テニス 練習

戦術

再現性の高さ、こそテニスの真の実力である

試合に強い人って、どんな人?

派手さは無いけど、きっと同じことをしっかりと繰り返せる人、だと思うんですよね。

サーブしかり、リターンしかり。

同じことを繰り返す、続けるって、本当に難しいこと、ですから。

 

再現性の高さ、こそテニスの真の実力である

 

1.いつも通り、がなかなか出来ないのが試合

ですよね。

いつも通りにやろうとすると、余計に緊張してしまう。

サーブなんて自分から打てるのに、毎回打ち方が変わってしまう。

それは、精神状態も違えばコートも、景色も違うから・・・と、分かってはいるけど難しい。

そうすると、自分の実力を疑い出してしまって、もうキリがない。

そうならない為にも、もう一度確認しておきましょう。

自分にとって、再現出来ること、は何があるのかということを。

 

2.丁寧に積み上げてきたこと、は再現出来る

ちょっとしたこと、でも良いんです。

みなさんの中で、自分なりに丁寧に積み上げてきたものって、再現性が高いんですよ。

人から教えられたこと、よりも、自分でしっかり考えて工夫してきたこと、ですね。

それは自然と、身体に染み付いているから再現出来る。

人から強引に教えられたこと、はそんなに実は試合で使えない、再現できない。

戦術だって陣形だって、そうですよ。

もちろん、ここT-PRESSのサイトで書いてきたことだってそうです。

 

3.数学の公式は理解するから覚えられる

テニスのセオリー、戦術だって一緒です。

ただ習うだけなら、身に付かないし、試合では到底再現出来ない。

自分で考えて、理解するから覚えられるし実践出来る。

数学の公式も、そうですよね。

文字と数字の羅列、を覚えようと思っても無理。

自分で使いながら、理解して初めて使えるようになる。

そうやって自分のものにすれば、どんな相手でも「この公式は使えるのか?」という目で見れるようになりますから。

そうなると、いつも同じように試合で戦えるようになるはずです。

 

4.同じように勝てた試合、はしっかり公式化しよう

みなさんの経験の中でも、きっとあるはず。

そう、公式化出来る試合って、たくさんあるんですよ。

公式を当てはめてみて、上手くいった試合、は再現出来る。

実は、毎回違うような相手でも同じような特徴を持つ相手、は多いですから。

日本って、テニススクールメインですからね、大人の練習環境って。

何かしら、共通点があると見て間違いない。

再現性が高いテニス、をぜひ意識してみて下さい。

 

独自の理論、の方が試合に強い。

自分で考えて、我流のテニスの人って強いじゃないですか。

それは、自分で考えた結果、再現性の高いテニスが出来ているからなんですよね。

テニスの基本って、意外と理解出来ているようで、出来ていない。

考えようとしていない・・・こと、ないですか?

ピックアップ記事

  1. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  4. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    テニスはなぜ、技術だけでは勝てないのだろう?

    パッと見て、すごく強そうな選手。でもその選手が、試合で勝てるか…

  2. テニス メンタル

    戦術

    テニスというスポーツは、「必ずその人らしさが現れる」と考えると想定力が身に付く

    テニスというスポーツ、皆さんは他の競技と比べてどんな特徴があると思いま…

  3. テニス リターン

    戦術

    試合に勝ったときにこそ「考える」選手は、強くなる

    テニスの試合って、引き訳が無い。究極、勝ちか負け、しかありませ…

  4. テニス 環境

    戦術

    自分が「ストローカーなのか?」「ボレーヤーなのか?」に、答えを出さなくても良い

    自分のプレースタイル、に軸を持つことは大事。私自身、試合ではボ…

  5. テニス スマッシュ

    戦術

    テニスの試合に勝つためには、「スタートダッシュが大原則」である

    実力はあるのに、試合で結果が出ない。それを、「何となくメンタル…

  6. テニス スマッシュ

    戦術

    強い選手は、リードした後にアグレッシブに戦術を変える

    テニスの試合って、ポイント形式が特殊ですよね。ゲーム内は、5ポ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    ライジングショットは、ボールのバウンド前からラケットを打点に到達させること
  2. テニス 守備

    リターン

    横に曲がるスライスサーブ、リターンでの対策は?
  3. テニス ストローク

    その他

    テニスにおいて弱点は克服しようと思わず、「個性を武器にしていく」意識で強くなろう…
  4. ダブルス

    繰り返しますが、アナタのダブルスに必要なのは大胆さ、です
  5. テニス サーブ

    サーブ

    「膝の沈み込み」を使えば、テニスのサーブはもっと楽に打てて安定する!
PAGE TOP