テニス ダブルス

その他

「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?

テニスの試合は、よほど大きな大会にならない限りセルフジャッジで試合を進行していきます。

選手たち自身で自分のコートをイン、アウト、その他ルールについてジャッジを下して進行する。

テニス独特のやり方ではありますが、このセルフジャッジがしっかりとできるかどうか、アナタは自信がありますか?

今回は、テニスのトーナメントに参加するうえで必要な「セルフジャッジ」について、改めて見直すきっかけになってもらえると嬉しいです。

 

「テニスの試合に出る人全員、絶対必要!」セルフジャッジに必要な意識とは?

 


 

1.まずはしっかり「見てジャッジする」ことが重要

当たり前ですが、しっかりとボールを見てコート上でのバウンド地点を見定めることが大切。

視力は良いにこしたことは無いですが、大切なのは動いているボールをしっかりと捉える動体視力。

これはトレーニングを積むことで、必ず向上できます。

プロの試合を生で、テレビで、Youtubeで見て、自分のテニス眼を鍛えていきましょう。

離れた場所からジャッジする機会もありますので、自分のコート内はしっかりジャッジできるよう、色々なライン際を練習から意識して見るように習慣付けておきましょう。

 

2.速いボールを見るにはコツがある!

それでも男性の速いサーブなどを、ミックスダブルスでジャッジする機会もあると思います。

「見えない・・・」と感じている方、ちょっとしたコツがあります。

速いサーブはボールを眼で追わず、目線を先に打球方向へ移してしまうのです。

サーブであれば、サービスライン付近へ先に目線を落とす。

これでかなり見えるようになるはずです。

その視界内に入ってこないようなボールは、フォルトかはっきりとしたイン、になりますので、慌てずにコールしましょう。

慣れるまで勇気がいる方法ですが、プロのラインジャッジも活用しているノウハウですので、ぜひ試してみて下さい。

 

3.大切なのは「正しくジャッジ」することではなく「責任感を持ってジャッジする」こと

どんなに視力の良い人、試合慣れしている人でも、セルフジャッジにミスは付き物です。

もし「失敗したな・・・」と感じたときには、すぐにジャッジを訂正しましょう。

ポイントレットになったり、それで相手のポイントになるケースもありますが、基本的に草トーナメントのセルフジャッジでは相手のポイントにしてあげてもOK。

それくらいの心の余裕を持つことをお勧めします。

一番まずいのは、「関わろうとしない」こと。

ダブルスでもジャッジをペアに任せっきりの人、たまにいますよね。

これが一番、まずいことです。

セルフジャッジも、やればやるだけ成長します。

しっかり責任感を強く持って、試合に臨むようにしましょう。

「入っていたかどうか、分からない・・・」というような感じでは、試合で不利益にしかなりません。

 

4.「イン」「アウト」だけのジャッジから卒業して、全体のルールを学ぶ意識を持とう

初中級者であれば、まずは「イン」「アウト」のジャッジがしっかりできること。

これが最低限の条件ですが、上級者になればルール全体を知る意識を持ちましょう。

テニスのルールは、アナタが思っている以上に複雑で細かい部分は毎年訂正されています。

とは言え、必要なのは試合でよくある「ありがち」なシチュエーション。

「ファーストサーブでガットが切れたら、ラケット変更できる?」

「疲労で痙攣したら、どこまで時間稼ぎができる?」

「ラリー中に帽子を落としたら?」

といった細かい部分、ぜひご自身で調べてみて下さい。

「ルールを知っている」ということが、試合では必ず大きな武器になります。

 

試合に強い選手は、いつも堂々としています。

それはセルフジャッジにしっかりとした自信があるから、ルールを知っているというバックボーンがあるからかも知れません。

ときに、汚いジャッジで相手を陥れようとする選手もいます。

テニス界の悲しい現実ですが、お互いに気持ち良くジャッジができれば、試合後もとても気持ち良い感覚を得られるのも、テニスの醍醐味。

学生のみなさんも、今のうちから是非意識を変えて取り組んでみて下さい。

セルフジャッジの意識一つで、大人になってきっと、楽しいテニスライフが待っていることでしょう。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと
  3. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  4. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  5. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合は、圧倒的に「ボールを打っていない」時間の方が長い

    テニスの試合は、自分がボールを打つ瞬間とその他、の時間の繰り返し。…

  2. テニス チャンス

    その他

    テニスのシード権とは、「与えられるものではなく、奪い取る」もの

    テニスの試合、シード権ってかっこ良い。かっこ良いだけじゃない、…

  3. テニス 気付き

    その他

    テニスの試合で、「ボールをよく見て、コースをしっかり打ち分ける」が出来るようになる簡単な練習方法とは…

    テニスの技術において、「コースを打ち分ける」というのは簡単そうで難しい…

  4. テニス 部活
  5. テニス ミス

    その他

    テニスの試合に強くなる為に個性を無くす、のではなく、個性をカスタマイズしていくことこそ大事

    試合に勝てるようになりたいけど、その為には自分の「良さ」を消さないとい…

  6. テニス メモ

    その他

    テニスやスポーツにおいて、自分の成長は「数字でしか測れない」という覚悟を持ちましょう

    スポーツ選手の実力、成果、実績といったものは、学生からプロ選手まで様々…

特集記事

  1. 練習メニュー

    練習で上手くなる、という発想は危険
  2. ボレー

    大きく踏み込んだボレーを安定させるには、「後ろ足の内側をコートに付ける」を意識し…
  3. テニス 言葉

    シングルス

    「ボールに勢いがない対戦相手」に苦労する、のは何でだろう?
  4. テニス ボレー

    ボレー

    相手ストロークを追い込める「深いボレー」に必要な4つの要素
  5. テニス リターン

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンダッシュから相手にプレッシャーをかける」メリット4…
PAGE TOP