テニス メンタル

Q&A

Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」

今回頂いた質問は、 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」という内容。

特に高校生や大学生の方から同じような質問を頂くことが多いです。

長くペアを組んでいるダブルスペア、即席で組んだペアは、どういった会話をしていけば試合で勝ちに近づいていくことができるのでしょうか・・・?

 

Q&A 「試合中にダブルスのペアと、どんな会話をすれば良いか分かりません」

 

■「作戦」を話すだけがコミュニケーションではない

試合中の会話は、どうしても「作戦会議」という雰囲気が強くなりますが、あまり堅く考えないようにしましょう。

「今日暑いね」とか、「相手、結構強いね」といった、他愛もない会話も大切。

まずはリラックスして、会話を楽しむようにしましょう。

テニスはポイント間で時間が取れる、自分たちのペースで進めることができるスポーツ。

ペアを笑わせるくらいの気持ちの余裕が欲しいですね。

 

■「相手の情報共有」はやっておきたいポイント

作戦は「情報」と「情報」の組み合わせで作り上げます。

一つは、自分たちの情報。

自分たちのペアは何が得意か、何が苦手か。

もう一つは、相手ペアの情報。

「背が低いほうは、脚が早いね」「左利きの人は、バックをスライスしか打たない」といった、客観的な事実を集めましょう。

その情報を2人で揃えて、作戦を立てることが勝利への近道。

これもトレーニングで磨けるスキルですので、テニスにおける人間観察は癖付けておくと良いでしょう。

 

■恥ずかしがらずに「ハンドタッチ」はどんどんやろう

学生の方からは、「ペアとタッチができません」という声も聞きます。

少し恥ずかしさもあるかと思いますが、スキンシップは大切です。

実際に肌で感じて、「今日はどこか元気ないな・・・」という感じを掴めば、それを会話で補っていくこともできます。

ペアで会話ができないと感じている人は、まずはしっかりタッチするよう心がけましょう。

タッチしていれば、おのずと会話も見えてきます。

 

まずは、ペアと普段の会話をしっかりしておくことが大切。

そして「テニス」の話もコート以外で意識してしてみるようにしてみて下さい。

きっともっと、テニスの試合中のペアの会話が楽しくなるはずです。

そうすれば、きっとダブルスの試合も勝てるようになります!

ピックアップ記事

  1. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  2. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  3. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  4. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  5. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊

関連記事

  1. テニス Q&A

    Q&A

    Q&A「自分はオールラウンダーだと思っていますが、武器がありません・・・。どうやったら試合…

    今日は高校生男性の方から。県内ではシングルスベスト8の実力があ…

  2. テニス ダブルス

    Q&A

    読者のみなさんよりアンケートで頂いたお悩みに、私なりにお答えさせて頂きます Vol.3

    少し時間が空いてしまいましたが、10月にて実施させて頂きましたアンケー…

  3. テニス メンタル

    Q&A

    Q&A「テニスを強くなりたい人、楽しくやりたい人」が混ざっているテニス部はどうすれば良い?

    今回は高校のテニス部主将の方から頂いた質問。テニス部の部活動に…

  4. Q&A

    Q&A「片手バックハンドのストロークが安定しません。良い方法はありますか?」

    今回は、大学生の男性の方からのご質問をご紹介します。片手バックハン…

  5. テニス チャンス

    Q&A

    Q&A「タイブレークで勝ち切れない・・・有効な作戦はありますか?」

    今回は社会人女性の方からのご質問です。プロの試合でも、残酷なま…

  6. Q&A

    Q&A「ダブルスの試合で、相手のジャッジがそれぞれインとアウトで分かれました。この場合はどう…

    今回は、ダブルスで実際に起きてしまったケースで質問を頂きました。対…

特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「技術の前に体力作り」テニス以外のスポーツでも身に付けることができる体力の重要性…
  2. テニス ストローク

    サーブ

    強いリターナーにこそ、こちらは2人で向かっていこう
  3. テニス スマッシュ

    その他

    思考に身体が付いていかないときは、一旦思考を止めてみる勇気も大事
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    「大学に進学すると、高校時代より練習量が減ってしまう・・・」からこそ、必要な意識…
  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合、現場で熱くなる必要は全く無い
PAGE TOP