テニス ストローク

ストローク

打球方向に力を乗せる、ストロークに必要な要素とは?

ストロークはある意味で、誤魔化しが効かないショット

サーブ同様に、ベースラインから打ちますから、相手まで距離がありますよね。

だから、力強いのか、弱々しいのか、かなり差が出てしまう。

ボレーなら、弱いボレーもドロップとして武器になりますが、ストロークはなかなかそうはいかない。

もう一度、しっかりストロークの基本から考えていきましょう。

 

打球方向に力を乗せる、ストロークに必要な要素とは?

1.もう一度、基本を見直そう

ちょっと、古臭い感じかも知れませんが。

私は改めて、最近これが大事だと考えています。

打球方向に、どうやれば上手く力を乗せられるのか。

それは、やはり前に踏み込んでいく、ということ。

前足体重、で打てないとやっぱり辛い。

前足体重で打てれば、シンプルに打点も前になるし体重も乗せられる。

この基本で大事になるのは、足の運びのリズム、だと思います。

 

2.相手が打つ前に、後ろ足から前足への流れをイメージしよう

相手が打つ前に、自分の足の流れをイメージする。

後ろ足、その後に前足を決める。

だから、例えば、右利きの方のフォアハンドなら、先に右足が決まる、その後に左足。

この左足を踏み込んで、前足体重で打てれば自然と体重が乗った良いストロークになる。

でも、なぜこれが出来ないのか・・・と言えば、後ろ足を決めるのが出来ないから。

みなさん、ボールが近くに来るまで、足が決まらないんですよ。

早めに、後ろ足から決める。

じゃないと、前足が出せないですから。

私の感覚では、強い人はボールがネットを越えたくらいで、もう後ろ足のセットが終わっている。

この感覚、みなさんどうでしょうか?

 

3.前足を出してからも、一瞬の間が欲しい

前足を出して、グッと足でコートを掴む。

その後にボールを打てると、コントロールも良くなります。

慌てて出した足に、体重なんて乗りません。

しっかり、早めに出して、早めに準備する。

0.1秒、くらいの間を空けてからボールを打つ。

前足を出して体重を乗せて、ラケットが下から前に出ていく感じが理想ですね。

重たいボールは、いつも下半身から。

それも、リズムが一番大事です。

 

4.もっとパワーを乗せたいなら・・・?

前足を出すタイミングで、少しだけ肩を入れる。

肩を入れて、グッと相手に背中を向ける。

この状態まで作れると、もう怖いものは無いですよ。

相手も、どこに打って来るのか分からない。

そういう雰囲気、を出すには、前足で踏み込むと同時に、上半身をひねることが大事。

このひねりを戻しながら打つので、パワーが生まれるんですよね。

ぜひ、足に慣れてきたら、この部分をしっかり確認してみて下さい。

 

この基本、やろうと思ったら結構難しいですよ。

早い準備と、決断力が求められますからね。

後ろ足を早く決めるには、思い切った予測と失敗、を繰り返すことが大事。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

■お時間のある方は、ぜひコチラより読者アンケート(ご感想)にご協力をお願いします!

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  3. 読者ミーティング用にプロジェクターを買ったら、コスパ最高だった
  4. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  5. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    深いショットを自分が打てた時ほど、ライジングカウンターをケアしないといけない

    自分が良いボールを打ったとき、何を考えるのか。例えばそれがすご…

  2. テニス ストローク

    ストローク

    オムニコートでの試合に必要な「重心が低いストローク」で意識したいポイント4つ

    ストロークで粘りが足りない。そう感じている人は、男女に関わらず…

  3. テニス メンタル

    ストローク

    「ポール回し」は上級者だけでなく、テニスプレイヤー全員に求められる技術です

    テニスの試合で、1試合に1度打つ機会があるかないかのショット、ポール回…

  4. テニス メンタル

    ストローク

    実際の試合では、調子の悪い相手にだって勝つのは難しい

    先日のダニエル太郎選手の試合、すごかったですね!フルセットでジ…

  5. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークラリーの中で前に踏み込むタイミング、はどこを意識すれば良いのか?

    ストロークのラリーの中で攻撃のスイッチを入れる。そのポイントは…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    フォアハンドが打てない、グリップも分からない症候群に陥ったみなさんへ

    テニスを続けていると、必ずこれは経験します。始めたばかりのころ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    リターン

    マレー選手に見る「リターンで大きくコート内に入って打つ」ことで相手にプレッシャー…
  2. サーブ

    試合で遅いサーブ、が有効な場面とは?
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    男子ダブルスの並行陣、レベルアップに必要な練習5つ
  4. ストローク

    テニスの試合では、深いスライスボレーで追い込まれても、「落ち着いて相手を観る余裕…
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で鉄壁な並行陣は、「センターの守り方」が優れているから抜かれない!…
PAGE TOP