テニス ロブ

スマッシュ

スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

スマッシュは力強く・・・でも、それって危険。

試合で、なかなか入るイメージ湧かないんじゃないですかね。

よく考えてみて下さい。

スマッシュでも何でも、スウィングの後半、に力んで良いボールは打てない。

だって、ボールが当たった後、ですからね。

特にスマッシュでは、私はこの感覚が大事だと思っています。

 

スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

 


 

1.早い準備で、加速は最初だけ

私はスマッシュを打つときに、これを意識しています。

まず、準備を早く。

それから、ボールを打つ前、振り出してしっかり加速する。

言い方を変えれば、ボールを打つ瞬間にはもう脱力してるんですよね。

グリップは握っていますが、動きは余韻に近い。

しっかり最初に頑張って、打ち終わる頃にはもう脱力している。

加速させよう、なんて思ってないんです。

 

2.ほとんどの人のスマッシュが、「後半頑張り型」

だから、安定しないんです。

ボールが落ちて来て、ボールが当たってから、力でねじ込もうとし過ぎ。

実は、スマッシュって惰性で打つようなショットだと私は思います。

ボールを打つ瞬間は、もうラケットが加速して力を持っている状態、ですから。

その後に力を入れる、ラケットを速く振る必要なんてない。

力の入れるタイミング、を間違ってしまうからみなさんミスばかりになるんですよね。

 

3.振り出しが早い、そしてネットの2メートル上を狙う

振り出しが早い、のが大前提。

それから、ネットのかなり高い位置を狙います。

ネットミス、だけはしないようにすることで、スマッシュは自信を持って振れるようになりますから。

ボールが当たる瞬間は、少しだけラケット面が上を向いていても良いと思いますよ。

それくらい、しっかり高い軌道にする。

これだけの意識で、スマッシュはかなり変わるはずです。

 

4.スマッシュは「前半頑張り型」でいこう!

こうすれば、試合でもスマッシュは楽に使えます。

前半、つまりは相手が打つ前にロブを察し、早く動いて早く振り出す。

ボールが当たる瞬間には、もう惰性で流れの中で打っている感じ、ですね。

「言葉だとよく分からない・・・」という人も多いでしょう。

まずは、早く振り出して、打点で脱力してみて下さい。

きっと、「あれ!?これで飛ぶの?」となるはずですよ。

 

それくらい、今のラケットって性能がしっかりしてますから。

スマッシュを難しくしているのは、アナタ自身です。

力んだり準備が遅かったり、基本的なところ。

これを変えれば、まだまだスマッシュは上達していきますよ!

ピックアップ記事

  1. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  2. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著
  3. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  4. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合の中で隙だらけな人は、「スマッシュを打ったらポイントが終わる」と思っているから勝てない

    自分では自覚症状は無くても、試合で勝てない人。そんな人には、あ…

  3. テニス ストローク

    スマッシュ

    スマッシュの決定力を磨きたければ・・・?

    スマッシュを打っても打っても、決まらない・・・うちに、ミスしてしまう。…

  4. テニス ボレー

    スマッシュ

    右利きの方は、スマッシュも右側で打ち終わりで良い

    スマッシュ力の、強化。これは、みなさんにとって大きな課題じゃな…

  5. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    打点が後ろになってしまったスマッシュは、「絶対に振り切ってはいけない」ことを覚えておこう

    レベルが高い試合になれば、増えてくるのは下がりながらのスマッシュ。…

  6. スマッシュ

    「絶対入る!」と思って、スマッシュを打つこと

    スマッシュが苦手な人って、そういう雰囲気がある。逆に決める人っ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    スマッシュ

    テニスにおいて、「前方向に移動しながらのスマッシュ」は意外と難しいので、しっかり…
  2. ストローク

    ストロークラリーの中で、「相手が当たり損ないでミス」をしたときには、更にボールを…
  3. テニス 並行陣

    ストローク

    ストローク力の低下に悩むシニアプレイヤーの皆さんは、ベースライン上でのポジショニ…
  4. スマッシュ

    コートに叩きつけるスマッシュやハイボレーは、「インパクトと同時にラケットを引く」…
  5. テニス ミス

    ストローク

    テニスの試合で、「相手をストロークで左右に振り回したい!」にこだわっていると、結…
PAGE TOP