テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わせってありますよね。

テニス歴が長く実績もあるペアと、初心者に近い方のペアが試合をする。

私は、こういう時にはハンデ戦を提案します。

普通に手加減、なんて真剣勝負じゃないし、面白くない。

そうは思いませんか?

 

ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

 

1.手加減試合なんて、止めてしまおう

あくまで、私からの提案です。

勝負は、真剣勝負だから面白い。

ゴルフの試合ならハンディキャップ制度がありますから、下手な人でもチャンスがある。

上手い人だって、油断出来ない。

だから試合って、面白くなる。

私が提案したいのは、「ハンディを付けて、あとは全力」で試合をすること。

実はこれ、強い側にもすごく練習になるんですよ。

 

2.例えば、どんなハンディが考えられるだろう?

基本的には、「強い側のペアの出来ること」を制限します。

例えば・・・

①ファーストサーブ禁止→セカンドサーブからのみ

②フォアハンド禁止→バックハンドのみ

③ストローク禁止→リターン以外は、ボレーのみ、コートにバウンドした時点で失点

④ボレー禁止→ストロークのみ

⑤卓球形式→必ず両選手が交互、に打たないといけない

どうでしょう?結構面白いと思いませんか?

私の感覚ですが、①のハンディだって結構キツイですよ。

サーブがセカンドのみ、ですからいきなり入らないとすぐ失点。

これって、相手が弱くても非常にプレッシャーになるし、良い練習になる。

③や⑤のハンディもキツイですね。

上手く頭を使えば、弱いペアにもチャンスがある。

だから盛り上がるし、テニスの試合が楽しくなって、勝ちたいと思えるようになる。

初心者の方こそ、こういう仕掛けに組み込んであげる。

これが強いサークル、部活の試合に対する考え方でしょう。

 

3.「勝つチャンスがあるんだ」と思えれば、人は頑張れる

思い出してみて下さいよ。

過去の部活、サークル、テニススクールで、やる気が無い人って諦めてる。

どんなにやっても、自分は勝てない、強い人とは住む世界が違うと思っている。

試合をしても、「手加減されたのに、負ける」から、テニス自体が嫌になってしまうんですよね。

だったら、ハッキリとハンディを付けてお互い必死になる。

ハンディを頭に入れて、考える、どうすればポイントが取れるのか。

これって、実は本番の試合でもすごく活きて来るし、自信になることなんです。

 

4.「試合をしてあげる」という感覚は、捨てよう

何より、アナタ自身の練習になりますから。

悲しいかな、テニス界には初心者の人を見下している上級者の人、たくさんいます。

もう、情けないというか、見てられないんですよね。

こういう人こそ、ハンディを相手に与えて自分も全力になれば良い。

負けたくない、と思って必死になれば、きっとアイデアも生まれてくるはずなんですよね。

「試合をやってあげている」という空気が、テニス界が初心者を遠ざけている一番の要因。

さぁ、お互い本気で戦いましょう。

色々なハンディ、ダブルスの試合でぜひ試してみて下さい。

 

こういうのって、強い側が怖い。

実際に、やってみると分かります。

頭を使うことに慣れていない人は、もうハンディの弱いところを突かれて終わりですよ。

そんな人は、きっと試合でも勝てていないはず。

試しにやってみて下さい、きっと丸裸になりますから。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  3. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  4. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  5. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!

関連記事

  1. ダブルス

    ダブルスの初中級レベルの相手なら、「前衛のバックボレー狙い」から一気にチャージしよう!

    ダブルスの初中級レベルの試合では、前衛に穴がある。特に女子ダブ…

  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    並行陣でサーブ&ボレー、早めにファーストボレーをストレートに流しておこう

    ダブルスの並行陣、レベルに限らず意識して欲しいこと。実は、並行…

  3. テニス ボレー

    ダブルス

    ダブルスのストレートアタックは、そのままボレー戦に持ち込むつもりで前に踏み込もう!

    ダブルスのストレートアタック、皆さん試合で実践出来てますか?「…

  4. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的です

    「あの前衛、よくボレー出て来るな・・・」と思ってストレートに打ち始める…

  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスの試合で後衛にいるとき、クロスのボールに前衛は「触れないかも」と思っておいた方が良い

    ダブルスの試合で、非常に難しい部分。前衛がポーチに出たけど・・…

  6. テニス 練習

    ダブルス

    シングルスが得意な選手同士が組んだダブルス、を崩していくレシピ5つ

    ダブルスの試合、シングルスが強い選手同士が組むとどうなるか。私…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. フットワーク

    テニスの試合では、「攻めのスプリットステップ」を使って、自分が打ったコースへ詰め…
  2. テニス 準備

    戦術

    インドアコートに慣れている人は、アウトドアコートでは6割の力しか出せない
  3. テニス ストローク

    メンタル

    「自分が成長する可能性」を信じることは出来ているか?
  4. テニス シングルス

    その他

    テニスの試合で「打つコースがバレバレ」になってしまう人の特徴4つ
  5. テニス ボレー

    ロブ

    試合でロブを使えない人は、打つタイミングがおかしい
PAGE TOP