ダブルス

並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

ダブルスの試合で、強い並行陣を相手にした時に必要な意識。

私は、主役はリターン側の前衛、だと思っています。

この前衛が、リターンと連動してしっかりと、サーブを打った選手にプレッシャーをかけられるかどうか。

この勝負、こそダブルスの試合の勝敗を分ける。

思い切って前に詰める、勇気がアナタにありますか?

 

並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

1.リターン側の前衛、が動かないと厳しい

アナタ側が、赤側、リターンの場面。

青側の相手からサーブを打って、前に出て来る相手にどう対抗していくか、がポイント。

↑まさに今、青側のサーブを打った選手が並行陣、を作ろうとする場面ですね。

この場面で、サーブの威力にもよりますが、基本的には赤側の前衛は前に詰める用意をしたい。

リターンを打つ選手、後衛の選手が、相手サーバーの足下に沈めてくれる、ことをイメージしながら。

もし、青側の前衛に捕まったら、これはその場面で切り替えて守備。

相手は並行陣なので、相手前衛が触らないところを見て前に詰める、なんて悠長なことを言っている時間はありません。

実際の試合では、リターンを打つ瞬間にこれくらい前↓、にいても良いくらい。

そうすれば、自然と相手のサーブを打った選手、の視界にも入りますからね。

 

2.上手く2対1、のプレッシャーを作ることが大事

なるべくリターン側の前衛が動いて、相手のサーバーの視界に入る。

そこで、上手くリターンを足下に沈めることが出来れば、大きなチャンスになるはずです。

キーワードは、遅めのリターン。

速いリターンで攻撃したいところですが、これくらい前衛が前に詰めていたら、その前衛を使う感覚でリターンすれば良い。

速いリターンって、↓のように、前衛が前に詰める時間が無いんですよね。

前に詰めるような時間、を上手く作ることが並行陣を崩すリターンの肝。

自分で後ろから攻撃するより、ネットに近い仲間を使いましょう。

 

3.サーブ&ボレーの選手を、ノリノリにさせてはいけない!

何より、試合でこれが怖い。

サーブ&ボレー、が得意な選手は、乗って来ると手が付けられないですからね。

みなさんもそんな経験、あると思います。

リターン側の前衛が、サービスラインくらいにいると↓、どうでしょう?

もう、楽にクロスにファーストボレーが打てる。

視界も広がっていて、すごく良いイメージでプレー出来る。

こうなると、リターン側の後衛も良いボレーで押し込まれて苦しくなります。

ここに、しっかり割って入る↓勇気が大事です。

前に詰めて、センターに寄るだけで相手の視界に入れる。

そうなると、邪魔なんですよ、やはり。

邪魔だな・・・と、サーブを打った選手が感じてくれると・・・。

↓こんな感じで、強引なストレート、がサイドアウトしてくれるでしょう。

これはまさに、前衛がポーチで決めたのと同じ、いやそれ以上に価値のあるポイント。

プレッシャーをかけて、サイドアウトさせるのは前衛の醍醐味です。

 

男子ダブルスの試合では、これが出来ないと厳しい。

女子ダブルスの方でも、相手のセカンドサーブ、の場面ではどんどん仕掛けていきましょう。

気持ち良くファーストボレー、並行陣を作らせてはダメ。

リターン側の前衛、で仕事が出来るようになると、アナタはもう立派なダブルスプレイヤーです。

 

■お時間のある方は、ぜひコチラより読者アンケート(ご感想)にご協力をお願いします!

ピックアップ記事

  1. iphoneでテニス動画を撮影するなら、三脚ホルダーのスマホスタンドを使おう!
  2. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  3. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    ミックスダブルス、「男性のサービスゲーム」こそ実はチャンス!

    ミックスダブルスで、楽に相手を崩す方法。そんなのがあれば・・・…

  2. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「自分ばかり狙われて辛い」人はどうすれば良い?

    誰にでも、一度や二度は経験あることだと思います。ダブルスの試合…

  3. ダブルス

    テニスのダブルスの試合で「リターンダッシュが得意」な相手への有効な対策5つ

    ダブルスの試合でサーブ&ボレーをしていると、リターンの上手い相…

  4. テニス リターン

    ダブルス

    クロスのストロークの打ち合いで負けないメンタル、必要

    ダブルスの戦いは、いかに効率的に戦うか、前衛が活躍出来るか。こ…

  5. テニス サーブ

    ダブルス

    ダブルスの前衛で、「味方のサーブでポーチに出れない」人にとっておきのコツを

    前衛にいるときに、いざポーチ!でも、せっかく良いサーブなのに出…

  6. テニス 団体戦

    ダブルス

    ダブルスの試合、ペアで会話するなら対戦相手についてが基本

    ダブルスをどう戦うのか、についてペアと相談する。ポイント間でも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vo…
  2. テニス リターン

    ストローク

    ストロークの打点までは手首を固定して、フィニッシュでリラックスして解放しよう
  3. テニス メンタル

    ストローク

    完全に相手をコートから追い出した後、のショットは・・・どうしましょう?
  4. ボレー

    「足元ボレー強化法」テニスの試合で求められる即決力をネットプレーで磨くには?
  5. テニス ダブルス

    ストローク

    テニスの試合で使えるショートクロスは、「軌道を高く回転量多め」が大原則です
PAGE TOP