テニス メンタル

戦術

準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?

試合前に、準備を整える。

これは、テニス選手として必要なことでしょう。

私は何度も、戦術の準備の重要性を書いて来ました。

色々な場面を想定しながら、どう考えて、結論を出すのかをイメージしておく。

このことはとても重要なんですが、みなさん、どうでしょう。

実際の戦術の準備、構想が、こんな感じになってはいませんか?

準備する戦術が、アナタ自身の勝手な願望になってはいないか?

1.出来れば問題無く勝ちたい、と誰もが思う

私も試合前、何も考えないでただイメージすると、こうなります。

とにかく勝ちたい・・・と思うからこそ、良いイメージを持ちたいと考えてしまう。

「3-3くらいまではキープ合戦で、2周目のサーブでどこかでブレイク、そのまま6-4くらいで終了かな・・・」と。

もちろん、概要のイメージとしては良いと思いますが、じゃあどうやってブレイクするのかと。

「ストレートに打って前衛のミスを誘って、その後はカバーに入る後衛の前を使う感じで・・・」と、良いことばかり浮かんで来る。

問題無く勝ちたい、と思いますからね。

でもこれは、見方を変えればただの願望、でしかありません。

2.戦術が自分の願望になっては、上手くいかないのは当たり前

「こうなって欲しい」と考えることは、大抵上手くいかない。

こうなるだろう、と考えていることは、上手く回らないことの方が多いですからね。

「こうなるかも知れない、もしかしたら・・・」と、あくまで用心深く。

戦術の基本は、相手を深く、深くイメージすること。

初めて対戦する相手ならなかなか難しいかも知れませんが、今までの経験をフルに活かして、イメージしてみる。

サーブが速い相手だったら?

リターンのコースを散らしてくる相手なら?

ポーチにガンガン動いてくる相手なら・・・?

というのを、一つ一つ、潰しておくことが正しい準備だと思います。

3.勝ちたいという気持ちは、最後までコントロールする

コントロール出来れば、何も怖くありません。

私の感覚ですと、良い試合が出来た時は「結果的に、勝てている」という感覚。

やるべきことをやって、後は結果は天に任せる。

ここまで出来れば、大丈夫という感覚で試合が出来るから、勝ちたいという気持ちは本当に最後まで少ない。

結果的に勝っている、ような試合だと、すごく良い結果が出る傾向にあります。

これも言葉一つ、ですが、勝ちたいという気持ちのコントロールでは大事。

勝ちたい、ばかりだと自分の勝手な願望ばかり浮かんできますからね。

4.やりたいことは、リードしたタイミングで大胆に

それでも、「これを試合でやりたい!」というのは、当然あって良い。

必要なんです。

ただ、やはり私ならリードしたゲーム、でやりたい。

それも、大胆に、です。

相手に、「これがやりたかったのか・・・警戒しないとな」とう爪痕を残したいので。

やりたいことを、ただの願望で終わらせない。

どこで、いつ、なぜやるのかを明確にしておく。

そうすれば、試合でも自然と身体が動くと思いますよ。

準備出来ている人は、リスク管理が出来てる。

そう簡単に、試合で崩れない人は、「もしかしたら・・・」を何度も重ねて準備してるんです。

憂鬱になるような感じ、もあるかも知れませんね。

でも、呑気な願望だけで試合前にイメージして、負けるのは辛いですから。

しっかりと、戦術の準備をして試合に臨みましょう。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. 戦術

    しつこいくらいに継続して、初めてプレッシャーになる

    試合で動いても、相手が崩れてくれない。プレッシャーに感じてくれ…

  2. テニス メンタル

    戦術

    対戦相手のストロングポイントを消す、簡単な方法

    対戦相手の武器に、押されてしまう。男性の試合だと、フォアが得意…

  3. テニス ロブ

    戦術

    テニスの試合、ストライクゾーンで勝負する姿勢を忘れずに

    テニスの試合の中で、私が意識していること。それは、野球に例える…

  4. 戦術

    自分たちの弱みを、最小化出来てる?

    テニスの試合、その現場では割り切りも大事。対戦する相手が初め…

  5. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと

    ダブルスのセンターセオリー、相手2人の間を狙うこと。これは、何…

  6. 戦術

    自分より強い相手と戦うなら、真っ向勝負は避けて当然

    対戦相手と、真っ向勝負。これは、非常に危険だと私は思っています…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    崩して満足、だから試合に勝てない
  2. テニス 感覚

    その他

    「2015年 インターハイ テニス会場」に行って良かった感じたこと5つ
  3. テニス 戦術

    戦術

    プレッシャーが比較的少ない、テニスの試合の序盤にやっておくべきこと4つ
  4. テニス メンタル

    戦術

    言葉に出来ないことは、「考えていないのと同じ」だということ
  5. テニス ロブ

    サーブ

    ダブルスの試合、ノータッチエースは一人の仕事じゃない
PAGE TOP