テニス ストローク

ボレー

ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント

ボレーのパンチ力アップ、みなさんの課題の一つじゃないでしょうか。

やっぱり強い人って、ボレーが鋭い。

しっかりコントロールが良いし、威力もあるボレーのコツ、今回は下半身から考えてみましょう。

軸足のセット、を変えれば、良い溜めが出来ると思いますよ。

 

ボレーのパンチ力アップには、「軸足セット」がポイント

 

1.ボレーの軸足、意識出来てる?

まず、土台となる軸足。

ボレーでも、ある程度相手のボールが遅い時には、前に踏み込んでいく形を作りたい。

その時に、まず意識して欲しいのは「軸足での土台作り」です。

右利きの方のフォアボレーなら、右足。

この右足をセットして、左足を前に出しながらボレー、が基本になります。

バックボレーなら、その逆で左足セットの右足を前に出してボレー、ですね。

この順番、をしっかり意識して、軸足セットを習慣付ける。

これが出来れば、自然とパンチ力もアップします!

 

2.軸足に体重を乗せて、踏み込みながら打つからボールが弾ける

力が無いボレーって、どんな時でしょうか。

きっと、両足がべったりコートに付いて、上半身だけで無理やり打ったようなショットだと思うんですよね。

もちろん、緊急事態でそういうボレー、もあります。

でも、基本はやっぱり2歩、使いたいんですよ。

軸足セット→踏み込みながらボレー。

この踏み込みながら、というのがポイントですね。

片足は空中に浮いている、軸足だけコートに付いているような感じ、がベストです。

 

3.打った後の構え直し、がもっと大事!

せっかく軸足を作って良いボレーを打っても、相手が返球してくるかもしれない。

踏み込んで打った後って、態勢が前のめりで乱れやすいですから、要ケアです。

しっかり足を戻して、また次、に備える。

ポジションがずれないように、軸足のところに戻る意識が大事ですね。

軸足がしっかりしていれば、戻ることだって意識高く出来る。

そのまま前に詰める、ときには踏み込んだ足、の近くでまた土台を作る感じですね。

このあたりは、相手の様子を見ながらプレーするように意識してみて下さい。

 

4.軸足キック!でポーチの威力も大

私はいつも、この軸足をキックしてボールを飛ばす、ボレーを意識しています。

ポーチとか、まさにそうですね。

サーブもそうですが、コートを蹴るとボールに力が伝わりやすい。

しかも、確実に伝わるのでラケットはシンプルで良いんですよね。

ラケットでこねくり回すようなボレー、になっている人はこの軸足ボレーでかなりシンプル化出来ますよ。

軸足でキック!した力で、ボールにぶつかっていく。

そのためにも、まずはどちらの足で力を溜めるのか、を意識してみて下さい。

 

軸足、踏み込み足、のリズム。

これが出来るようになると、ボレーってすごく良いリズム感が生まれて来ます。

パンチ力がある人って、どこかリズミカルじゃないですか?

足の運び、がしっかり出来ている証拠ですね。

これは、意識次第で誰にでも出来るはず。

ぜひ、練習から意識してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 準備しておいて絶対に損は無い、試合会場でのトイレ事情について
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 【ご報告】YOUTUBEチャンネル、公開しました!
  4. 一人でも出来る、テニス選手に必要なトレーニングで鍛えよう!
  5. テニスの試合で勝ちたい男子選手に、オススメのゲームウェア

関連記事

  1. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ

    「決まった!」と思ったら、返球されて慌ててしまう。この繰り返し…

  2. テニス メンタル

    ボレー

    ダブルスの前衛として攻撃して良いボール、ダメなボール

    ダブルスの前衛で、とにかく動いて後衛を助ける。私は何度も、これ…

  3. テニス メンタル

    ボレー

    「絶対ポーチなんて無理だ・・・」と思う時ほど、実はチャンス!

    ダブルスの試合で、こんな経験無いですか?パートナーのサーブが入…

  4. ボレー

    テニスの試合で、「ネットプレーの構えが低く反応が遅い相手」には、フラット系の速いボールでアウトを誘う…

    相手のネットプレーを観察していると、「ん?ここは狙い目かも?」と思うと…

  5. テニス 練習

    ボレー

    ネットプレーでハイボレーが安定しない人は、「高い位置でラケットをキャッチ」して打ち終わろう

    ネットプレーの実力、それはハイボレーで図るのが一般的です。なぜ…

  6. テニス 戦術

    ボレー

    試合で効果的な、「サービスラインより深いボレー」を安定させる5つのコツ

    ボレーを深く、安定させること。もしかしたら、今のアナタにとって…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「チャンスだ!ボレーで決めれる!」ときにこそ、パワーではなく強気にコースで勝負し…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せる…
  3. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合の終盤で、「このまま勝っても良いんだろうか…」と考えるのは、アナタが…
  4. テニス サーブ

    サーブ

    極論ですが「ブレイクされなければ、負けない」のは確か
  5. テニス ストローク

    練習メニュー

    相手の攻撃をしのいで粘る、シングルスの基本練習メニュー
PAGE TOP