メンタル

社会人のメンタルの強さを、学生はまだまだ甘く見ているから勝てないのです

私も昔、高校生のころはよく一般の試合に出ていました。

色々練習仲間が欲しかったのと、「大人の人って、どんなテニスするの?」というのにすごく興味があったから。

でも、同時に甘くも見ていたんですよね。

ちゃんと毎日練習してる、うちらの方が強いだろうと。

結果的に、こてんぱんにやられたのを昨日のことのように思い出します。

 

社会人のメンタルの強さを、学生はまだまだ甘く見ているから勝てないのです

 


 

1.長時間練習、試合では無意味

原因はシンプル。

ただ、長い時間練習していれば、それで勝てると思ってたんです。

相手は社会人、おじさんたちなんて楽勝だろうと。

でも、それは本当に甘い考えでした・・・。

今、仕事をしながらテニスをしていて感じるのは、「テニスが出来ることの有難さ」なんですよね。

怪我もしますし、何より練習が出来ない、のが当たり前。

その中で、試合を作っていかないといけない訳ですから、そりゃ考えます。

 

2.社会人は、強い

結構、私は感じています。

社会人で試合に出ている方って、強いですよ。

きっと、平日はほとんど練習出来ていないと思うんですけどね。

だからこそ、試合に対しての準備をオフコートで出来ている。

何より、試合を楽しんでいる雰囲気がすごく伝わってくるですよね。

言い方は悪いですが、学生の部活って何かしらに入らないといけなかったり、自分の意志って薄いじゃないですか。

それに対して、社会人の人はしっかり自分の意志でテニスを継続している。

エントリー費も、当然自分で支払っている。

当たり前ですが、当事者意識が強いから、試合も諦めない。

これって、試合の現場では結構大きな差だと思いますよ。

 

3.試合を楽しめている人は、本当に強い

学生と社会人の試合って、草トーでもよくあると思います。

当然、色々な人がいると思いますが、結構学生の方が「楽しめてない」ような気がするんです。

それも、テニスが出来るのが当たり前の環境、ずっとテニスを出来ているからこそ、その有難みって感じ辛いのかも知れない。

雨で練習が中止、になったら喜んでたりしましたからね・・・そりゃ、勝てないですよ。

試合を楽しんでいる、テニスとしっかり向き合っている人、に学生はそう簡単に勝てない。

この現実、をしっかり受け入れないとダメなんです。

 

4.良いきっかけに出来るか、負け続けるのか

この差、分かれ目は、何を感じるのか、です。

「サラリーマンのおっさんに、シコいテニスに負けた」と思うのか、「これはまずい・・・根本的に変えないと」と思うのか。

正直、負けて悔しい、それも自分が勝てると思った相手に、ですからね。

気持ちを整理して、自分と向き合うのは容易なことではないでしょう。

でも、結局こういう相手は学生にも多いし、これからも戦っていくことになる。

負けたことは、恥ずかしいことでも何でも無い。

それを活かせない人こそ、恥ずかしいしもったいないと私は思いますよ。

 

テニスの醍醐味、だと思います。

学生に社会人が勝つ、そのまた逆もあり。

お互いの意地、のぶつかり合いですからね。

どこかで、そういう仕掛けや交流出来るような大会、をやってみたいな・・・と。

きっと、みなさんとなら実現出来るような気がします。

ピックアップ記事

  1. 雨が多い時期の試合は、防水スプレーは必須アイテム
  2. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  3. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  4. 都内でラケットバッグを持ち歩くのは辛い!人は、「ecbo cloak」でラケバを…
  5. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール

関連記事

  1. テニス ストローク

    メンタル

    全力でやって失敗、なら立ち直りも成長も早いのがテニス

    テニスの上達が早い人。そういう人は、自分自身で大きな刺激を受け…

  2. テニス 時間

    メンタル

    テニスの試合で「いやらしく時間を使ってくる相手」には、毅然とした姿勢で!

    テニスの試合に出ていると、相手が「意図的に時間を使ってるな・・・」と感…

  3. テニス メンタル

    メンタル

    自分で自分を「センスがある」と思っている人に、テニスを教えるのは難しい

    テニスは突き詰めたところで遊びですし、好きにやれば良いと思います。…

  4. テニス ミス

    メンタル

    「負け癖」を拭い去っていく為に必要なのは、テニス以外の生活部分を変えること

    テニスの試合、なかなか勝てない。練習は一生懸命やっているのに、…

  5. メンタル

    アナタの部活やサークル、「チームの中でしっかり、意見を言い合える環境」があるかどうか?

    日本は調和の社会。どこか今あるもの、今まで踏襲してきたものや継…

  6. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について

    全豪オープンもここからが佳境!今日、今まさに錦織選手の試合も始…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス タオル

    テニス知識

    テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. ダブルス

    ダブルスの前衛で粋な計らい、それは「ペアのサーバーが打ちやすいコース」を空けてあ…
  3. テニス ロブ

    ボレー

    バックハンドの高い打点で打たせつつ、ネットに出るのが大正解
  4. シングルス

    シングルスの試合で、全くネットに出てこない相手ほど楽な相手はいない
  5. テニス メンタル

    練習メニュー

    「出来ない」のではなく、「やっていない」だけ
PAGE TOP