ボレー

テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!

カッコイイですよね。

こういうテクニカルなショットって、難しく見えますが実践している側の選手はいたってシンプル。

遠くを狙うという発想、があるから難しく見えてトライ出来ないだけだと思いますよ。

 

テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

 

1.狙いは常に、身体の近く

どんなボールでも、打ち出すのは自分のラケット。

そのラケットから、どういう角度で飛んでいくのか、で全ては決まります。

相手コートに落ちる場所、は結果的にそこになるだけで、常にイメージは「自分の身体から、どういう角度で離れていくのか」が大事。

自分の身体の近く、に目標や狙いを作れば、すごく楽なんですよね。

アングルボレーなら、例えば自分の背中の方向に打つ、という感覚がクロスでは有効。

「相手コートの、あそこを狙う!」と思っても、アウトするだけですからね。

 

2.ネットの上、自分の身体、を線で結んでみる

私がよくイメージするのは、これです。

ここを通したい、と思うネットの上と、自分の身体を結んでみる。

架空の線を引いて、その上をボールが通っていくような感じですね。

アングルボレーでも、意外とネットの上を通るときにはセンターストラップに近い、ような場所を通ると思いますよ。

まずはアウトしない、しっかり相手コートに入れないといけないですからね。

そのためにも、自分の身体の近くに狙いを作る。

そうすれば、すごく気持ちも楽になりますよ。

 

3.アングルボレー、意外とシングルスで使います!

「それって、ダブルスの人の考え方でしょ?」と思う方もいるでしょう。

いや、実はアングルボレーってテニスのシングルスの試合でよく使うんですよ。

前に出て、相手が抜きに来たショットを、触っただけでOKなアングルボレー、で準備しておく。

試合を観ていても、浅いボレーで決まるようなケース、多いじゃないですか。

シングルスの試合でも、この「身体の近くの目標」があるとすごく楽。

相手は一人、つい空いているコートのスペースを見て打ちたくなりますよね。

でも、そういう時は欲が出て、ほとんどアウトしているはずです。

 

4.相手コートを見れば、欲が出る

先ほど少し触れましたが、ネットプレーってそうじゃないですか。

相手コートを見ると、欲が出る。

だから相手コートを見ないでボールを見ながら、身体の近くの目標をしっかり意識する。

これだけで、かなりボレーの堅実性はアップすると思いますよ。

上手い人、強い人って、コントロールが何より崩れない。

そのために、自分の近くにターゲット、狙いを作っている訳ですから。

そこを通せば、まず間違いない。

アナタ自身で、アングルボレーの狙いをぜひ作ってみて下さい。

 

崩れない工夫って、いつでもシンプル。

遠くよりも近く、見えないことを見えるように変えていくだけ。

アングルボレーだって、同じですね。

アナタ自身でぜひ、「あ、こんな感じで良いんだ」を探してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. ストローク練習機「ピコチーノ」は、素振りの質を高めてくれるはず
  5. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!

関連記事

  1. ボレー

    「サーブ&ボレー、見習い中」テニスの試合ではまずやってみることが相手へのプレッシャーの第一歩!

    大阪にある府立北かわち皐ヶ丘高校で、2カ月に一回くらい授業をしている。…

  2. テニス 練習

    ボレー

    テニスにおいて、「ボレー対ストロークのラリー練習が続かない」人が見直したい4つの意識

    テニスの練習、球出しからラリー練習まで様々ありますが、最初の「壁」とな…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    ボレーを一歩で動いて打つ人は、「ほとんどが腰が残ったボレー」になっちゃってるから安定しない

    「細かいステップ!」と、コーチや先輩から声かけられている方、多いと思い…

  4. ボレー

    ネット際のチャンスボールは、「ただコートに叩き付ければOK」の発想では、いつまで経っても学生テニスの…

    学生のテニスの試合、特にダブルスを観ていると気になることがある。チ…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    サーブ&ボレーのファーストボレーこそ、先に面作りをして安定感をアップ

    前に出た時に難しい、ファーストボレー。たくさんやるべきことを考…

  6. ボレー

    「試合が強い選手のボレーボレー」練習は、ココが違う!4つのポイント

    普段、ウォーミングアップのときにやる機会も多いボレーボレー。お…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい
  2. ボレー

    バックボレーで前に踏み込む、ことが出来れば試合でも勝てる
  3. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人
  4. テニス チャンス

    ダブルス

    「ロブは無い!」と思ったら、並行陣のポジションはここまで上げられる
  5. テニス ダブルス

    練習メニュー

    テニス選手として、「試合での敗戦を、活かせる人と活かせない人」の違い5つ
PAGE TOP