ボレー

ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。

ネットに詰めることが出来ているのに、なかなか決められないという時。

知らないうちに、こうなってしまっている方も多いと思います。

ネットに詰めた時にこそ、この基本を意識して実践していきましょう。

 

ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

 


 

1.正面向き、ではコントロール出来ないのがテニス

テニスでは、これが基本です。

正面向き、では何もコントロール出来ない。

上半身だけでも、少しだけ横向きを作らないと、テニスではボールをコントロール出来ないんです。

でも、試合の中で得点したい、緊張した場面では身体が「正面向き」になってしまう。

これは、相当意識を強く持っておかないとダメ。

何も考えないで試合をしていると、絶対に身体は前を向いてしまうんです。

 

2.最後は、フォアボレーかバックボレー

これを、忘れてしまうこと、がよくあります。

試合の中で、ネットに詰めると・・・最後、よく分からなくなってしまう。

正面向きでボレーしてしまう人は、フォアかバックか、その決断が出来ていない人が多い。

優柔不断で、どっちかに決められないんですよね。

結果的に中途半端なプレーになって、ミスしてしまう。

「あと少しで、決められたのに・・・」と思っているかもしれませんが、あと少し、じゃない。

致命的に、決断力が無いということに、気付けていないんです。

 

3.上半身で肩を入れる、だけで充分

ボレーでは、とにかく時間が無いですから。

少し肩を入れるだけで、かなり精度の高いボレーが打てるはずです。

とにかく、反射的にこのプレーが出来るかどうか、です。

上半身で肩を入れる、横向きを少し作ること、をネット際で冷静に出来るかどうか。

「決めないと!」と思うとつい、打つコースを見てしまう癖があると思います。

これは、普段の練習から、徹底して実践しないとダメです。

 

4.横向きを作れば、頭も冷静になれる

実際、冷静にネット際で打てる人は強い。

試合慣れしている人は、この少しの横向きをボレーで作ることで、冷静になれるんですよね。

苦手意識がある人ほど、相手コートを見たいから、正面向きになる。

結果的に、ミスしてしまう。

横向きを作って、横眼で相手コートを見るからこそ、冷静になれるしボレーの精度も上がる。

ぜひ、試合で試してみて下さいね。

 

本当に、ちょっとの差なんですけどね。

ネットに詰めて、横向きで入れるかどうか。

打てるコースの広がり、冷静さ、を持ちたいなら、これが大事。

繰り返しますが、ネットに詰めた時こそ、テニスは冷静に。

強打ではないボレー、で決めていく基本はしっかり、養っていきましょう。

ピックアップ記事

  1. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  2. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利
  3. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. ボレー

    試合では、ランニングボレーが基本なのに・・・

    ボレーを練習していても、試合で使えない人。もしくは、ミスしてし…

  2. ボレー

    バックバンドボレーの基本を見直すなら、「基本の構えと触るボールの箇所」を徹底しよう

    今年の4月からテニスを始めて、約半年くらいの方。色々と悩みはあ…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

    今回も、私が試合で実際によく使う手をご紹介します。ダブルスの試…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの前衛でのポーチボレー、まさかの「ロブボレー」なんてどうでしょう?

    今回は、ちょっとした裏技を。ダブルスの試合で、ポーチボレーが決…

  5. ボレー

    ドライブボレーは、相手の心を打ち砕く

    私が今、社会人やシニア、ベテランのみなさんに覚えて欲しい技術。…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    テニス初心者でも理解しておきたい、「グリップを握る強さ」について

    勘の良い人は、気付いているこの件。グリップを握る強さ、皆さんは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」、試合に勝てるサーブの考え方とは?
  2. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強く…
  3. テニス ストローク

    メンタル

    テニスの実力差というものは、「テニスコート上の現場」で変化し続ける
  4. テニス ストローク

    ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手に…
  5. サーブ

    ファーストサーブが入らない、本当の理由
PAGE TOP