テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝

シングルスの試合で、なかなか攻撃しきれない人。

それは、自分のショットが弱いから?

いや、そうでも無いと思いますよ。

ダブルスの試合もそうですが、どこで自分のギアを上げて攻撃をテンポアップしていけるのか。

この問題に真剣に取り組めば、今のアナタ自身のショットでも充分に試合を優位に進めることが出来るはずです。

 

シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝

 


 

1.自分のショットばかり、気にしてない?

アナタ自身が、良いショットを打っているのかどうか。

それを、勝手に自分で判断しても試合ではなかなか勝てない。

ナイスショットと思っていても、相手に効いていなかったり。

その逆で、ミスショットだと思っているショットが、相手にとって脅威になっていたり。

大事なのは、「相手をどの程度追い込んでいるのか?」をしっかり感じること、でしょう。

特にシングルスの試合では、ネットに出てポイントを取る機会も増やしたいですからね。

どこをチェックするのか、予めしっかり意識しておきましょう。

 

2.まず、グリップチェンジをさせているのかどうか

相手が、スピンからスライスになる。

これが、一つのサインですよね。

特にバックハンドを攻撃して、相手がスライスになったらこれはチャンス。

相手が守備に重点を置いて、切り替えてきたと思って良いでしょう。

出来れば、そのスライスで時間を作らせたくない、前で触ってボレーしたい。

相手がグリップを握りかえる、このタイミングをしっかり見定めていく必要があるでしょう。

 

3.スライスに切り替えるのは、相手が逆を突かれたタイミング

みなさんも、そうだと思います。

逆を突かれたら、グリップを薄くして守備に徹する。

まずい!と思って走りますよね。

シングルスの試合なら、アナタ一人しかいないですから。

その瞬間、を見逃してはいけない。

逆を突いたこと、に速く気付ければ、相手のスライスを前で触ることが出来る。

これが出来るかどうか、がシングルスの試合は大事なんです。

相手に安易に粘らせてはいけない、スライスで時間を作ろうという意図を、粉砕しないといけないんです。

前に出て触る、ことが出来れば相手のスライスは攻撃しやすい、のがテニスです。

 

4.スライスで速いパッシングショットは、無い

これは難しいですから。

スライスのグリップで、速いパッシングショットは打てない。

だからアナタ自身が前に出れば、ボレーで更に攻撃していきやすい。

ロブ、または足下に沈めて来るようなショット、を相手は打って来るでしょう。

足下に打たれたら、慌てないで浅いドロップボレー、で更に相手を走らせていく。

どんなボールが来そうか、常にイメージしながらネットに出ること。

これがシングルスでも、ポイントになりますね。

 

シングルスの試合で前に出れない人は、結局こういうところを見ていないから。

ずっと後ろで打ち合っても、なかなか打開できない試合は多いはず。

相手の逆を突く、スライスになるタイミングをしっかり見定めること。

自分のショットの精度は、相手が決める。

これだけは、覚えておいて下さいね。

ピックアップ記事

  1. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  2. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. これからの冬のテニスに最適な、ネックウォーマー4選

関連記事

  1. テニス ストローク

    シングルス

    相手のミス待ちの選手から、試合を動かせる選手に変わっていくには、何が必要?

    今、試合に出ながら「壁」にぶつかっている方。特にシングルスで、…

  2. テニス 雨

    シングルス

    長い試合に慣れている人は、後半にペースを上げることが出来る

    特に、シングルスの試合ですかね。毎回長い試合をものにしていくの…

  3. テニス サーブ

    シングルス

    シングルスの試合では、「ナイスサーブ!」こそ、浅いリターンをケアしておかないとダメ

    シングルスの試合、最高に良いサーブがコーナーを突いて入る。でも…

  4. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合で、「ただひたすら、後ろで粘るだけの相手」に負けたくなければ、必要な4つの技…

    シングルスの試合、勝ち上がるには必ず超えないといけない壁が「シコラー相…

  5. テニス フェデラー

    シングルス

    「SABR」戦術に見る、フェデラー選手の変化できる凄みとは?

    今年の全米オープンは、男子はジョコビッチ選手の優勝で幕を閉じました。…

  6. テニス ストローク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ストローク

    戦術

    センターセオリーを軸に置いて、常にアングルを狙うこと
  2. テニス 走力

    サーブ

    テニスの試合で、「身長が低いけど、とにかく足が速い選手」を相手にしたときに、有効…
  3. テニス メンタル

    その他

    試合会場で気になる、「テニス界で応援時に気を付けたいマナー」について考えてみる
  4. テニス メンタル

    メンタル

    テニスで悔しさを覚えない選手を、強くすることは出来ない
  5. テニス フットワーク

    シングルス

    「走れないからシングルスの試合には出ない?」そんな人ほど、ダブルスの試合も走れて…
PAGE TOP