テニス ダブルス

その他

「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?

テニスの試合は、よほど大きな大会にならない限りセルフジャッジで試合を進行していきます。

選手たち自身で自分のコートをイン、アウト、その他ルールについてジャッジを下して進行する。

テニス独特のやり方ではありますが、このセルフジャッジがしっかりとできるかどうか、アナタは自信がありますか?

今回は、テニスのトーナメントに参加するうえで必要な「セルフジャッジ」について、改めて見直すきっかけになってもらえると嬉しいです。

 

「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?

 


 

1.まずはしっかり「見てジャッジする」ことが重要

当たり前ですが、しっかりとボールを見てコート上でのバウンド地点を見定めることが大切。

視力は良いにこしたことは無いですが、大切なのは動いているボールをしっかりと捉える動体視力。

これはトレーニングを積むことで、必ず向上できます。

プロの試合を生で、テレビで、Youtubeで見て、自分のテニス眼を鍛えていきましょう。

離れた場所からジャッジする機会もありますので、自分のコート内はしっかりジャッジできるよう、色々なライン際を練習から意識して見るように習慣付けておきましょう。

 

2.速いボールを見るにはコツがある!

それでも男性の速いサーブなどを、ミックスダブルスでジャッジする機会もあると思います。

「見えない・・・」と感じている方、ちょっとしたコツがあります。

速いサーブはボールを眼で追わず、目線を先に打球方向へ移してしまうのです。

サーブであれば、サービスライン付近へ先に目線を落とす。

これでかなり見えるようになるはずです。

その視界内に入ってこないようなボールは、フォルトかはっきりとしたイン、になりますので、慌てずにコールしましょう。

慣れるまで勇気がいる方法ですが、プロのラインジャッジも活用しているノウハウですので、ぜひ試してみて下さい。

 

3.大切なのは「正しくジャッジ」することではなく「責任感を持ってジャッジする」こと

どんなに視力の良い人、試合慣れしている人でも、セルフジャッジにミスは付き物です。

もし「失敗したな・・・」と感じたときには、すぐにジャッジを訂正しましょう。

ポイントレットになったり、それで相手のポイントになるケースもありますが、基本的に草トーナメントのセルフジャッジでは相手のポイントにしてあげてもOK。

それくらいの心の余裕を持つことをお勧めします。

一番まずいのは、「関わろうとしない」こと。

ダブルスでもジャッジをペアに任せっきりの人、たまにいますよね。

これが一番、まずいことです。

セルフジャッジも、やればやるだけ成長します。

しっかり責任感を強く持って、試合に臨むようにしましょう。

「入っていたかどうか、分からない・・・」というような感じでは、試合で不利益にしかなりません。

 

4.「イン」「アウト」だけのジャッジから卒業して、全体のルールを学ぶ意識を持とう

初中級者であれば、まずは「イン」「アウト」のジャッジがしっかりできること。

これが最低限の条件ですが、上級者になればルール全体を知る意識を持ちましょう。

テニスのルールは、アナタが思っている以上に複雑で細かい部分は毎年訂正されています。

とは言え、必要なのは試合でよくある「ありがち」なシチュエーション。

「ファーストサーブでガットが切れたら、ラケット変更できる?」

「疲労で痙攣したら、どこまで時間稼ぎができる?」

「ラリー中に帽子を落としたら?」

といった細かい部分、ぜひご自身で調べてみて下さい。

「ルールを知っている」ということが、試合では必ず大きな武器になります。

 

試合に強い選手は、いつも堂々としています。

それはセルフジャッジにしっかりとした自信があるから、ルールを知っているというバックボーンがあるからかも知れません。

ときに、汚いジャッジで相手を陥れようとする選手もいます。

テニス界の悲しい現実ですが、お互いに気持ち良くジャッジができれば、試合後もとても気持ち良い感覚を得られるのも、テニスの醍醐味。

学生のみなさんも、今のうちから是非意識を変えて取り組んでみて下さい。

セルフジャッジの意識一つで、大人になってきっと、楽しいテニスライフが待っていることでしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 「最近使い始めた、ホワイトボードみたいなのって何ですか?」のご質問
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. その他

    「たかが足元のボールケア、されどボールケア」強いチームは、足元のケアに本気です

    皆さんは普段、足元のボールをどれくらいケアしていますか?踏んだら大…

  2. テニス ダブルス

    その他

    テニスのストロークで「自分に適した打点」を探すのには、友達に協力してもらうのが一番です

    ストロークの「打点」で悩んでいる人、意外と多くありませんか?自…

  3. テニス ボレー

    その他

    自分のテニスの調子を、ショートラリーから気付けますか?

    毎日の練習、スタート段階から自分の調子を把握する。これが出来る…

  4. その他

    周りの後輩みんなの態度が悪いなら、チーム全体の仕組みや工夫の部分で何かが足りない

    「後輩の態度が悪いので、何とかしたいのですが・・・」こういった…

  5. テニス 駆け引き

    その他

    テニスの試合で予測をするときには、「逆を突かれても対応できる」相手かどうかをまず確認したい

    対戦相手の実力は測るとき、特にシングルスの試合では慎重になる。…

  6. テニス メンタル

    その他

    相手や周りを「褒めること」が出来る人は、きっとテニスも早く上達していく

    みなさんの周りにも、いつも人が集まって、テニスも含めて色々なことが「良…

特集記事

  1. テニス サーブ

    戦術

    「自分の得意なボール」で勝負したくなる、のがテニスの試合では怖い
  2. テニス サーブ

    サーブ

    実戦で使えるサーブは、「ワイドへのコースは軌道を高め」を意識しよう!
  3. テニス サーブ

    リターン

    サーブが入って「ホッ」とする瞬間を、見逃してはいけない
  4. テニス ボレー

    ボレー

    安定感のあるボレーを継続できる人は、「ラケットを動かし過ぎない」からミスが少ない…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    なぜ、錦織選手のバックハンドは鋭く落ちるのか
PAGE TOP