テニス ストローク

ストローク

打球方向に力を乗せる、ストロークに必要な要素とは?

ストロークはある意味で、誤魔化しが効かないショット

サーブ同様に、ベースラインから打ちますから、相手まで距離がありますよね。

だから、力強いのか、弱々しいのか、かなり差が出てしまう。

ボレーなら、弱いボレーもドロップとして武器になりますが、ストロークはなかなかそうはいかない。

もう一度、しっかりストロークの基本から考えていきましょう。

 

打球方向に力を乗せる、ストロークに必要な要素とは?

1.もう一度、基本を見直そう

ちょっと、古臭い感じかも知れませんが。

私は改めて、最近これが大事だと考えています。

打球方向に、どうやれば上手く力を乗せられるのか。

それは、やはり前に踏み込んでいく、ということ。

前足体重、で打てないとやっぱり辛い。

前足体重で打てれば、シンプルに打点も前になるし体重も乗せられる。

この基本で大事になるのは、足の運びのリズム、だと思います。

 

2.相手が打つ前に、後ろ足から前足への流れをイメージしよう

相手が打つ前に、自分の足の流れをイメージする。

後ろ足、その後に前足を決める。

だから、例えば、右利きの方のフォアハンドなら、先に右足が決まる、その後に左足。

この左足を踏み込んで、前足体重で打てれば自然と体重が乗った良いストロークになる。

でも、なぜこれが出来ないのか・・・と言えば、後ろ足を決めるのが出来ないから。

みなさん、ボールが近くに来るまで、足が決まらないんですよ。

早めに、後ろ足から決める。

じゃないと、前足が出せないですから。

私の感覚では、強い人はボールがネットを越えたくらいで、もう後ろ足のセットが終わっている。

この感覚、みなさんどうでしょうか?

 

3.前足を出してからも、一瞬の間が欲しい

前足を出して、グッと足でコートを掴む。

その後にボールを打てると、コントロールも良くなります。

慌てて出した足に、体重なんて乗りません。

しっかり、早めに出して、早めに準備する。

0.1秒、くらいの間を空けてからボールを打つ。

前足を出して体重を乗せて、ラケットが下から前に出ていく感じが理想ですね。

重たいボールは、いつも下半身から。

それも、リズムが一番大事です。

 

4.もっとパワーを乗せたいなら・・・?

前足を出すタイミングで、少しだけ肩を入れる。

肩を入れて、グッと相手に背中を向ける。

この状態まで作れると、もう怖いものは無いですよ。

相手も、どこに打って来るのか分からない。

そういう雰囲気、を出すには、前足で踏み込むと同時に、上半身をひねることが大事。

このひねりを戻しながら打つので、パワーが生まれるんですよね。

ぜひ、足に慣れてきたら、この部分をしっかり確認してみて下さい。

 

この基本、やろうと思ったら結構難しいですよ。

早い準備と、決断力が求められますからね。

後ろ足を早く決めるには、思い切った予測と失敗、を繰り返すことが大事。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

■お時間のある方は、ぜひコチラより読者アンケート(ご感想)にご協力をお願いします!

ピックアップ記事

  1. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品
  2. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ

    最近、実はテニス界で見直されつつある「片手バックハンドストローク」の技…

  2. テニス メンタル

    ストローク

    両手バックハンドストロークで、しっかりスピン回転をかける基本5つ

    両手打ちバックハンドストローク、どこか「合わせるだけ」になってはいませ…

  3. ストローク

    「ネット際にドロップショット」をテニスの試合で打つ為に必要な一番大きな要素は?

    「深く打て!!」ショットを打つ時にはよく言われる言葉だ。…

  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドのテイクバックは、基本並行でOK

    両手バックハンドのテイクバック、みなさんどうでしょうか。何とな…

  5. テニス スライス

    ストローク

    「バック側をサーブで攻められて、押される・・・」ときに実戦したい、錦織選手も得意なアノ技術

    サーブでバックハンド側を攻撃される、というのはよくあるパターン。…

  6. テニス メンタル

    ストローク

    「ポール回し」は上級者だけでなく、テニスプレイヤー全員に求められる技術です

    テニスの試合で、1試合に1度打つ機会があるかないかのショット、ポール回…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で大事な「脇役ショット」は、苦しい態勢を戻せるリカバリーショット
  2. テニス ロブ

    ロブ

    ロブで粘り強く戦う相手を、どこかで舐めてはいないか?
  3. テニス サイト

    テニススクール

    テニススクールでしっかり上達したいなら、「アドバイスされたことは大胆にやってみる…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「サービスダッシュとも言うけれど・・・」テニスで自分を変えたければ、時には思い切…
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「ビビッて置きに行くストローク」は、試合中に変えないと後悔だけが残る
PAGE TOP