テニス 気付き

その他

リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人

学生時代に、テニス部やサークルに所属していた人。

社会人になってテニスを始めた人、読者のみなさんの中には色々な人がいると思います。

もしかしたら、ご自身はテニスをされていない、という方もいるでしょう。

でも、何かしらの組織やチームの属しているみなさん、にはぜひ意識して欲しいポイント。

私は読者のみなさんには、良い意味でのテニスリーダー、になっていって欲しいと願っています。

 

リーダーになった時点で、止まる人と伸びる人

 


 

1.どんな環境でも、中心になる人は存在する

会社でも家庭でも、どんな場所でもそうだと思います。

人が集まれば、ある程度その中でまとめ役、リーダーが生まれていく。

みなさんの中にも、学生時代にキャプテンや部長をやったり、今でもサークルの幹事的な役割を担っている人もいるでしょう。

人が集まれば、そこにリーダーが生まれていく。

でも、そのリーダーになること、で成長が止まるような人も多い。

プレッシャーに負けたり、周りのことばかりに気を遣って自分自身と向き合えなかったり。

テニスの成長って、リーダーになることで伸びもするし、止まりもする。

大事なこと、は何なのか。

常に、自問自答する必要がありますね。

 

2.リーダーが成長してこそ、チームは成長する

私の感覚で言えば、自然体にまず自分が頑張る。

誰より、テニスと真摯に向き合って楽しむこと、が一番だと思います。

どんな集まりでもイベントでも、幹事が一番楽しんでいないと周りも楽しめない、ですからね。

シンプルに、自分をしっかりと客観視して、成長させていく。

周りを導いていく、のは結果的にで良いんです。

責任に押しつぶされて、自分のテニスを見失っていく学生の方も多いですからね。

もっと自然体に、で私は良いと思いますよ。

 

3.恥をかくこと、こそ一番の成長材料

リーダーになったり、チームの中心になるとどうなるか。

当然、失敗が怖くなるんですよね。

これは、仕事でも勉強でも一緒でしょう。

リーダーになって大事なこと、は私は「恥をかくこと」だと思います。

大事な試合、で逃げない。

新しい練習や環境に、挑戦していく。

これって、リーダー的な役割の人がやらないと、誰も周りはやらないんですよね。

やって失敗したなら、しょうがない。

挑戦しなかった、という事実は、ずっと後悔として残りますから。

読者のみなさんには、ぜひ踏み出せるテニスリーダー、になって欲しいと私は願っています。

 

4.自ら環境を変え、挑戦していける人が強くなる

環境を変えられない人は、どこかで成長が止まっている。

リーダーがそういう人、であれば組織の成長も怪しいでしょう。

練習を見ていても、すぐ雰囲気で分かりますよ。

「それでも良いんだ、偉そうに」と思う方も、多いでしょう。

テニスは遊び、それもまた一つの人生です。

でも、試合に勝ちたいと思うなら、やっぱり私は今いるチーム、仲間の中で、アナタ自身がリーダー的な存在になって欲しい。

そう願って、これからも記事を書き続けていきたいと思います。

 

「ま、自分はそういう性格じゃないしな・・・」と、思う方も多いと思います。

それって、やっぱり先入観ですよ。

自分に対して、決めつけていれば楽ですからね。

もしかしたら、アナタが踏み出すことで周りも変わり、強くなるかも知れない。

そうなると、自然と試合でも勝てていく可能性が高くなるでしょう。

テニスって、そういうものだと私は思いますよ。

ピックアップ記事

  1. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ
  2. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  3. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  4. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. その他

    テニス部のみんながやる気にならないのは、個人ではなく仕組みの問題です

    毎日寒くなってきて、外でやる部活やサークルもちょっと億劫になってしまい…

  2. その他

    「甘ったれるな!トレーニングしろよ!」テニスのトーナメントを勝ち抜くには持久力は絶対必要!

    テニスを頑張っている皆、トレーニングはやっているだろうか?そう…

  3. テニス メンタル

    その他

    「強い選手になりたければ、強い選手と一緒に過ごす時間を作る」ことがテニス選手にとっては大事

    ふと気が付けば、自分の周りはどこか「自分と似たような」仲間ばかり。…

  4. その他

    相手選手へのマナーとして、「1stサーブがフォルトしたときには、ボールを深追いしない」ことを意識しま…

    悪気は無いんだけど、相手の印象を悪くするマナー違反、のようなことがテニ…

  5. その他

    「考えてテニスをすることは、楽である」という誤解

    いつも頂くご意見の中で、分かれるのはテニスについて考える部分。…

  6. テニス 雑誌

    その他

    テニスノートで成果が出る人は、「何でもすぐに、具体的に」書くことが実践出来ている

    気付いたこと、感じたことを、1~2行で書いておく。これで立派な…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス コート

    サーブ

    「頼むからサーブ、入れてくれ!」と思う前に・・・アナタには出来ることがあります
  2. テニス メンタル

    サーブ

    本当にサーブが強い選手とは、1発がある選手じゃなくて「ファーストサーブが崩れない…
  3. テニス ダブルス

    戦術

    相手の調子を見るには、ポイント間に目を合わせることが一番
  4. テニス メンタル

    戦術

    試合巧者になりたいなら、自分が打った後0.2秒で相手を観察する癖を付けよう
  5. その他

    「サッカーの方がきつかったよ」テニスの試合では実力差が僅差で初めて、持久力が問わ…
PAGE TOP