テニス ストローク

ボレー

ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント

ボレーのパンチ力アップ、みなさんの課題の一つじゃないでしょうか。

やっぱり強い人って、ボレーが鋭い。

しっかりコントロールが良いし、威力もあるボレーのコツ、今回は下半身から考えてみましょう。

軸足のセット、を変えれば、良い溜めが出来ると思いますよ。

 

ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント

 

1.ボレーの軸足、意識出来てる?

まず、土台となる軸足。

ボレーでも、ある程度相手のボールが遅い時には、前に踏み込んでいく形を作りたい。

その時に、まず意識して欲しいのは「軸足での土台作り」です。

右利きの方のフォアボレーなら、右足。

この右足をセットして、左足を前に出しながらボレー、が基本になります。

バックボレーなら、その逆で左足セットの右足を前に出してボレー、ですね。

この順番、をしっかり意識して、軸足セットを習慣付ける。

これが出来れば、自然とパンチ力もアップします!

 

2.軸足に体重を乗せて、踏み込みながら打つからボールが弾ける

力が無いボレーって、どんな時でしょうか。

きっと、両足がべったりコートに付いて、上半身だけで無理やり打ったようなショットだと思うんですよね。

もちろん、緊急事態でそういうボレー、もあります。

でも、基本はやっぱり2歩、使いたいんですよ。

軸足セット→踏み込みながらボレー。

この踏み込みながら、というのがポイントですね。

片足は空中に浮いている、軸足だけコートに付いているような感じ、がベストです。

 

3.打った後の構え直し、がもっと大事!

せっかく軸足を作って良いボレーを打っても、相手が返球してくるかもしれない。

踏み込んで打った後って、態勢が前のめりで乱れやすいですから、要ケアです。

しっかり足を戻して、また次、に備える。

ポジションがずれないように、軸足のところに戻る意識が大事ですね。

軸足がしっかりしていれば、戻ることだって意識高く出来る。

そのまま前に詰める、ときには踏み込んだ足、の近くでまた土台を作る感じですね。

このあたりは、相手の様子を見ながらプレーするように意識してみて下さい。

 

4.軸足キック!でポーチの威力も大

私はいつも、この軸足をキックしてボールを飛ばす、ボレーを意識しています。

ポーチとか、まさにそうですね。

サーブもそうですが、コートを蹴るとボールに力が伝わりやすい。

しかも、確実に伝わるのでラケットはシンプルで良いんですよね。

ラケットでこねくり回すようなボレー、になっている人はこの軸足ボレーでかなりシンプル化出来ますよ。

軸足でキック!した力で、ボールにぶつかっていく。

そのためにも、まずはどちらの足で力を溜めるのか、を意識してみて下さい。

 

軸足、踏み込み足、のリズム。

これが出来るようになると、ボレーってすごく良いリズム感が生まれて来ます。

パンチ力がある人って、どこかリズミカルじゃないですか?

足の運び、がしっかり出来ている証拠ですね。

これは、意識次第で誰にでも出来るはず。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  2. テニスのニューボールの状態を維持出来る、「ボールキーパー」って?
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと

関連記事

  1. テニス リターン

    ボレー

    ストローク主体のプレイヤーは、「前におびき出して、ボディ狙い」で簡単に調理出来ます

    ボレーやネットプレーが苦手な相手は、ずっと後ろでストロークばかり。…

  2. テニス ボレー

    ボレー

    ポーチボレーのコントロールは、「先にラケット面を作ってから動く」に限る

    ポーチボレーの基本、それはシンプルに打つこと。相手のリターン、…

  3. テニス ダブルス

    ボレー

    ボレーはエースを狙うのでは無く、「相手を走らせるショット」だと考えるとミスが激減するはず

    ウィンブルドンの試合を観ていると、改めてシングルスのネットプレーの重要…

  4. テニス ストローク

    ボレー

    ハイボレーを深く・・・と見せて、ドロップボレーを打てれば試合で勝てる!

    今回も、私が試合で実際によく使う手をご紹介します。ダブルスの試…

  5. テニス ダブルス

    ボレー

    ボールを「早く触りたい病」に、誰しもが苦しんでいるという現実

    先日、ある女子ダブルスの草トーナメントを見る機会がありました。…

  6. テニス ボレー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ストローク

    フットワーク

    シングルスの試合では、毎回コートの真ん中に戻り過ぎても疲れるだけ
  2. テニス 守備

    ストローク

    浅いボールをネットプレーに繋げるには、サイドスライスが理想的!
  3. テニス ボレー

    ダブルス

    4アップの状態になって、ズルズル下がる癖を止めよう
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる…
  5. その他

    アナタの部活に、「悪いプレーをしっかり指摘出来る」人はいるだろうか?
PAGE TOP