テニス ストローク

シングルス

シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝

シングルスの試合で、なかなか攻撃しきれない人。

それは、自分のショットが弱いから?

いや、そうでも無いと思いますよ。

ダブルスの試合もそうですが、どこで自分のギアを上げて攻撃をテンポアップしていけるのか。

この問題に真剣に取り組めば、今のアナタ自身のショットでも充分に試合を優位に進めることが出来るはずです。

 

シングルスの試合では、相手を追い込んだかどうかの瞬時の判断が肝

 


 

1.自分のショットばかり、気にしてない?

アナタ自身が、良いショットを打っているのかどうか。

それを、勝手に自分で判断しても試合ではなかなか勝てない。

ナイスショットと思っていても、相手に効いていなかったり。

その逆で、ミスショットだと思っているショットが、相手にとって脅威になっていたり。

大事なのは、「相手をどの程度追い込んでいるのか?」をしっかり感じること、でしょう。

特にシングルスの試合では、ネットに出てポイントを取る機会も増やしたいですからね。

どこをチェックするのか、予めしっかり意識しておきましょう。

 

2.まず、グリップチェンジをさせているのかどうか

相手が、スピンからスライスになる。

これが、一つのサインですよね。

特にバックハンドを攻撃して、相手がスライスになったらこれはチャンス。

相手が守備に重点を置いて、切り替えてきたと思って良いでしょう。

出来れば、そのスライスで時間を作らせたくない、前で触ってボレーしたい。

相手がグリップを握りかえる、このタイミングをしっかり見定めていく必要があるでしょう。

 

3.スライスに切り替えるのは、相手が逆を突かれたタイミング

みなさんも、そうだと思います。

逆を突かれたら、グリップを薄くして守備に徹する。

まずい!と思って走りますよね。

シングルスの試合なら、アナタ一人しかいないですから。

その瞬間、を見逃してはいけない。

逆を突いたこと、に速く気付ければ、相手のスライスを前で触ることが出来る。

これが出来るかどうか、がシングルスの試合は大事なんです。

相手に安易に粘らせてはいけない、スライスで時間を作ろうという意図を、粉砕しないといけないんです。

前に出て触る、ことが出来れば相手のスライスは攻撃しやすい、のがテニスです。

 

4.スライスで速いパッシングショットは、無い

これは難しいですから。

スライスのグリップで、速いパッシングショットは打てない。

だからアナタ自身が前に出れば、ボレーで更に攻撃していきやすい。

ロブ、または足下に沈めて来るようなショット、を相手は打って来るでしょう。

足下に打たれたら、慌てないで浅いドロップボレー、で更に相手を走らせていく。

どんなボールが来そうか、常にイメージしながらネットに出ること。

これがシングルスでも、ポイントになりますね。

 

シングルスの試合で前に出れない人は、結局こういうところを見ていないから。

ずっと後ろで打ち合っても、なかなか打開できない試合は多いはず。

相手の逆を突く、スライスになるタイミングをしっかり見定めること。

自分のショットの精度は、相手が決める。

これだけは、覚えておいて下さいね。

ピックアップ記事

  1. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  2. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. 「第3回 読者ミーティング」を開催します
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. シングルス

    シングルスでネットに出るのが、怖い方に

    シングルスでも、ネットに出ましょう!と、言い続けて来ましたが、…

  2. テニス ポジショニング

    シングルス

    シングルスでのネットプレー、ファーストボレーはどんなイメージ?

    シングルスの試合でも、ネット二出ましょう!と、私は何度か言い続…

  3. テニス ボレー

    シングルス

    シングルスの試合、「サーブ&ボレーを決めたい!」人に贈る、4つの重要ポイント

    シングルスの試合では、自分一人の戦い。何か変化を付けたいときは…

  4. テニス ストローク

    シングルス

    バックハンドは「クロスに振り切る!」と決めておくだけで、シングルスの試合は楽に戦える

    シングルスの試合で、やはり鬼門となるのはバックハンド。当然、相…

  5. シングルス

    テニスの試合では、「前のスペースを潰す」ことにもっと神経質になろう

    テニスの試合では、意外と見落とされているけど大事な要素がある。…

  6. テニス ストローク

    シングルス

    シングルスの試合でネットに出るアプローチショットは、打った後のポジショニングが大事

    シングルスの試合、私は何度も「ネットに出よう!」と書いてきました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスの試合、自分の中で「抑揚」の作り方について
  2. スマッシュ

    試合でのセンターロブは、「迷わず相手コートのセンター方向」にスマッシュを打ち抜い…
  3. 戦術

    間を嫌う、というタイミングは必要
  4. その他

    「コーチとの出会いに感謝」本当にテニスを強くなるのに必要なアドバイスとは?
  5. テニス ミス

    その他

    「思っていること、感じていることを言わない」という日本人らしさは、テニスコート上…
PAGE TOP