テニス ストローク

戦術

インドアコートの試合では、相手を走らせると選択肢を簡単に絞れる

インドアコートでの試合、みなさんも経験あると思います。

テニススクールやクラブ、では結構最近はインドア多いですからね。

アウトドアの試合に慣れていると、実は結構弊害も多い。

そして、相手によってはそれを上手く利用出来るケースもあるのです。

 

インドアコートの試合では、相手を走らせると選択肢を簡単に絞れる

 

1.試合会場に着いたら、まずは天井の高さをチェック!

これからまず、やりましょう。

どの程度の高さで、いつもの自分のロブと比べてみる。

ギリギリを通すのは、現実的では無いですよね。

結構低いコートも多いですから、上手く中ロブを使うのはOKですが、高いロブで時間は稼げないケースも多い。

シングルスの試合、ダブルスの試合両方でしょう。

結構、高く打ち上げて態勢を整えるようなポイントって、テニスではありますよ。

 

2.ロブが打てない、時間を稼げないということは・・・?

相手を左右、に走らせれば無理してくれる。

無理して上げたロブ、は結構天井に当たりますからね、その時点でアウトです。

左右に走らせて、高いロブが打てないとなると、テニスでは結構選択肢は狭められます。

それに、実は左右だけじゃない。

一番、インドアコートで天井にボールが当たるのって、どんなケースでしょう?

きっと、みなさんも当てた経験あるはずです。

 

3.ロブで頭上を抜かれたら、かなり厳しい

外でのコート、なら良いんです。

頭上をロブで抜かれても、走って追いついて、上に上げることが出来る。

そこで時間を作れますからね。

でも、インドアコートならどうでしょう。

頭上を抜かれて追いかけて・・・その後、自分の後方に低いロブってなかなか打てない。

天井も見えないですしね。

となると、無理した股抜きショットや強引なパッシングショット、が来る可能性も高いですからね。

当然、インドアコートですので頭上を抜かれるロブを打たれるケースは少し減ると思いますが、強い相手は狙って来ますよ。

インドアコート、頭上を抜かれたらかなり厳しいですから。

前に出るときには、要注意です。

 

4.相手の選択肢を狭めたら、一気に仕留めよう

追い込むだけじゃ、テニスでは1ポイントも入りません。

しっかり仕留める、相手が「これしか出来ない」のこれを消す、ことが大事です。

ロブが打てないなら、前に詰める。

強引なパッシングショットや、低いボールを予測することが大事です。

それから、相手がロブを打ったらしっかりと天井に当たるかどうか、をよく見てジャッジする。

微妙なら、プレーを続ける。

はっきりと当たった場合には、もちろんプレーを止めてOKですが、中途半端に続けるのはダメですね。

インドアコートでの試合、天井を上手く味方につけること、が大事です。

 

インドアでの試合は、テンポも速い。

でも、慌てず上手くロブを使う、使わせないような戦術を考えてみましょう。

難しく考えず、相手をしっかり走らせて天井アウトをもらう。

まずはそこから、ですね。

ピックアップ記事

  1. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    自分というテニス選手を、「監督と選手」に分けて考えてみよう

    スポーツの試合では、「監督」が采配で力を発揮する競技も多くありますよね…

  2. テニス 計算

    戦術

    テニス選手として、研究されてからが本当の勝負

    「研究されているな」と感じること。試合中に、ありますか?…

  3. テニス 戦術
  4. テニス ダブルス

    戦術

    試合に振り回されるのか、自ら試合を主導するのか

    テニスの試合って、基本どちらかが試合を動かしている。主導権を握…

  5. テニス メンタル

    戦術

    アナタのナイスショットは、相手にとってどうなの?

    結局、テニスはここなんです。相手にとって、どうなのか。…

  6. テニス 守備

    戦術

    速い球を速い球で返す、のは意外と簡単なのがテニス

    テニスをやっている人なら、「分かる・・・」という方も多いかも知れません…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 感覚

    メンタル

    格上選手相手にメンタルが折れる、弱さは発想で変えられる
  2. テニス サーブ

    リターン

    威力が無い羽子板サーブは、ドロップショット扱いでリターンすれば楽に攻撃出来る!
  3. 日々の雑記

    他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    テニスの大会で上位を目指したい、並行陣のレベルアップ術7つ
  5. テニス 雑誌

    その他

    テニスノートで成果が出る人は、「何でもすぐに、具体的に」書くことが実践出来ている…
PAGE TOP