テニス ダブルス

ボレー

ダブルスの並行陣に必要な「ローボレーを安定して深く返球する」為のポイント5つ

テニスのダブルスで2人がネットに出てプレーする、並行陣の陣形。

テニススクールでは中級クラス以降の人が練習しているイメージがありますが、しっかりと深いボレーが打てれば相手のミスを誘えるので、実はストローク主体の高校生・大学生の方にもお勧めしたい作戦です。

とは言え、「ボレーは苦手、特にローボレーが。。」という方も多いはず。

基本的なことから実践的な技術まで、一度確認してみましょう!

 

ダブルスの並行陣に必要な「ローボレーを安定して深く返球する」為のポイント5つ

 

1.目線がネットの白帯の高さになるくらいの低い態勢キープ

まずは、大前提としてボレーヤーには低い態勢が必要です。

特に並行陣では、前衛も後衛もしっかりと目線を落として、胸を張って相手のストロークに備えないといけません。

態勢が低いと、ラケットヘッドを立ててボールの横を捕えることができるので、サイドスライスでボレーを安定して深く返すことができます。

その際には、打つ方向に身体が向かないように、必ず横向きを作るように意識しておいて下さい。

 

2.スライスボレーで回転量と安定感をアップ

現代テニスでは、特にストローク力が脅威的に向上しています。

ある程度上のレベルになれば、全てのボールは鋭く沈められる。

ショートクロスやトップスピンロブに対抗する一番の手段は、相手の打つストロークの打点を低くさせること。

低い位置からは、ボールを上に飛ばすしかありませんので、必然的に速度は緩くなりますしネットに詰めて決めやすいボールが来る可能性も高くなります。

スライスの安定したボレーで、相手の打点は低くしてリスクを負わせることを意識しましょう。

 

3.ラケットを動かし過ぎない、余裕があれば足を動かして調整

並行陣、特にネットプレーに慣れていない人の共通点としては、「ラケットを動かし過ぎる」ことが挙げられます。

確かにチャンスを決めたい!という気持ちも大きくなるのですが、そこは我慢が必要。

安定した深いボレーには、シンプルなラケット動作が最も適しています。

その代わりに、余裕があるときには大きなスタンスで足を前に出していきましょう。

そのときにも、必ず横向きはキープして目線をボールに残すこと。

目線を残せばスライス回転もしっかりかかりますので、軌道が安定して粘りのボレーが身に付きます。

 

4.並行陣では2人のポジショニングを常に確認する

結論から言うと、「サイドを空けてセンターをふさぐ」のが並行陣の大前提です。

サイドを抜かれたくない意識が強いと、一番の弱点であるセンターを突かれて安定感が無くなってしまいます。

センターはネットが低い、サイドは高い、これだけで相手にとってはかなりのリスクになります。

深いボレーを返球していれば、サイドを抜かれることはそうありません。

それよりも2人の距離を縮めて、常に連動して動けるように意識を強く持ちましょう!

 

5.ハーフボレーも練習しておけば完璧!

安定したボレーを返球し続けるのは、並行陣の後衛に絶対必要な役割です。

とは言え、並行陣の後衛はサービスライン付近に立ってますので、ネットとの距離がありハーフボレーを打つ機会も増えてきます。

ハーフボレーになると、急に慌ててアゴが上がる人が多いので注意しましょう。

コツとしては、「タ・タン」のライジングのリズムを掴むこと。

ボールがバウンドする前からラケットをコンパクトに動かし始めれば打点を前に取れますので、試してみて下さい。

 

並行陣は「攻撃的」というイメージが強いかも知れませんが、実はそうではありません。

自分達はリスクを冒さず、体力も消費せず、相手にリスクを冒させて体力も消耗させる戦術です。

そしてこの深い安定したボレーが身に付けば、必ずシングルスの試合にも活かされるようになりますので、ぜひトライしてみてください。

ボレーはチャンスを決めるだけ・・・という意識では、実は相手にとっては試合をやりやすい相手になっているかも知れません。

じっくりボレー磨いて、試合でも並行陣を使っていきましょう!

ピックアップ記事

  1. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  2. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  3. 【読者の皆さまへ】アンケートのお願いです
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    自分がネットに出たときに「ボディ正面を突かれたとき」の為に、対処ボレーを覚えておくと便利!

    ネットプレーに苦手意識のある方の多くが、「身体の正面」に来たボールの処…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    打ち終わりをコンパクトにする、ことが実戦向けのテニスへの第一歩

    実戦向きのテニスと、そうでないテニス。色々な要素はありますが、…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    テニスで「どうしてもポーチに出れない・・・」と感じているアナタへのヒント5つ

    パートナーがせっかく後ろで頑張っているのに、どうしてもポーチに出れない…

  4. テニス リターン

    ボレー

    実はバックボレーは武器になる、ことを証明します

    どうしても、苦手意識が強くなりがちなバックボレー。でも、私はそ…

  5. テニス ロブ

    ボレー

    ボレーでボールをコントロール出来る人は、「ここに来たら、こう返す」を決めて待てる人

    ネットに出ると、テニスの試合は急にテンポが上がる。その中で、ボ…

  6. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの試合で「速いボールに対しても、安定感あるボレー」を継続する為に気を付けたい、手首の角度とは?…

    安定感のあるボレー、試合で使えるようになると「ネットに出よう!」という…

特集記事

  1. テニス 格上相手
  1. その他

    「今年こそしっかり目標を立てて、テニスを強くなりたい!」と考える人に贈る、正しい…
  2. テニス メンタル

    戦術

    自分のミスが多くなる予兆を知っておけば、試合で大崩れすることは少ない
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験して…
  4. テニス ボレー

    ボレー

    「あえて、前に踏み込まない」ボレーを鍛えておくと、粘り強いネットプレーヤーになれ…
  5. テニス メンタル

    その他

    「何が何でも、この試合に勝ちたい」と言葉では口に出来ても、実践出来ている人は少な…
PAGE TOP