ダブルス

並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

ダブルスの試合で、強い並行陣を相手にした時に必要な意識。

私は、主役はリターン側の前衛、だと思っています。

この前衛が、リターンと連動してしっかりと、サーブを打った選手にプレッシャーをかけられるかどうか。

この勝負、こそダブルスの試合の勝敗を分ける。

思い切って前に詰める、勇気がアナタにありますか?

並行陣を潰すには、リターン側の前衛の動きにかかっている

1.リターン側の前衛、が動かないと厳しい

アナタ側が、赤側、リターンの場面。

青側の相手からサーブを打って、前に出て来る相手にどう対抗していくか、がポイント。

↑まさに今、青側のサーブを打った選手が並行陣、を作ろうとする場面ですね。

この場面で、サーブの威力にもよりますが、基本的には赤側の前衛は前に詰める用意をしたい。

リターンを打つ選手、後衛の選手が、相手サーバーの足下に沈めてくれる、ことをイメージしながら。

もし、青側の前衛に捕まったら、これはその場面で切り替えて守備。

相手は並行陣なので、相手前衛が触らないところを見て前に詰める、なんて悠長なことを言っている時間はありません。

実際の試合では、リターンを打つ瞬間にこれくらい前↓、にいても良いくらい。

そうすれば、自然と相手のサーブを打った選手、の視界にも入りますからね。

2.上手く2対1、のプレッシャーを作ることが大事

なるべくリターン側の前衛が動いて、相手のサーバーの視界に入る。

そこで、上手くリターンを足下に沈めることが出来れば、大きなチャンスになるはずです。

キーワードは、遅めのリターン。

速いリターンで攻撃したいところですが、これくらい前衛が前に詰めていたら、その前衛を使う感覚でリターンすれば良い。

速いリターンって、↓のように、前衛が前に詰める時間が無いんですよね。

前に詰めるような時間、を上手く作ることが並行陣を崩すリターンの肝。

自分で後ろから攻撃するより、ネットに近い仲間を使いましょう。

3.サーブ&ボレーの選手を、ノリノリにさせてはいけない!

何より、試合でこれが怖い。

サーブ&ボレー、が得意な選手は、乗って来ると手が付けられないですからね。

みなさんもそんな経験、あると思います。

リターン側の前衛が、サービスラインくらいにいると↓、どうでしょう?

もう、楽にクロスにファーストボレーが打てる。

視界も広がっていて、すごく良いイメージでプレー出来る。

こうなると、リターン側の後衛も良いボレーで押し込まれて苦しくなります。

ここに、しっかり割って入る↓勇気が大事です。

前に詰めて、センターに寄るだけで相手の視界に入れる。

そうなると、邪魔なんですよ、やはり。

邪魔だな・・・と、サーブを打った選手が感じてくれると・・・。

↓こんな感じで、強引なストレート、がサイドアウトしてくれるでしょう。

これはまさに、前衛がポーチで決めたのと同じ、いやそれ以上に価値のあるポイント。

プレッシャーをかけて、サイドアウトさせるのは前衛の醍醐味です。

男子ダブルスの試合では、これが出来ないと厳しい。

女子ダブルスの方でも、相手のセカンドサーブ、の場面ではどんどん仕掛けていきましょう。

気持ち良くファーストボレー、並行陣を作らせてはダメ。

リターン側の前衛、で仕事が出来るようになると、アナタはもう立派なダブルスプレイヤーです。

ピックアップ記事

  1. Zatous(ザータス)の大容量バッグインバッグは、ラケットバッグと相性ピッタリ…
  2. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  3. 第4回読者ミーティングは、「上級者男子ダブルス」がテーマです
  4. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ロブ

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「前衛がサインを出すペア」って、何を確認してるんだろう?

    ダブルスの試合で、前衛の選手がサーブを打つ選手にサインを出す。前衛…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合を勝ち抜くために、ペアで連動すべきポイントはどこか?

    ダブルスのコンビネーション、何となく分かるような、分からないような・・…

  3. テニス 言葉

    ダブルス

    後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず

    私は何度も、前衛はなるべくロブを後衛に負かせないで、スマッシュを打つ方…

  4. テニス ストローク

    ダブルス

    テニスのダブルスの試合で、ストレートロブからのチェンジ後は「前衛はセンターに絞る!」のが基本です

    ダブルスの雁行陣で試合を進めていると、前衛がロブで抜かれたときに少し変…

  5. テニス メンタル

    ダブルス

    「なぜアナタのダブルスは勝てないのか?」を考えると、試合中にペアに謝ることの無意味さに行き着く

    「ダブルスの試合、どうしても勝てないんです。。」というお悩みの声を、た…

  6. テニス ダブルス

    ダブルス

    雰囲気が悪くなるようなポイント後こそ、ペアで会話しないと

    ダブルスの試合で、一目で分かるペアの絆。それは、ポイントを失っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 気付き

    練習メニュー

    練習中のボールの拾い方一つでも、「ラケットワークの練習になる」ことを忘れない
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスの試合で、「ロブで抜かれてチェンジ!が遅い前衛」は、決断力と切り替えが遅…
  3. テニス ミス

    戦術

    午後のテニスの試合、は実は要注意な件
  4. テニス シングルス

    ストローク

    「ストロークでテイクバックが大きい」と現代テニスで通用しない5つの理由
  5. テニス 練習

    戦術

    アグレッシブベースライナー、はそもそも難しいプレースタイル
PAGE TOP