テニス ダブルス

戦術

苦しい時に前に出る、選手が最後には勝利を手にする

試合の中で、苦しい場面。

みなさんは、それはどんな時だと思いますか?

相手のブレイクポイント、なんてまさにそうじゃないですかね。

0-40に追い詰められての、セカンドサーブなんて本当に辛い。

でも、そういう場面は試合で必ず訪れる。

だからこそ、必要なのは「結局、どうするの?」という強い意志。

アナタ自身、前に出ることが出来ていれば、必ず勝つチャンスは出て来ます。

 

苦しい時に前に出る、選手が最後には勝利を手にする

 


 

1.試合は迷ったり、苦しんだりの連続

テニスの試合は、色々なことを決断していかないといけない。

ショットのコース、陣形、戦術、たくさん自分で判断していかないといけないですよね。

シングルスなら、一人で考えて、決める。

それも、ポイント的に苦しいような場面、も多いじゃないですか。

リードされて、まさに相手が勝ちそうな場面、苦しいですよね。

でもそんなときに、どうやって最後あがけるのか。

勝てるチャンスを、少しでも手繰り寄せることが出来るのかどうか。

必要なのは、具体策です。

 

2.決して闇雲に前に出る、訳じゃない

私は、とにかく前に出る。

0-40のセカンドサーブでも、前に出ます。

こういうのは、決めてるんですよね、もう試合前に。

苦しくなったら、どうするのか、ということを。

自分が得意なネットプレーに打って出て、それで失点したらもうしょうがない。

納得がいくし、次に切り替えられる。

苦しい時に、前に出ること。

それは何も、ネットに出ることだけではありません。

その場から、離れてあえて自分からリスクを冒して攻撃すること、でしょう。

 

3.納得出来るかどうか、が試合の流れを決める

苦しい場面を、どう乗り切るのか。

これって、私はシンプルだと思いますよ。

要は、自分が納得できるかどうか。

「今のは落としたけど、やることはやったんだ!」と思えたら、次に切り替えられる。

苦しい場面で、何も出来ない、変化を興せないで終わると・・・どうでしょう。

どこか、自分に納得できない、自信も失う。

こういうプレー、で負けていく選手って本当に多いと私は思います。

苦しいときにこそ、自分から動く、前に出る。

このメンタルがあれば、負け試合だってひっくり返せるはずです。

 

4.最後まであがくこと、は醜いことじゃない

「そこまでして、勝ちたいのか・・・」

「もう、諦めれば良いのに・・・」

テニスの草トー大会でも、こういう観客の声ってどこかから聞こえて来そうですよね。

実際、苦しい場面で試合を投げない、というのは簡単なことじゃない。

最後まであがく、というのはどこか恥ずかしいような風潮もあるじゃないですか。

でも、それにはハッキリとNo!を突き付けましょう。

0-5 0-40だろうが、最後まで戦う、前に出る。

そうしないと、負けた後にもつながらないですからね。

 

苦しい時は、前に出る。

これは、私自身も常にコート外でも意識していることです。

調子が良い時、勝っている時には、誰でも簡単に前に出られるんですよ。

いかに、負けている時、苦しい時に、これが出来るかどうか。

アナタ自身の人生、にも、同じことが言えると思いますよ。

ピックアップ記事

  1. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス 打点

    戦術

    試合の逆転、はそのずっと前に布石がある

    テニスの試合、悔しい逆転の経験、みなさんもありますよね。される…

  2. テニス サーブ

    戦術

    全米オープンまでに学んでおきたい「ハードコートでのテニスの試合」の基本戦術5つ

    プロテニス界は夏から秋のハードコートシーズンへ。その一大イベン…

  3. 戦術

    「パワーショット受け身鍛錬術」テニスの試合で必要なディフェンス力を磨くには?

    テニスが強くなるということは、良いショットが打てるようになるということ…

  4. テニス ボレー

    戦術

    守るのが好き、それで良いじゃない

    私自身よく、言われたものです。「守ってばかりで、つまらないテニ…

  5. テニス メモ

    戦術

    記憶力が乏しい選手は、テニス選手として成長出来ない

    私たちの生活、以前と変わってきたこと・・・。年齢が30代の私が…

  6. テニス メンタル

    戦術

    真剣勝負のテニスの試合では、「ミスしようがナイスショットだろうが、次、次」と無表情が基本

    試合中に、出来るだけ意識したいこと。それは、相手に自分を悟られ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    「両手両足を動かさないサーブ」のメリットを考えてみると、アナタのサーブは改善でき…
  2. テニス サイト

    その他

    会場に着いたらざっと確認したい、「テニスの試合で必要な準備」7つ
  3. テニス 格上相手

    メンタル

    セルフジャッジの試合では、「自分がミスショットしたときに、声を出さない」相手がア…
  4. テニス 部活

    シングルス

    シングルスの試合の中で、「技術はあるのに、先にミスして自滅していく人」に共通する…
  5. リターン

    リターンは脇を締めるから、素早いターンが出来て安定する
PAGE TOP