テニス ボレー

ボレー

低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい

ボレーは少しだけ、スライス回転をかける。

確かに、これは硬式テニスの基本。

ラケット面を上向きにして、スライスをかけて相手を追い込んでいく。

でも、低い位置でのボレーでこれを意識し過ぎてしまうと、実は難しい。

相手のチャンスボール、のような返球になるケースも多いんです。

 

低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい

 


 

1.低い位置のボレーで、怖いのは?

やっぱり、ボールが浮いてしまうこと。

自分の返球が浮いてしまって、相手の前衛に決められたりすること、ありますよね。

特に、レベルが上の試合ではこれは致命的な欠点になります。

相手の低い位置でのボレーの力量を見て、配球を考えて来ますからね。

ローボレーを浮かせて来る、ことに気付かれたら、きっとどんどん狙われてしまう。

ポイントは、「スライス回転を意識して、浮いてしまう」ボールにしないこと。

ちょっと勇気が要りますが、あえてフラット気味に当てるのが良い方法です。

 

2.直線的なボール、で高さを抑える

私の感覚では、膝より低いボールはフラットで良い。

厚い当たりにして、スライスはかけない。

その代わり、直線的なボールにして、浮かないようにする。

もちろん、ネットするのが怖いというのはあります。

でも、安全圏で勝負しても、低い位置でのボレーの時点でこちらが劣勢ですから。

上を使うなら、ハッキリとロブボレー。

そうじゃなければ、フラット気味で押し出すようなボレー、にしてしまう。

この方が、高さを抑えられて相手の攻撃も抑制出来る。

より実戦的なプレーが出来るはずです。

 

3.打点はしっかり、身体の前

ただし、これが大事。

大原則です。

身体の前、でさばく意識を強く持つこと。

身体の横になってしまうと、手首を痛めますしコントロール出来ない。

しっかりとボールを打点の後ろから見れるくらい、の場所でボールを触ることが大事です。

そうすれば、踏み込まなくても全然大丈夫。

パン、パンと身体の前で弾いていくような感じ、でいきましょう。

 

4.まずはボレーボレーの練習から!

しっかり、低い位置でのボレーボレー、から練習していきましょう。

みなさん、ネットに近づき過ぎてないですかね?

ネットが近いと、低い位置のボレーなんて打てない。

しっかりネットから離れて、サービスライン同士くらいの距離感で練習しましょう。

その時に、フラットに当てる、スライスをかけない、というのを意識してみて下さい。

浮かない、直線的なボレー。

それをアウトしないようにコントロールするのは、どうすれば良いのか。

試行錯誤の先に、試合で使えるローボレーが身に付くはずです。

 

スライスって、やっぱり浮いちゃうんですよ。

打点が高ければ、上から抑えられるんですけど、ローボレーはそれ自体が上から打点に入り辛いですから。

すくい上げるようなボレー、にはならないように。

しっかり意識して、練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  2. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  3. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ
  4. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  5. テニスの試合に持参するジャグボトルは、「サーモス スポーツジャグ 1.9L」くら…

関連記事

  1. テニス ストローク

    ボレー

    試合に勝ちたければ、「角度を付けるボレー」を打つ勇気を持つこと

    試合で勝つために、必要な技術。たくさんあるようで、実はそれほど…

  2. テニス テニスノート

    ボレー

    つないでいるボレーが相手の脅威になる、のが理想じゃないですか?

    試合の中で、「ラクに勝てたなー」という試合。振り返ってみて、み…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    ネットプレーを入れようとしたけど、アプローチが甘くなった!その時は・・・?

    試合の中で、ネットに出ようと思ったけど・・・アプローチが浅い!甘くなっ…

  4. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で本当に強い前衛は、ポーチボレーの後にも全く隙が無い

    ダブルスの試合で、前衛がポーチに出る。ここまではよく観る光景で…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ダブルスの試合ここ一番で、「ポーチをしっかり決め切る」には、ラケットヘッドを立ててネットに近づくこと…

    ダブルスの試合、自分が前衛で後衛がストロークに頑張っていれば、「なんと…

  6. テニス ボレー

    ボレー

    正面に来たボレーを、「バックハンドでさばく」メリット5つ

    ボレーが上手い人は、バックボレーの使い方が上手い。試合の中で、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う
  2. ストローク

    ストロークで深さを出したいなら、「軌道の頂点」はネット上より相手寄り
  3. テニス 準備

    ストローク

    テニスの試合でも練習でも必要な「ブロック」の技術を身に付けるポイント5つ
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスにおけるフットワークの基本中の基本、「ボールに近い側の足から反応させる」こ…
  5. テニス 練習

    その他

    「2015年 インターハイ テニス で見た新たな潮流」高校テニス界は変わり始めた…
PAGE TOP