メンタル

社会人のメンタルの強さを、学生はまだまだ甘く見ているから勝てないのです

私も昔、高校生のころはよく一般の試合に出ていました。

色々練習仲間が欲しかったのと、「大人の人って、どんなテニスするの?」というのにすごく興味があったから。

でも、同時に甘くも見ていたんですよね。

ちゃんと毎日練習してる、うちらの方が強いだろうと。

結果的に、こてんぱんにやられたのを昨日のことのように思い出します。

 

社会人のメンタルの強さを、学生はまだまだ甘く見ているから勝てないのです

 

1.長時間練習、試合では無意味

原因はシンプル。

ただ、長い時間練習していれば、それで勝てると思ってたんです。

相手は社会人、おじさんたちなんて楽勝だろうと。

でも、それは本当に甘い考えでした・・・。

今、仕事をしながらテニスをしていて感じるのは、「テニスが出来ることの有難さ」なんですよね。

怪我もしますし、何より練習が出来ない、のが当たり前。

その中で、試合を作っていかないといけない訳ですから、そりゃ考えます。

 

2.社会人は、強い

結構、私は感じています。

社会人で試合に出ている方って、強いですよ。

きっと、平日はほとんど練習出来ていないと思うんですけどね。

だからこそ、試合に対しての準備をオフコートで出来ている。

何より、試合を楽しんでいる雰囲気がすごく伝わってくるですよね。

言い方は悪いですが、学生の部活って何かしらに入らないといけなかったり、自分の意志って薄いじゃないですか。

それに対して、社会人の人はしっかり自分の意志でテニスを継続している。

エントリー費も、当然自分で支払っている。

当たり前ですが、当事者意識が強いから、試合も諦めない。

これって、試合の現場では結構大きな差だと思いますよ。

 

3.試合を楽しめている人は、本当に強い

学生と社会人の試合って、草トーでもよくあると思います。

当然、色々な人がいると思いますが、結構学生の方が「楽しめてない」ような気がするんです。

それも、テニスが出来るのが当たり前の環境、ずっとテニスを出来ているからこそ、その有難みって感じ辛いのかも知れない。

雨で練習が中止、になったら喜んでたりしましたからね・・・そりゃ、勝てないですよ。

試合を楽しんでいる、テニスとしっかり向き合っている人、に学生はそう簡単に勝てない。

この現実、をしっかり受け入れないとダメなんです。

 

4.良いきっかけに出来るか、負け続けるのか

この差、分かれ目は、何を感じるのか、です。

「サラリーマンのおっさんに、シコいテニスに負けた」と思うのか、「これはまずい・・・根本的に変えないと」と思うのか。

正直、負けて悔しい、それも自分が勝てると思った相手に、ですからね。

気持ちを整理して、自分と向き合うのは容易なことではないでしょう。

でも、結局こういう相手は学生にも多いし、これからも戦っていくことになる。

負けたことは、恥ずかしいことでも何でも無い。

それを活かせない人こそ、恥ずかしいしもったいないと私は思いますよ。

 

テニスの醍醐味、だと思います。

学生に社会人が勝つ、そのまた逆もあり。

お互いの意地、のぶつかり合いですからね。

どこかで、そういう仕掛けや交流出来るような大会、をやってみたいな・・・と。

きっと、みなさんとなら実現出来るような気がします。

ピックアップ記事

  1. 大人のトレーニングは「DNS プロエックス」を使って効率的に
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  4. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  5. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    「勝ち上がる気、あるのかっ?」テニスのトーナメントを勝ち抜くために

    高校卒業してから上京してテニスコーチになったんだけど、そこでコーチしな…

  2. テニス コントロール

    メンタル

    追い込まれないとスイッチが入らない、人が普通です

    テニスの試合に出ている人なら、誰しもが考えていること。それは、…

  3. テニス ポジショニング

    メンタル

    「良いテニスとは、どんなテニスか?」について、2つの視点で考えてみる

    私が以前にテニスコーチをしていたときに、よく考えていた問題について。…

  4. テニス メンタル

    メンタル

    アナタ自身が真剣にテニスを続けていれば、「たまに辞めたいと思う」のは自然なことです

    いつも前向きに、テニスも仕事も勉強も、プライベートも充実している。…

  5. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの試合で、「綺麗に美しく勝ちたい」と誰もが思いながら、負けていくという事実

    皆さん、今年はどんなテニスで一年を戦いましたか?色々チャレンジ…

  6. テニス 試合

    メンタル

    「なぜ、アナタは見た目だけでテニス選手の実力」を判断してしまうのか?という問題は深刻です

    試合会場に着いて、自分の名前が呼ばれる、または控えの試合に入る。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 技術

    リターン

    ダブルスでリターンをポーチボレーされることは、悪いことでも何でもない
  2. テニス ストローク

    ボレー

    「バックのハイボレーはもどかしい」テニスで難しい技術はどうマスターすれば良い?
  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスで「ダブルフォルト連発病」が治るかも知れない5つの改善策
  4. テニス ストローク

    ストローク

    「オープンスタンスでの守備的なストローク」は、軸足をしっかり意識して体重を乗せる…
  5. ストローク

    テニスの試合で使えるフォアハンドを武器にしたいなら、「パワー以外の方向性」をお勧…
PAGE TOP