テニス知識

KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」をサポートしよう

みなさんは、テニスを続けている中で怪我に苦しんだとはありませんか?

私は、大きな怪我と言えば足首の捻挫くらい。

でも、その足首をかばうようにして、膝を痛めてしまった経験があり、今でも膝はちょっと気になることも多いです。

テーピングで固めるほど痛くなることは無いんですが、何かサポートが欲しい・・・時には、このグッズが便利です。

 

KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」をサポートしよう

 

1.テニスは膝を酷使する競技

テニスって、本当に膝への負担は大きいですよね。

前後左右へのダッシュ、それから急停止、これの繰り返しですから。

ハードコートのように反発力があるサーフェスもあれば、クレーやオムニのように滑るコートもある。

これらに順応していくのって、本当に大変。

それに、年齢を重ねていけば膝回りの軟骨、半月板は確実にすり減って来ますから、急に痛みを伴うようなこと、も増えていくでしょう。

テニスの試合に出ている人こそ、膝のケアって大事だと思います。

 

2.ガチガチに固めても、逆に動けない

私も、本当に痛い時には固めるようにしていました。

サポーターを付けても・・・あまり痛みは軽減されなかったんですよね。

そんな時は休むのが一番ですが、この KT TAPE(ケーティーテープ) は 幅広いプレイヤーにオススメのアイテムです。

出典:amazon

 

 

3.KT TAPEとは

最大3日間快適に着用でき、さらには水にも強く、ラテックスフリーで皮膚への刺激も少ない特殊なテーピングです。

ガチガチに固める訳ではなく、あくまで膝の稼働をサポートしてくれる。

テニスの動きに必要な曲げ伸ばし、を効果的にサポートしてくれるので、サーブやスマッシュといった膝を曲げてコートをキックする動き、がよりスムーズになることが期待出来ます。

テニス界では、あのダブルスの名手ブライアン兄弟も肘サポーターとして、愛用していることで有名です。

KT TAPEはテーピングサポートにより、アスリートたちがケガなどを気にせずにプレイに集中できるよう、北京オリンピックの年の2008年に設立。

KT TAPEは、カテゴリリーダーとして、米国で最も普及しているキネシオロジーテープブランドであり、世界40カ国以上で販売。

ジェームス・ハーデン、ケリー・ウォルシュ、メブ・ケフレジギ、ケリー・ストラグ、ブライアン兄弟、トニー・アゼベド、アデリン・グレイ、サラ・ハマー、ヘイリー・アンダーソン、ボリス・ベリアン、タッカー・デュプリー、メリッサ・ストックウェル、ジョー・ベレニー、モリー・ハドルやオクサナ・マスターズなどの著名なオリンピック選手やパラリンピック・アスリートたちがKT TAPEを愛用し、支持している。

KT TAPEは、米国オリンピックおよびパラリンピックのチームの公式キネシオロジーテープであり、、米国の体操、陸上競技、サッカー、サイクリング、トライアスロン、レスリング、およびラグビーの7種のオリンピックスポーツの協会や団体の公式のスポンサーでもある。

出典:amazon

 

特徴としては、膝の内側と外側からしっかりと種類の違うサポートを施すことが可能、という点。

テーピングやキネシオの知識が無くても、簡単に装着が可能です。

・ひざ外側のサポート

ひざ外側を強力にサポートするよう設計。

FreeFlex内蔵の強化テープが、ランニング、サッカー、フットボール、テニス、ゴルフ、重量上げ、フィットネス、ピラティス、ヨガなどの運動中、ひざの安定性をサポートする。

出典:amazon

 

・ひざ内側のサポート

FreeFlex無しのテープは、ひざを内側からサポートするために必要。

外側のひざが強力に補強されている間、内側のひざは自由度が高く、若干の柔軟性を持つことができる。

出典:amazon

 

・注意点

1点、剥がす時にはかなり痛い=毛が引っ張られる、ことが考えられますので、男性は事前に処理してからの装着をお勧めします。

 

既に膝を痛めた経験のある方、これから膝をサポートしていきたいという方は是非使ってみて下さい。

サポーターだと効果が薄いし、テーピングで固めるのは辛いという方に、お勧めです。

 

ピックアップ記事

  1. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?

関連記事

  1. テニス プロテイン

    テニス知識

    テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

    私が学生の頃、15年くらい前はちょうど「プロテイン」が一般的になった頃…

  2. テニス 雨

    テニス知識

    なぜ雨の日は、「ボールが弾まない、遅くなる」のかを硬式テニスの特性から考えてみる

    全仏オープンの錦織選手の試合、残念でしたね・・・。ですが今回の…

  3. テニス知識

    HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

    私は10年くらい、ラケットはずっとHEADを使っています。今は…

  4. テニス 戦術

    テニス知識

    【保存版】知らない選手が意外と多い、「テニスラケットのメンテナンス方法」について

    テニスラケットのメンテナンス、と聞くと、アナタは何をイメージしますか?…

  5. テニス メンタル

    テニス知識

    ラケットとボールが、喧嘩しない柔らかさ

    「柔らかいテニスって、どんなテニスですか?」というご質問を、よく頂きま…

  6. テニス ボレー

    テニス知識

    練習でも試合でも、「テニスコートで怪我をしやすい人」の特徴5つ

    スポーツに怪我は付き物。テニスも選手同士の接触こそありませんが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. その他

    「呼吸法で勝率アップ」テニスの試合や練習で意識したい呼吸のリズムとは
  2. テニス 走力

    戦術

    ミスのレベルを上げていく、ことこそテニス選手としての成長
  3. テニス 指導

    メンタル

    テニスの試合では、「思考は必ず行動に現れる」と覚悟しておくこと
  4. テニス ミーティング

    練習メニュー

    本物のテニスの練習とは、「他人の上達にも、責任を負う」ということ
  5. テニス ボレー

    メンタル

    緊迫した試合終盤に、参加できるかどうか?が肝になる
PAGE TOP