近くまで動いて、待つくらいの余裕を作ります。

良いサーブなら、速いストレートリターンは無いでしょう。

先に動いておいて、飛び込むという発想は捨てる。

そうすれば、スライスのような遅いリターンにも、しっかり対応出来るでしょう。

3.遅いボールを決めるのは、難しい

しっかり、考えておきましょう。

遅いリターン、ポーチで強打、すごく難しい。

私も、このミスを何度も試合で繰り返して来ました。

そうなると、サーバーのパートナーとの雰囲気も険悪になる。

遅いスライスのリターン、どう対応しましょうか?

ポーチに出て、自分の通り過ぎた側に来る可能性もある。

私なら、発想は「前を使う」に切り替えます。

4.遅いリターンでポーチなら、相手は後ろ足体重になる

当然、相手は強打に備えてくれる。

こちらがポーチに動いて、リターンが弱いスライスなら、当然ですよね。

そうなると、前のスペースが使えます。

後ろ足体重の状態から、前のドロップボレーを追いかけるのは、かなり難しい。

ですので、私はいつも「スライスリターンには、ドロップボレー」と、前衛の時には決めて待っています。

それが一番、決まりやすいし自分も楽。

ぜひ、意識してみて下さい。

ポーチ=強打、ではなかなか試合では難しい。

スライスは飛んでいる時間が長く、間があるからこそ、怖いんですよね。

しっかり前衛で仕事をしたいなら、こういう変則的なリターンにもしっかり対応していくこと。

ぜひ、意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  2. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス メンタル

    ボレー

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?

    ダブルスの前衛にいるときは、ボレーも得意だからたくさんポーチに出たい!…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーでいつも「アウトボールを触ってしまう」のは、自分の膝が伸び切っているから

    自分が前に出て、ネットプレーでよしチャンス・・・!と思っても、…

  3. ボレー

    自分で誘って決める、前衛のポジションは・・・?

    ダブルスの試合で、リターンを前衛が誘う。昨日のミーティングでも…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    「せっかく作ったチャンスを・・・」テニスのハイボレーをふかしてしまう人へ贈る5つのコツ

    相手の強烈なサーブも何とかリターンで返し、ストロークのラリーで徐々に追…

  5. テニス ストローク

    ボレー

    バックハンドボレーは、スライス?フラット?

    今回、アンケートのご質問の中から。バックハンドボレーの当たり、回転…

  6. テニス

    ボレー

    テニスのネットプレーでは「手首の角度は変えない」のが基本!改めて意識したいポイントとは?

    ボレーが上手くコントロールできない人は、手首をしっかり固められていない…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ストローク

    苦し紛れのドロップショットは、結構相手にバレバレです
  2. テニス 錦織圭

    シングルス

    「全米オープン 錦織選手の敗退」に考える、シングルスでのシード選手との戦い方
  3. テニス フットワーク

    メンタル

    試合に勝てるようになりたい、なら今すぐ試合に出よう
  4. テニス 練習

    その他

    試合に勝ちたいテニス選手なら、「試合前の準備は2日前に完了」させておこう!
  5. ボレー

    スライスボールをボレーするなら、それ以上のスライスで!
PAGE TOP