テニス ロブ

スマッシュ

スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

スマッシュは力強く・・・でも、それって危険。

試合で、なかなか入るイメージ湧かないんじゃないですかね。

よく考えてみて下さい。

スマッシュでも何でも、スウィングの後半、に力んで良いボールは打てない。

だって、ボールが当たった後、ですからね。

特にスマッシュでは、私はこの感覚が大事だと思っています。

 

スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

 


 

1.早い準備で、加速は最初だけ

私はスマッシュを打つときに、これを意識しています。

まず、準備を早く。

それから、ボールを打つ前、振り出してしっかり加速する。

言い方を変えれば、ボールを打つ瞬間にはもう脱力してるんですよね。

グリップは握っていますが、動きは余韻に近い。

しっかり最初に頑張って、打ち終わる頃にはもう脱力している。

加速させよう、なんて思ってないんです。

 

2.ほとんどの人のスマッシュが、「後半頑張り型」

だから、安定しないんです。

ボールが落ちて来て、ボールが当たってから、力でねじ込もうとし過ぎ。

実は、スマッシュって惰性で打つようなショットだと私は思います。

ボールを打つ瞬間は、もうラケットが加速して力を持っている状態、ですから。

その後に力を入れる、ラケットを速く振る必要なんてない。

力の入れるタイミング、を間違ってしまうからみなさんミスばかりになるんですよね。

 

3.振り出しが早い、そしてネットの2メートル上を狙う

振り出しが早い、のが大前提。

それから、ネットのかなり高い位置を狙います。

ネットミス、だけはしないようにすることで、スマッシュは自信を持って振れるようになりますから。

ボールが当たる瞬間は、少しだけラケット面が上を向いていても良いと思いますよ。

それくらい、しっかり高い軌道にする。

これだけの意識で、スマッシュはかなり変わるはずです。

 

4.スマッシュは「前半頑張り型」でいこう!

こうすれば、試合でもスマッシュは楽に使えます。

前半、つまりは相手が打つ前にロブを察し、早く動いて早く振り出す。

ボールが当たる瞬間には、もう惰性で流れの中で打っている感じ、ですね。

「言葉だとよく分からない・・・」という人も多いでしょう。

まずは、早く振り出して、打点で脱力してみて下さい。

きっと、「あれ!?これで飛ぶの?」となるはずですよ。

 

それくらい、今のラケットって性能がしっかりしてますから。

スマッシュを難しくしているのは、アナタ自身です。

力んだり準備が遅かったり、基本的なところ。

これを変えれば、まだまだスマッシュは上達していきますよ!

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 寒くなっても清潔感は保ちたい、テニスプレイヤーのみなさんに
  3. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  4. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス シングルス

    スマッシュ

    深いロブは、ゆったりしたスマッシュで充分に対応出来る

    相手の深いロブを、下がってスマッシュ。これが出来る、出来ないで…

  2. テニス スライス

    スマッシュ

    スマッシュが安定しない人によくある、「後ろ足回転症候群」を解消してキレ味を磨こう!

    スマッシュが安定しない、キレ味が無いと感じている人は、まずフォームが大…

  3. テニス リターン

    スマッシュ

    スマッシュを打った後、スタンス広めで次に備えること

    テニスの実力が一番現れるショット、はスマッシュ。と何度か書いて…

  4. テニス メンタル

    スマッシュ

    テニスにおいて、「ジャンピングスマッシュは、難しく無い!」ことを証明します

    ジャンピングスマッシュ、テニスの試合において花形のフィニッシュですよね…

  5. テニス ポジショニング

    スマッシュ

    「この練習、意味あるの?」テニスのスマッシュ練習でネットタッチを入れる意味は?

    テニスの練習で、最もキツイ練習の一つがネットタッチからのスマッシュ練習…

  6. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に勝ちたければ、「スマッシュが苦手な相手には、遠慮無くロブ」を上げて打たせていこう

    試合に勝つには、ロブが必要。意外と学生の皆さんは「あえてスマッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    ストローク

    攻めのスライスと守備のスライス、はココを変えてメリハリを付けていこう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    フラットサーブに必要な、リストワーク4つ
  3. ストローク

    アウトミスならOK、でいこう!
  4. テニス センス

    日々の雑記

    テニスが上手い選手、テニスも上手い選手
  5. テニス サッカー

    テニス知識

    心から勝者を讃えたら、もっと強くなれる
PAGE TOP