テニス 気付き

その他

リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人

学生時代に、テニス部やサークルに所属していた人。

社会人になってテニスを始めた人、読者のみなさんの中には色々な人がいると思います。

もしかしたら、ご自身はテニスをされていない、という方もいるでしょう。

でも、何かしらの組織やチームの属しているみなさん、にはぜひ意識して欲しいポイント。

私は読者のみなさんには、良い意味でのテニスリーダー、になっていって欲しいと願っています。

 

リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人

 

1.どんな環境でも、中心になる人は存在する

会社でも家庭でも、どんな場所でもそうだと思います。

人が集まれば、ある程度その中でまとめ役、リーダーが生まれていく。

みなさんの中にも、学生時代にキャプテンや部長をやったり、今でもサークルの幹事的な役割を担っている人もいるでしょう。

人が集まれば、そこにリーダーが生まれていく。

でも、そのリーダーになること、で成長が止まるような人も多い。

プレッシャーに負けたり、周りのことばかりに気を遣って自分自身と向き合えなかったり。

テニスの成長って、リーダーになることで伸びもするし、止まりもする。

大事なこと、は何なのか。

常に、自問自答する必要がありますね。

 

2.リーダーが成長してこそ、チームは成長する

私の感覚で言えば、自然体にまず自分が頑張る。

誰より、テニスと真摯に向き合って楽しむこと、が一番だと思います。

どんな集まりでもイベントでも、幹事が一番楽しんでいないと周りも楽しめない、ですからね。

シンプルに、自分をしっかりと客観視して、成長させていく。

周りを導いていく、のは結果的にで良いんです。

責任に押しつぶされて、自分のテニスを見失っていく学生の方も多いですからね。

もっと自然体に、で私は良いと思いますよ。

 

3.恥をかくこと、こそ一番の成長材料

リーダーになったり、チームの中心になるとどうなるか。

当然、失敗が怖くなるんですよね。

これは、仕事でも勉強でも一緒でしょう。

リーダーになって大事なこと、は私は「恥をかくこと」だと思います。

大事な試合、で逃げない。

新しい練習や環境に、挑戦していく。

これって、リーダー的な役割の人がやらないと、誰も周りはやらないんですよね。

やって失敗したなら、しょうがない。

挑戦しなかった、という事実は、ずっと後悔として残りますから。

読者のみなさんには、ぜひ踏み出せるテニスリーダー、になって欲しいと私は願っています。

 

4.自ら環境を変え、挑戦していける人が強くなる

環境を変えられない人は、どこかで成長が止まっている。

リーダーがそういう人、であれば組織の成長も怪しいでしょう。

練習を見ていても、すぐ雰囲気で分かりますよ。

「それでも良いんだ、偉そうに」と思う方も、多いでしょう。

テニスは遊び、それもまた一つの人生です。

でも、試合に勝ちたいと思うなら、やっぱり私は今いるチーム、仲間の中で、アナタ自身がリーダー的な存在になって欲しい。

そう願って、これからも記事を書き続けていきたいと思います。

 

「ま、自分はそういう性格じゃないしな・・・」と、思う方も多いと思います。

それって、やっぱり先入観ですよ。

自分に対して、決めつけていれば楽ですからね。

もしかしたら、アナタが踏み出すことで周りも変わり、強くなるかも知れない。

そうなると、自然と試合でも勝てていく可能性が高くなるでしょう。

テニスって、そういうものだと私は思いますよ。

ピックアップ記事

  1. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  2. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  3. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合、「ナイターになったら球が急に速くなる?」人の眼の特性を知っておいて損は無いです

    まだまだ日照時間の短いこの時期、試合がナイター照明の元で行われる機会も…

  2. テニス 主将

    その他

    「全国で頑張るテニス部のキャプテンの皆さんへ」部員から好かれる、よりも大切なこと

    私自身、中学と高校時代に、テニス部の主将を務めさせてもらいました。…

  3. テニス メンタル

    その他

    「テニスの各ショットに必要なグリップチェンジ」は、実は出来ているようで、誤魔化していませんか?

    テニスのグリップは人それぞれ。薄い、厚いという言葉で表現されま…

  4. テニス メンタル

    その他

    「勝った方が強い。負けた方は弱い。でも次は負けるな!」テニスの試合は続いていく

    俺がコーチしていた東京の大成高校男子テニス部がインターハイ東京都予選で…

  5. テニス 雨

    その他

    テニスの実力は凄くても、周りに人が集まらない人の特徴10パターン

    テニスはすごく上手いのに、なぜか周りに人があまりいない。試合に…

  6. テニス メンタル

    その他

    「技術が伴わないないから実戦で使わない」では、アナタのテニスの試合はいつまでたっても進歩しない!

    よく「練習でしっかり打てるようになってから、試合で使います」という声を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    フットワーク

    自分の打ったボールが浮いたら、「すぐに態勢を低くする」だけで各段に守備力は上がり…
  2. テニス 打点

    メンタル

    相手が「切れた」から、自分も「切れる」選手は、テニス選手として恥ずかしい
  3. テニス ボレー

    ストローク

    テニスの試合で、「どのタイミングで前に踏み込むか?」をシングルスのラリーの中から…
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです
  5. テニス 戦術

    ストローク

    テニスにおけるストロークの超基本「足を決めて振り切る」ことが、意外とできない4つ…
PAGE TOP