テニス ダブルス

ダブルス

ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

チームやサークルで試合をする、ときに、どうしてもレベル差がある組み合わせってありますよね。

テニス歴が長く実績もあるペアと、初心者に近い方のペアが試合をする。

私は、こういう時にはハンデ戦を提案します。

普通に手加減、なんて真剣勝負じゃないし、面白くない。

そうは思いませんか?

 

ダブルスの試合、ハンデ戦はこうやれば盛り上がる!

 

1.手加減試合なんて、止めてしまおう

あくまで、私からの提案です。

勝負は、真剣勝負だから面白い。

ゴルフの試合ならハンディキャップ制度がありますから、下手な人でもチャンスがある。

上手い人だって、油断出来ない。

だから試合って、面白くなる。

私が提案したいのは、「ハンディを付けて、あとは全力」で試合をすること。

実はこれ、強い側にもすごく練習になるんですよ。

 

2.例えば、どんなハンディが考えられるだろう?

基本的には、「強い側のペアの出来ること」を制限します。

例えば・・・

①ファーストサーブ禁止→セカンドサーブからのみ

②フォアハンド禁止→バックハンドのみ

③ストローク禁止→リターン以外は、ボレーのみ、コートにバウンドした時点で失点

④ボレー禁止→ストロークのみ

⑤卓球形式→必ず両選手が交互、に打たないといけない

どうでしょう?結構面白いと思いませんか?

私の感覚ですが、①のハンディだって結構キツイですよ。

サーブがセカンドのみ、ですからいきなり入らないとすぐ失点。

これって、相手が弱くても非常にプレッシャーになるし、良い練習になる。

③や⑤のハンディもキツイですね。

上手く頭を使えば、弱いペアにもチャンスがある。

だから盛り上がるし、テニスの試合が楽しくなって、勝ちたいと思えるようになる。

初心者の方こそ、こういう仕掛けに組み込んであげる。

これが強いサークル、部活の試合に対する考え方でしょう。

 

3.「勝つチャンスがあるんだ」と思えれば、人は頑張れる

思い出してみて下さいよ。

過去の部活、サークル、テニススクールで、やる気が無い人って諦めてる。

どんなにやっても、自分は勝てない、強い人とは住む世界が違うと思っている。

試合をしても、「手加減されたのに、負ける」から、テニス自体が嫌になってしまうんですよね。

だったら、ハッキリとハンディを付けてお互い必死になる。

ハンディを頭に入れて、考える、どうすればポイントが取れるのか。

これって、実は本番の試合でもすごく活きて来るし、自信になることなんです。

 

4.「試合をしてあげる」という感覚は、捨てよう

何より、アナタ自身の練習になりますから。

悲しいかな、テニス界には初心者の人を見下している上級者の人、たくさんいます。

もう、情けないというか、見てられないんですよね。

こういう人こそ、ハンディを相手に与えて自分も全力になれば良い。

負けたくない、と思って必死になれば、きっとアイデアも生まれてくるはずなんですよね。

「試合をやってあげている」という空気が、テニス界が初心者を遠ざけている一番の要因。

さぁ、お互い本気で戦いましょう。

色々なハンディ、ダブルスの試合でぜひ試してみて下さい。

 

こういうのって、強い側が怖い。

実際に、やってみると分かります。

頭を使うことに慣れていない人は、もうハンディの弱いところを突かれて終わりですよ。

そんな人は、きっと試合でも勝てていないはず。

試しにやってみて下さい、きっと丸裸になりますから。

ピックアップ記事

  1. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  2. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム
  3. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  4. これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    守備力の高いダブルスペアが実践している「ピンチでロブを上げてしっかり守る」為に必要な意識とは?

    良いダブルスの要素、それは色々とあると思いますが、対戦していて嫌なペア…

  2. テニス ストローク

    ダブルス

    「だからダブルスが嫌いなんだよ!」テニスの試合では自分がやられて嫌なことを相手にやってみよう

    ダブルスって楽しい・・・そう思えるようになったのはいつからだろう?…

  3. テニス ダブルス
  4. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで相手を騙す、長い打ち合わせの後に正攻法作戦

    ダブルスの試合、相手がちょっと長い打ち合わせをしている・・・。…

  5. テニス ボレー

    ダブルス

    雁行陣でロブが抜けたときには・・・前衛にビッグチャンスが舞い込んで来る

    ダブルスの試合で、学生の皆さんは雁行陣で戦うケースが多いと思います。…

  6. テニス メンタル

    ダブルス

    ダブルスの試合で、もし「自分の身体が反応」してしまったら、もう動いてしまおう

    ダブルスの試合で、例えば・・・打ち合わせしていないポーチに、つい身体が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス メンタル

    その他

    急に暑くなってきた今、試合に出る人は意識したい「テニスウェアの準備」について
  2. テニス Q&A

    メンタル

    学生時代の選手は、必ず「突然変異」がテニスに起こる、いや起こさせないとダメ
  3. ストローク

    スライスストロークは、スライスでの返球が基本になる
  4. 戦術

    試合の中では、難しい場面でこそ「大胆な自分」でいこう
  5. テニス ストローク

    ストローク

    試合のラリーの中で、「コースを変える」ときにミスが増えるのは、なぜ?
PAGE TOP