テニス メンタル

戦術

準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?

試合前に、準備を整える。

これは、テニス選手として必要なことでしょう。

私は何度も、戦術の準備の重要性を書いて来ました。

色々な場面を想定しながら、どう考えて、結論を出すのかをイメージしておく。

このことはとても重要なんですが、みなさん、どうでしょう。

実際の戦術の準備、構想が、こんな感じになってはいませんか?

準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?

1.出来れば問題無く勝ちたい、と誰もが思う

私も試合前、何も考えないでただイメージすると、こうなります。

とにかく勝ちたい・・・と思うからこそ、良いイメージを持ちたいと考えてしまう。

「3-3くらいまではキープ合戦で、2周目のサーブでどこかでブレイク、そのまま6-4くらいで終了かな・・・」と。

もちろん、概要のイメージとしては良いと思いますが、じゃあどうやってブレイクするのかと。

「ストレートに打って前衛のミスを誘って、その後はカバーに入る後衛の前を使う感じで・・・」と、良いことばかり浮かんで来る。

問題無く勝ちたい、と思いますからね。

でもこれは、見方を変えればただの願望、でしかありません。

2.戦術が自分の願望になっては、上手くいかないのは当たり前

「こうなって欲しい」と考えることは、大抵上手くいかない。

こうなるだろう、と考えていることは、上手く回らないことの方が多いですからね。

「こうなるかも知れない、もしかしたら・・・」と、あくまで用心深く。

戦術の基本は、相手を深く、深くイメージすること。

初めて対戦する相手ならなかなか難しいかも知れませんが、今までの経験をフルに活かして、イメージしてみる。

サーブが速い相手だったら?

リターンのコースを散らしてくる相手なら?

ポーチにガンガン動いてくる相手なら・・・?

というのを、一つ一つ、潰しておくことが正しい準備だと思います。

3.勝ちたいという気持ちは、最後までコントロールする

コントロール出来れば、何も怖くありません。

私の感覚ですと、良い試合が出来た時は「結果的に、勝てている」という感覚。

やるべきことをやって、後は結果は天に任せる。

ここまで出来れば、大丈夫という感覚で試合が出来るから、勝ちたいという気持ちは本当に最後まで少ない。

結果的に勝っている、ような試合だと、すごく良い結果が出る傾向にあります。

これも言葉一つ、ですが、勝ちたいという気持ちのコントロールでは大事。

勝ちたい、ばかりだと自分の勝手な願望ばかり浮かんできますからね。

4.やりたいことは、リードしたタイミングで大胆に

それでも、「これを試合でやりたい!」というのは、当然あって良い。

必要なんです。

ただ、やはり私ならリードしたゲーム、でやりたい。

それも、大胆に、です。

相手に、「これがやりたかったのか・・・警戒しないとな」とう爪痕を残したいので。

やりたいことを、ただの願望で終わらせない。

どこで、いつ、なぜやるのかを明確にしておく。

そうすれば、試合でも自然と身体が動くと思いますよ。

準備出来ている人は、リスク管理が出来てる。

そう簡単に、試合で崩れない人は、「もしかしたら・・・」を何度も重ねて準備してるんです。

憂鬱になるような感じ、もあるかも知れませんね。

でも、呑気な願望だけで試合前にイメージして、負けるのは辛いですから。

しっかりと、戦術の準備をして試合に臨みましょう。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. テニス部・テニスサークルとして勝てる集団になりたいなら、「スコアシート」は欠かせ…
  5. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について

関連記事

  1. 戦術

    「相手に勝つイメージ」の作り方のコツ5つ

    試合前に、集中力を高めて、ぜひやって欲しいこと。それは、どん…

  2. テニス メンタル

    戦術

    「見てないフリをして見ている」が効くから、テニスでは周辺視野が欠かせない

    「周辺視野」という言葉を、皆さんも聞いたことがあると思います。…

  3. 戦術

    テニスでも「ボールをキープする」という感覚が大事

    テニスは、相手から来たボールを打ち返す競技。サッカーやバスケ…

  4. 戦術

    一番最初に、4番バッターをもってくる方が勝てる

    テニスの試合、スタートダッシュが肝心。私はいつも、この意識で試…

  5. テニス 居場所

    戦術

    ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

    試合でビビって、ラケットが振れなくなる。これって、かなりの人が…

  6. テニス 環境

    戦術

    試合をこなす、から、「計る」に変えていこう

    来年は、自分を変えていきたい。試合で勝てるような選手になりたい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    学生テニス、ベテランテニス、の境目は無くなってきている
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの練習をより実戦的に行う為に、すぐに出来るアイデア5つ
  3. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう
  4. ダブルス

    並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている
  5. テニス リターン

    ストローク

    相手の「打点の高さ」を、変え続ければ勝てる
PAGE TOP