テニス ロブ

スマッシュ

スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

スマッシュは力強く・・・でも、それって危険。

試合で、なかなか入るイメージ湧かないんじゃないですかね。

よく考えてみて下さい。

スマッシュでも何でも、スウィングの後半、に力んで良いボールは打てない。

だって、ボールが当たった後、ですからね。

特にスマッシュでは、私はこの感覚が大事だと思っています。

 

スマッシュを安定させるなら、スウィング後半はゆったりと

 

1.早い準備で、加速は最初だけ

私はスマッシュを打つときに、これを意識しています。

まず、準備を早く。

それから、ボールを打つ前、振り出してしっかり加速する。

言い方を変えれば、ボールを打つ瞬間にはもう脱力してるんですよね。

グリップは握っていますが、動きは余韻に近い。

しっかり最初に頑張って、打ち終わる頃にはもう脱力している。

加速させよう、なんて思ってないんです。

 

2.ほとんどの人のスマッシュが、「後半頑張り型」

だから、安定しないんです。

ボールが落ちて来て、ボールが当たってから、力でねじ込もうとし過ぎ。

実は、スマッシュって惰性で打つようなショットだと私は思います。

ボールを打つ瞬間は、もうラケットが加速して力を持っている状態、ですから。

その後に力を入れる、ラケットを速く振る必要なんてない。

力の入れるタイミング、を間違ってしまうからみなさんミスばかりになるんですよね。

 

3.振り出しが早い、そしてネットの2メートル上を狙う

振り出しが早い、のが大前提。

それから、ネットのかなり高い位置を狙います。

ネットミス、だけはしないようにすることで、スマッシュは自信を持って振れるようになりますから。

ボールが当たる瞬間は、少しだけラケット面が上を向いていても良いと思いますよ。

それくらい、しっかり高い軌道にする。

これだけの意識で、スマッシュはかなり変わるはずです。

 

4.スマッシュは「前半頑張り型」でいこう!

こうすれば、試合でもスマッシュは楽に使えます。

前半、つまりは相手が打つ前にロブを察し、早く動いて早く振り出す。

ボールが当たる瞬間には、もう惰性で流れの中で打っている感じ、ですね。

「言葉だとよく分からない・・・」という人も多いでしょう。

まずは、早く振り出して、打点で脱力してみて下さい。

きっと、「あれ!?これで飛ぶの?」となるはずですよ。

 

それくらい、今のラケットって性能がしっかりしてますから。

スマッシュを難しくしているのは、アナタ自身です。

力んだり準備が遅かったり、基本的なところ。

これを変えれば、まだまだスマッシュは上達していきますよ!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア
  2. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  3. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  4. 寒くなる前に購入マスト、なテニス選手に最適なベンチコート3選
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. テニス 練習

    スマッシュ

    「ネットからの距離」によって、テニスの試合で求められるスマッシュの種類は違います

    スマッシュはテニスの攻撃の花形ショット。当然決めればかっこいい…

  2. スマッシュ

    余裕があるときのスマッシュでも、ダブルスではしっかり声を出して打っていこう!

    スマッシュを「ハイ!」と言って、声を出して打つ。これって、ダブルス…

  3. テニス 練習

    スマッシュ

    威力のあるスマッシュは、打ち終わりでラケットの先が下を向く

    威力のあるスマッシュ、試合で打ちたいですよね。最近思うんですが…

  4. テニス ボレー
  5. スマッシュ

    「スマッシュを自分の武器として育てていく」為に、テニスの練習で必要な意識4つ

    テニスもラケットスポーツの一種。その中では、スマッシュでポイントが…

  6. テニス スマッシュ

    スマッシュ

    テニスの試合で「スマッシュを打つ時にしっかりラケットに当たらない・・・」人は、基本を見直して顔を残そ…

    テニスの試合では、「頭より上」のボールはしっかり打ち切ってポイントを獲…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく
  2. その他

    「自炊力を養おう」テニスを強くなるには、色々な力があると便利!
  3. テニス ダブルス

    練習メニュー

    ボレー対ストロークのリズム、を体感しよう
  4. テニス メンタル

    メンタル

    「力を出し切れていない」自分こそ、自分の実力である
  5. テニス メンタル

    メンタル

    2-5でチェンジコート、ほぼアナタの負けは決定ですか?
PAGE TOP