テニス リターン

シングルス

シングルスには、前衛がいないという事実

シングルスの試合で、ストロークのミスが多い人。

どこかで、ダブルスのような低いストロークになっていないか、チェックが必要。

ダブルスの試合に出てばかりで、たまにシングルス・・・という方は、軌道をチェックしておかないとミスの元。

そもそも、みなさんストロークの軌道って・・・どうでしょうか?

 

シングルスには、前衛がいないという事実

 


 

1.試合に勝ちたいなら、上げなさい

ストロークの軌道、です。

どうもやはり、まだまだストロークの軌道が低い方が多い。

特にシングルスの試合では、相手に前衛がいる訳ではありませんからね。

ネットの2倍、いやそれ以上の高さ、でも良いくらい。

とにかく高い軌道、で回転量の多いスピン、のボールでストロークは展開していくのが基本です。

もう一度言います、相手の前衛はいません。

だからこそ、高い軌道で、ちょうど良いんです。

 

2.低く速い軌道のストロークは、ただカッコイイだけ

みなさんも、練習ではこれに憧れる。

「おぉーーー」となるのは、分かります。

でも、どうでしょう。

低くて速いストロークは、試合では全く使えない。

ミスも多いし、相手も実は、打ち返しやすい。

高い軌道のストロークは、高く弾むし安定感がある、深く入る。

高い軌道のストロークって、それだけでプレッシャーがあるボールなんですよね。

 

3.相手に圧力のあるストローク、になっているのかどうか

回転量が多くて、高い軌道のストローク。

これを、アナタ自身相手から打たれたらどうでしょう?

かなり、圧力を感じて、プレッシャーになりますよね。

バウンドさせても・・・自分が下がるしかないし、とはいえ、ライジングではタイミングを取り辛い。

こういうボールこそ、シングルスで必要だと思いませんか?

私がお勧めなのは、まずバックハンド。

この軌道を思いっきり上げて、クロスにしっかり振り切る。

このショットこそ、アナタのシングルスの主軸になるショットになるはずです。

 

4.とにかく軌道高く、振り切ってコーナーを狙う

バックハンドストローク、しっかりとクロスに振り切る。

コーナーを狙って、アウトしても良いくらいで打つ。

軌道は高く、ネットの2メートル上を狙って、しっかり振り切る。

私は片手バックハンドストローク、ですが、片手の方もこのショットを練習しておくとシングルスは強いですよ。

高い軌道でも、しっかり振り切れば入ります、一番距離が長く取れるコースですから。

ぜひ、意識して練習してみて下さい。

 

何か、ストロークで軸となるショットが欲しい。

となれば、この軌道高めのバックハンドのクロス、しかないでしょう。

もちろんフォアハンドでも良いですが、狙いは相手のバックハンドに置きたいところ。

だからこそ、クロスで打つ、このコースが使えるんです。

相手コートに前衛はいない、だったらしっかり、高い軌道のストロークでいきましょう!

ピックアップ記事

  1. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  2. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  3. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  4. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  5. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合では、「自分はネット、相手はバックハンドストローク」

    とにかく今すぐ、シングルスの試合に勝ちたい!と思っているみなさ…

  2. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合で有効な、「クロスロブ」の精度を上げていこう

    シングルスの試合で、相手がガンガン前に出て来るタイプだったら・・・どう…

  3. テニス ストローク

    シングルス

    「相手のストロークがとにかく速くて対応出来ない!」ときに意識したい、4つのポイント

    対戦したときに、相手のストロークが速いと慌ててしまう。結果的に…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    意図的に浅いボールを打ってネットダッシュ、はシングルスで超絶使える基本パターン

    オムニコートでの試合、先日のインターハイをネットで観戦していたときに、…

  5. シングルス

    錦織選手が得意とする、フォアハンドのドロップショットからの展開を身に付けよう

    錦織選手が得意とする、シングルスの試合での基本戦術。フォアハン…

  6. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

    特に、シングルスの試合ですかね。毎回長い試合をものにしていくの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    ボレー

    相手が打つ度に、「毎回蓋を開けてビックリ」の前衛だと、そりゃ勝てないですよ
  2. リターン

    両手バックハンドリターン、肩をぶつけるつもりでアタックしよう
  3. テニス 練習

    練習メニュー

    「短い練習時間」でも、テニスが上達出来る人、出来ない人はココが違うと思う
  4. Q&A

    Q&A「テニスで普段の練習成果が、試合で全く出せません。なぜでしょうか・…
  5. テニス メンタル

    その他

    「自分のテニスを文章にすること」がなぜ重要なのか、を改めて問う4つの視点
PAGE TOP