テニス ボレー

ボレー

低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい

ボレーは少しだけ、スライス回転をかける。

確かに、これは硬式テニスの基本。

ラケット面を上向きにして、スライスをかけて相手を追い込んでいく。

でも、低い位置でのボレーでこれを意識し過ぎてしまうと、実は難しい。

相手のチャンスボール、のような返球になるケースも多いんです。

 

低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい

 


 

1.低い位置のボレーで、怖いのは?

やっぱり、ボールが浮いてしまうこと。

自分の返球が浮いてしまって、相手の前衛に決められたりすること、ありますよね。

特に、レベルが上の試合ではこれは致命的な欠点になります。

相手の低い位置でのボレーの力量を見て、配球を考えて来ますからね。

ローボレーを浮かせて来る、ことに気付かれたら、きっとどんどん狙われてしまう。

ポイントは、「スライス回転を意識して、浮いてしまう」ボールにしないこと。

ちょっと勇気が要りますが、あえてフラット気味に当てるのが良い方法です。

 

2.直線的なボール、で高さを抑える

私の感覚では、膝より低いボールはフラットで良い。

厚い当たりにして、スライスはかけない。

その代わり、直線的なボールにして、浮かないようにする。

もちろん、ネットするのが怖いというのはあります。

でも、安全圏で勝負しても、低い位置でのボレーの時点でこちらが劣勢ですから。

上を使うなら、ハッキリとロブボレー。

そうじゃなければ、フラット気味で押し出すようなボレー、にしてしまう。

この方が、高さを抑えられて相手の攻撃も抑制出来る。

より実戦的なプレーが出来るはずです。

 

3.打点はしっかり、身体の前

ただし、これが大事。

大原則です。

身体の前、でさばく意識を強く持つこと。

身体の横になってしまうと、手首を痛めますしコントロール出来ない。

しっかりとボールを打点の後ろから見れるくらい、の場所でボールを触ることが大事です。

そうすれば、踏み込まなくても全然大丈夫。

パン、パンと身体の前で弾いていくような感じ、でいきましょう。

 

4.まずはボレーボレーの練習から!

しっかり、低い位置でのボレーボレー、から練習していきましょう。

みなさん、ネットに近づき過ぎてないですかね?

ネットが近いと、低い位置のボレーなんて打てない。

しっかりネットから離れて、サービスライン同士くらいの距離感で練習しましょう。

その時に、フラットに当てる、スライスをかけない、というのを意識してみて下さい。

浮かない、直線的なボレー。

それをアウトしないようにコントロールするのは、どうすれば良いのか。

試行錯誤の先に、試合で使えるローボレーが身に付くはずです。

 

スライスって、やっぱり浮いちゃうんですよ。

打点が高ければ、上から抑えられるんですけど、ローボレーはそれ自体が上から打点に入り辛いですから。

すくい上げるようなボレー、にはならないように。

しっかり意識して、練習してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 急激に乾燥する季節に、喉とオーラルケアは欠かせない
  4. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  5. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない

関連記事

  1. テニス コントロール

    ボレー

    テニスの試合で「ボレーが安定しない人」のほとんどに共通するのは、両手の距離感の問題

    ソフトテニスを経験していた方は、とてもパンチ力のあるボレーを打ってきま…

  2. ボレー

    ドロップボレーは、反応で打てるようになろう

    試合でキレイに、ドロップボレーを決める。来年こそ、ダブルスの…

  3. テニス ストローク

    ボレー

    安定感のあるテニスのリズムは、「ボレーはゆっくり、ストロークは速く」という速度のイメージが大事

    学生の皆さんの部活の練習を見ていると、ストローク同士のラリーはとてもレ…

  4. テニス メンタル

    ボレー

    試合中の「ネットプレーでのミス」を、相手は絶対引きずっている

    「あ、これは楽になるな・・・」と思うのは、こういう場面。皆さん…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    片手バックハンドボレーで、パンチ力が欲しいなら?

    ボレーの中で、バックハンドボレーが「なかなか飛ばない」と感じている人。…

  6. ボレー

    ネットに詰めた時こそ、正面向きでは何も出来ない

    ボレーでの決定力を上げていきたい、と考えているみなさん。ネット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 戦術

    シングルス

    シングルスの試合でミスが早い人は、オープンコートを意識し過ぎかも
  2. テニス ストローク

    リターン

    テニスの試合で勝てる、「リターンでの反応を誰よりも速くする!」ための練習方法、教…
  3. サーブ

    テニスの試合、「山なりでスピンスライスのワイドサーブ」を身に付ければ、相手をコー…
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ネットより低い位置からのボレーでは、「絶対にボールにスピードを出してはいけない」…
  5. テニス ミス

    リターン

    高速サーブを前衛がセルフジャッジする、簡単なコツとは?
PAGE TOP