ボレー

テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

試合の中で、相手がいない場所にアングルボレー!

カッコイイですよね。

こういうテクニカルなショットって、難しく見えますが実践している側の選手はいたってシンプル。

遠くを狙うという発想、があるから難しく見えてトライ出来ないだけだと思いますよ。

 

テクニカルなアングルボレーも、狙いは常に身体の近くに

 

1.狙いは常に、身体の近く

どんなボールでも、打ち出すのは自分のラケット。

そのラケットから、どういう角度で飛んでいくのか、で全ては決まります。

相手コートに落ちる場所、は結果的にそこになるだけで、常にイメージは「自分の身体から、どういう角度で離れていくのか」が大事。

自分の身体の近く、に目標や狙いを作れば、すごく楽なんですよね。

アングルボレーなら、例えば自分の背中の方向に打つ、という感覚がクロスでは有効。

「相手コートの、あそこを狙う!」と思っても、アウトするだけですからね。

 

2.ネットの上、自分の身体、を線で結んでみる

私がよくイメージするのは、これです。

ここを通したい、と思うネットの上と、自分の身体を結んでみる。

架空の線を引いて、その上をボールが通っていくような感じですね。

アングルボレーでも、意外とネットの上を通るときにはセンターストラップに近い、ような場所を通ると思いますよ。

まずはアウトしない、しっかり相手コートに入れないといけないですからね。

そのためにも、自分の身体の近くに狙いを作る。

そうすれば、すごく気持ちも楽になりますよ。

 

3.アングルボレー、意外とシングルスで使います!

「それって、ダブルスの人の考え方でしょ?」と思う方もいるでしょう。

いや、実はアングルボレーってテニスのシングルスの試合でよく使うんですよ。

前に出て、相手が抜きに来たショットを、触っただけでOKなアングルボレー、で準備しておく。

試合を観ていても、浅いボレーで決まるようなケース、多いじゃないですか。

シングルスの試合でも、この「身体の近くの目標」があるとすごく楽。

相手は一人、つい空いているコートのスペースを見て打ちたくなりますよね。

でも、そういう時は欲が出て、ほとんどアウトしているはずです。

 

4.相手コートを見れば、欲が出る

先ほど少し触れましたが、ネットプレーってそうじゃないですか。

相手コートを見ると、欲が出る。

だから相手コートを見ないでボールを見ながら、身体の近くの目標をしっかり意識する。

これだけで、かなりボレーの堅実性はアップすると思いますよ。

上手い人、強い人って、コントロールが何より崩れない。

そのために、自分の近くにターゲット、狙いを作っている訳ですから。

そこを通せば、まず間違いない。

アナタ自身で、アングルボレーの狙いをぜひ作ってみて下さい。

 

崩れない工夫って、いつでもシンプル。

遠くよりも近く、見えないことを見えるように変えていくだけ。

アングルボレーだって、同じですね。

アナタ自身でぜひ、「あ、こんな感じで良いんだ」を探してみて下さい。

ピックアップ記事

  1. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的なテキスト5つ
  2. 多動力こそ、これからの時代のテニス選手に必要だと思う
  3. KT TAPE(ケーティーテープ) を使って、テニスの試合で酷使する「膝関節」を…
  4. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  5. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…

関連記事

  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに出てストロークを沈められるのが嫌なら、「ネットにベタ詰め」を一度経験してみよう!

    テニスの陣形やポジションで、完璧なものなんて無い。それなのに、…

  2. テニス リターン

    ボレー

    ボレーの基本、「ラケットのセットを、打点少し上に早く」が出来れば、試合でも楽に打つコースを隠せます

    ストロークではコースを打ち分けられるのに、ボレーではなかなか狙ったとこ…

  3. テニス ボレー

    ボレー

    低い位置のボレーを切ってしまう人は、実はコントロールが難しい

    ボレーは少しだけ、スライス回転をかける。確かに、これは硬式テニ…

  4. テニス ダブルス

    ボレー

    ポーチボレーを確実に決めるなら、〇〇もしっかり準備を!

    ダブルスのポーチボレー、決まると一気に盛り上がりますよね。です…

  5. テニス メンタル

    ボレー

    「パートナーのサーブが遅い!」だからこそポーチに出れる、逆転の発想とは?

    ダブルスの前衛にいるときは、ボレーも得意だからたくさんポーチに出たい!…

  6. テニス メンタル

    ボレー

    「速いボールがボレー出来ない、怖い」のは、ただアナタの目線が高いから

    レベルが高い試合になってくると、ストロークのスピードも上がる。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. 戦術

    取りに行くポイント、自分で決めよう
  2. テニス サーブ

    サーブ

    リターン強打が得意な相手には、スライスサーブが有効な理由
  3. テニス メモ

    メンタル

    メンタルを安定させる「メモ・テニスノート」の活用方法とは?
  4. テニス 指導

    サーブ

    なぜ部活やサークルで練習する「サーブ練習」のほとんどは、試合に活かされないのか
  5. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう
PAGE TOP