ボレー

テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!

カッコイイですよね。

こういうテクニカルなショットって、難しく見えますが実践している側の選手はいたってシンプル。

遠くを狙うという発想、があるから難しく見えてトライ出来ないだけだと思いますよ。

 

テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

 

1.狙いは常に、身体の近く

どんなボールでも、打ち出すのは自分のラケット。

そのラケットから、どういう角度で飛んでいくのか、で全ては決まります。

相手コートに落ちる場所、は結果的にそこになるだけで、常にイメージは「自分の身体から、どういう角度で離れていくのか」が大事。

自分の身体の近く、に目標や狙いを作れば、すごく楽なんですよね。

アングルボレーなら、例えば自分の背中の方向に打つ、という感覚がクロスでは有効。

「相手コートの、あそこを狙う!」と思っても、アウトするだけですからね。

 

2.ネットの上、自分の身体、を線で結んでみる

私がよくイメージするのは、これです。

ここを通したい、と思うネットの上と、自分の身体を結んでみる。

架空の線を引いて、その上をボールが通っていくような感じですね。

アングルボレーでも、意外とネットの上を通るときにはセンターストラップに近い、ような場所を通ると思いますよ。

まずはアウトしない、しっかり相手コートに入れないといけないですからね。

そのためにも、自分の身体の近くに狙いを作る。

そうすれば、すごく気持ちも楽になりますよ。

 

3.アングルボレー、意外とシングルスで使います!

「それって、ダブルスの人の考え方でしょ?」と思う方もいるでしょう。

いや、実はアングルボレーってテニスのシングルスの試合でよく使うんですよ。

前に出て、相手が抜きに来たショットを、触っただけでOKなアングルボレー、で準備しておく。

試合を観ていても、浅いボレーで決まるようなケース、多いじゃないですか。

シングルスの試合でも、この「身体の近くの目標」があるとすごく楽。

相手は一人、つい空いているコートのスペースを見て打ちたくなりますよね。

でも、そういう時は欲が出て、ほとんどアウトしているはずです。

 

4.相手コートを見れば、欲が出る

先ほど少し触れましたが、ネットプレーってそうじゃないですか。

相手コートを見ると、欲が出る。

だから相手コートを見ないでボールを見ながら、身体の近くの目標をしっかり意識する。

これだけで、かなりボレーの堅実性はアップすると思いますよ。

上手い人、強い人って、コントロールが何より崩れない。

そのために、自分の近くにターゲット、狙いを作っている訳ですから。

そこを通せば、まず間違いない。

アナタ自身で、アングルボレーの狙いをぜひ作ってみて下さい。

 

崩れない工夫って、いつでもシンプル。

遠くよりも近く、見えないことを見えるように変えていくだけ。

アングルボレーだって、同じですね。

アナタ自身でぜひ、「あ、こんな感じで良いんだ」を探してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  2. テニスコーチ時代に、最高に憂鬱だったこと
  3. テニス選手として必要な、「オーラルケア」と栄養素について
  4. ご質問頂いた件につきまして
  5. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    「とにかく難しい・・・」両手のバックバンドボレーに悩む人へ5つの改善ヒント

    硬式テニスで特に難しいのが、バックボレー。女性であれば、両手で…

  2. テニス スマッシュ

    ボレー

    「前のめりなボレーでの打ち終わり」は、隙だらけ

    「決まった!」と思ったら、返球されて慌ててしまう。この繰り返し…

  3. テニス メンタル
  4. テニス ストローク

    ボレー

    シングルの試合で、「ダウンザライン方向への展開から、ネットに出る」と、カバー範囲が狭いからポイントを…

    シングルスの試合で、ストロークの戦いだけになってしまうこと、多くないで…

  5. ボレー

    ファーストボレーの後に、相手のショットを読み切ろう

    ネットプレーの選手にとって、一番大事なこと。私は、この「予測力…

  6. テニス スライス

    ボレー

    自分のボレーを「下半身から重たいボール」にする、4つの秘訣

    自分のボレーに、「重たさ」はあるのか・・・。簡単にパッシングで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. その他

    いつでも試合の当事者は「自分」、が基本
  2. テニス ストローク

    ストローク

    打球方向に力を乗せる、ストロークに必要な要素とは?
  3. テニス メンタル

    その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて
  4. テニス 練習

    練習メニュー

    テニスが上達するに従って、「テニスの練習自体」も上達しているだろうか?
  5. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合で勝ちたければ、「対戦相手の個性を掴む能力」に磨きをかけましょう
PAGE TOP