サーブ

実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい

試合でサーブが入らない。

入っても、簡単に叩かれてしまう・・・と、悩んでいる人は多いと思います。

私自身が、この悩みを解消した方法、みなさんのヒントにもなればと思い書いてみたいと思います。

やり方はすごく簡単。

サーブで良い、と思われていることに疑問を持って、自分で考えてみれば道は見えて来るはずです。

 

実は、少し低い打点の方がサーブは回転をかけやすい

 


 

1.サーブの打点、低めが良い!

私自身、これを最近すごく感じています。

実は、サーブの打点は少し低いくらいが良い。

「なるべく高いところで」というのは、私はあまりお勧めできません。

もちろん、頭よりは高い位置で打ちますが、伸び切ったような打点で打っても力は入りません。

それに、回転をかけることも出来ない。

だったら、打点の高さを少し低くする、方が試合向きのサーブが打てると思いませんか?

 

2.試合で使えるサーブは、上に打ち上げていくサーブ

何度か書いて来ましたが、上から抑えるようなサーブは入らない。

しっかり、上にボールを打ち上げる、山なりのサーブが試合では使えるサーブになります。

そう考えると、少し低い位置に打点を作って、そこからラケットを振り上げる、下半身を使って上に伸びていく。

こういうサーブ、の打点の方が回転がかけやすい。

力も入るし、当たった後にラケットが上に抜けていく感じがあるんですよね。

試合でサーブが入らない時って、無理に打点を高くしようとして、伸び切って前につんのめっているような感じ、だと思います。

 

3.腕はしっかり、上に振ることが大事

ただ、打点を低くすると、問題が出て来ます。

それは、フォーム全体が小さくなってしまうこと。

これでは、良いサーブは打てない。

ですから、打点は少し低めでも、腕をしっかり伸ばして振ること、は大事です。

打点で打った後、に大きく伸びていく感じですね。

この伸び、が無い人はなかなかサーブが安定しない。

振り切れないので、回転もかからないのでフォルトが増えていくだけでしょう。

 

4.ボールを捕らえる時点では、ラケットヘッドは横向き

サーブを打つ打点、ではまだラケットは立っていない。

特に、スピンサーブはそうですね。

打点ではまだラケットは少し寝た状態で、そこからボールを捕らえて、一気にラケットが起き上がっていく。

このラケットが起き上がる動き、で良い回転がかかるんです。

サーブをリラックスして打てる人は、しっかり脱力してラケットの先が下に落ちてくれますからね。

この一瞬の脱力、があるからこそ、低めの打点が活きて来る。

ぜひ、併せて意識してみて下さい。

 

良い打点=高い打点、だと無理が出て来る。

良いサーブは、回転がしっかりかかって山なりのサーブ、ですからね。

これを成し遂げる為には、アナタ自身打点の高さを探していかないと。

その時にきっと、「低め」という要素は、アナタ自身のキーワードになるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    前足、後ろ足、前足、のリズムがサーブの基本

    サーブを打つ時に、自分のフォームがちぐはぐに感じる方。一度、こ…

  2. サーブ

    相手がリターンで何を待っているのか、をサーブ側で感じ取ろう

    サーブを打つ前に、しっかり相手を見る。私は、これが大事なことだ…

  3. テニス サッカー

    サーブ

    高校サッカーを観ていて感じたこと、「テニスのサーブ」って・・・

    私は毎年高校サッカーが好きで、年末年始はよく観ています。何気な…

  4. テニス ストローク

    サーブ

    サーブに必要な下半身の土台は、「トスを低め」にすることで安定する可能性が大

    サーブを打つ時に、実力を測るには「下半身の土台」が一つの指標になる。…

  5. テニス メンタル

    サーブ

    「今すぐ、サーブの威力をアップさせたい!」人は、一度この呼吸法を試して欲しい

    サーブの威力を強くしたい!と、思っていない人はいないと思います…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスを強くなりたければ、必ず「上」に強くなる必要がある
  2. テニス 客観視

    サーブ

    ネットの高さより、審判台の高さを狙うのがナイススピンサーブ
  3. テニス ボレー

    その他

    「自分を知れば、自分の強みが見えてくる」ために、テニスでは他人の視点が必要です
  4. テニス ロブ

    サーブ

    崩すサーブで充分、なのになんで強打に走るんだろうか
  5. テニス ボレー

    ボレー

    「ボレーに必要なのは、センス?」では無く、むしろその逆です
PAGE TOP