ロブ

女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ

女子ダブルスの試合の中で、大事なポイント。

それは間違いなく、ロブをどう使うかでしょう。

ロブを使う=スライスロブ、という方も多いと思いますが、これをレベルアップさせるには回転の向きを変えていくのが一番。

トップスピンロブ、という言葉で勝手にハードルをあげてはいませんか?

 

女子ダブルスで有効なのは、触らせる低いトップスピンロブ

 

1.トップスピンロブ、の方が低さが活かせる

もちろん、スライスロブも必要です。

ですが、攻撃的に打っていくなら低くトップスピンロブ、が私は効果的だと思います。

特に、女子ダブルスの試合はそうですね。

スライスロブは、処理する側もすごく慣れているじゃないですか。

でも、トップスピン系のロブ、は別。

きっと、受け慣れていないからこそ、効果があるんです。

打点を高く取り辛い、差し込みやすいこのショットは使わない手は無いですよ。

 

2.なぜ、低いトップスピンロブは打ち辛いのか

低いロブって、一見返しやすそうですけど実は難しい。

判断も迷いますよね、ハイボレーカットか、スマッシュか。

そこにさらに、回転がトップスピンだとどうでしょう。

考えている間に、どんどん落ちて来て差し込まれてしまう。

トップスピン、順回転のロブをスマッシュで打つのって、上級者でも難しいですから。

女子ダブルスで、特に打点を高く取れないような選手には非常に効果的です。

それに、何も厚いグリップでグリグリのロブを上げる必要は無いんです。

 

3.普通の順回転、のストロークで良い

少しだけ軌道が高いストローク、だと思って良いんです。

トップスピンロブ、と言えないようなモノ、でも良い。

とにかく、スライスではないスピンで相手の頭上に低く打つ。

これがまず大事、なんですよね。

ロブ=スライスで相手の頭上を抜いて、ベースライン近くに落とすという発想は、試合で必要ありません。

それが落ちても、相手にキレイにチェンジされて対応される。

大事なのは、前衛にスマッシュミスをさせる、ということなんです。

 

4.前衛のミスは、ダブルスにおいて大きな意味を持つ

特に女子ダブルス、はそうです。

前衛がミスをすると、まず数ポイントは落ち込んでくれます。

黙って出ない、もうこっちからすると楽で仕方ないんですよね。

スマッシュミスをしたと思って落ち込んでいると思いますが、こちらは計算通り。

低い軌道のトップスピンロブを触らせて、差し込ませてミス、させている訳ですから。

女子ダブルスで使えるロブ、は概念から変えていきましょう。

それが勝利への近道、です。

 

自分が打たれて、嫌なボールを使う。

これがテニスの試合の基本ですね。

低く、順回転のロブを前衛の上に打つ。

触っても処理が難しいし、後衛に任せても順回転ですからバウンド後に伸びていく、もっと処理が難しくなる。

こういう恐怖、どんどん相手に植え付けていきましょう。

ピックアップ記事

  1. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」

関連記事

  1. テニス ポジショニング

    ロブ

    ポイント前に、「女性の上に上げられたロブは、どうするのか?」を決めておくのがミックスダブルス

    ミックスダブルスの試合に出ている方は、これを決めておきましょう。…

  2. テニス 予測

    ロブ

    自分が打ったロブは、必ず入ると信じて動き切ろう

    アナタがもし、相手が前にいるのでロブを打つとしましょう。そのロ…

  3. テニス リターン

    ロブ

    「対戦相手の身長が低いから、ロブを上げておこう」って、なんて安易な発想だろう

    相手の特徴をよく観察して、試合の作戦を決めていく。出来る限り失…

  4. テニス ボレー

    ロブ

    ロブは上に打ち上げるのではなく、前に押し込んでいこう!

    ダブルスの試合が強い人は、ロブが本当に上手い。攻撃でも守備でも…

  5. テニス ロブ

    ロブ

    試合で使うロブは、もっと低い軌道で調整すれば試合で勝てる

    試合の中でロブを使う機会、どれくらいあるでしょうか?きっと、少…

  6. テニス メンタル

    ロブ

    試合に強い選手は、ロブで抜かれても全く諦めない

    試合で強い選手って、とにかく諦めない。それがよく分かるのが、自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 環境

    フットワーク

    テニスというスポーツでは、「フライングスタート」は反則ではありません
  2. テニス 守備

    フットワーク

    ネットミスの相手に、更にプレッシャーをかける方法
  3. テニス ダブルス

    スマッシュ

    「ダブルスでスマッシュが重なりそう!」なときには、前衛優先の考えでシンプルに
  4. テニス サポーター

    テニス知識

    テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. テニス ストローク

    ストローク

    ドライブボレーは実は、並行陣を崩す最終兵器になる
PAGE TOP