テニス ダブルス

その他

ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?

ダブルスの試合を観ていると、感じること。

それは強い人、ペアを引っ張る人は、パートナーを盛り上げる雰囲気、があるということ。

ちょっとしたことですが、これってなかなか出来ないんですよ。

恥ずかしい、とか感じる人も多いでしょうしね。

でも、あえて言います。

テニスの試合、ペアでのスキンシップはマナーであり、絶対に必要なことです。

 

ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?

 

1.ポイント間でのタッチ、必ずやろう

私自身、中学時代は「なんでするの?」と思ってました。

ナイスプレーの後でもないのに、毎回ペアで手を合わせる。

ちょっと恥ずかしいな・・・と思いながらも、高校くらいからは「必ずやるもの」という意識になってきました。

ポイント間では、必ずパートナーとお互い手をタッチ、これが当たり前。

試合に出続けていると、私自身その必要性を感じられるようになってきました。

実際に、このタッチにはその人のスタンスが現れているんですよね。

 

2.自分から、相手にタッチを求めていこう

これが、アナタ自身、出来ているか?

特に、ポイントを落とした後、パートナーがミスしたような後、です。

自分から、手を差し出していく。

そして、「よし、次だ!」というメッセージを送ること。

これが、何より大事なんですよね。

正直、自分も落ち込んでいるでしょうし、ペアとしても痛い失点。

でも、もう失点されたものは仕方ない、切り替えていかないといけない。

そのメンタルを、先導できるかどうか、が大事なんです。

 

3.言葉よりも、温かいメッセージになるはず

「ドンマイ、ドンマイ」と言う言葉よりも、きっと大きい。

そっと手を出して、強くタッチする、握る。

アナタ自身が、相手の立場だったらどうでしょう?

自分がミス、したとしても、こうやって迎えられたら「よし、次は!」と思うじゃないですか。

私は、言葉で励ますよりも、こっちの方が効果的だと思いますよ。

大事なのは、試合に勝つこと。

試合に勝つために、何が出来るのかを考えた時に、私はこのスキンシップ一つでかなり変わると思います。

 

4.しぐさや行動で、人のメンタルは作られる

実はこれ、パートナーの為だけじゃない。

アナタ自身の為、でもあるんです。

仲間を強く、温かく励ますことが出来れば、それはアナタ自身の強さにもつながっていく。

しぐさや行動で、人ってメンタルや性格が出来ていくと思うでんすよね。

ちょっと消極的な人も、こうやって仲間を励ますことで自分自身も強くなれる、積極的になれる。

まぁ、騙されたと思ってやってみて下さい。

きっと、世界が少しずつ変わっていくと思いますよ。

 

これは、すぐに出来ること。

ちょっとしたことですが、試合で自分から、ポイント間にペアに向かっていって下さい。

きっと、パートナーも自分も変わっていくと思いますよ。

ちょっと、恥ずかしいですけどね。

でも、試合に勝ちたいなら必要なこと、でしょう。

ピックアップ記事

  1. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  2. プロテニス選手を目指したいなら、英語は必須!実用的でオススメなテキスト5つ
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 寒くなる季節の変わり目に、テニスの試合で折り畳み式ブランケットは欠かせない
  5. 晴雨兼用のビッグパラソルは、テニス選手なら欠かせないアイテム

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合会場で周りに迷惑をかけない「基本的なマナー」5つ

    試合はたくさんの相手、関係者と一緒に進めていくもの。自分の勝利…

  2. その他

    試合に強い自分になりたければ、「体力テニス」は避けて通れない

    テニスは体力が必要。でも、体力を必要とするテニスをするためにはある…

  3. テニス 部活

    その他

    真面目に正攻法、なテニスでは勝てる相手が限られてくるのは当たり前

    テニスの試合に勝つ。この目指すことに向けて、アナタ自身どうやっ…

  4. テニス ダブルス

    その他

    外部の練習に参加するときは、オーディションの気持ちで

    皆さんも普段の仲間、以外のメンバーと練習する機会はあると思います。…

  5. テニス ストローク

    その他

    そもそもテニスではなぜ、「自分の思い通りに打つ」のが難しいかを考えると・・・?

    テニスを始めたころ、皆さんこんな気持ちになりませんでしたか?「…

  6. その他

    「今日やった練習だけを記録するテニスノート」では物足りないから、自分の感触や考えを加えていこう!

    夏休みといえば、皆さんどんなことを思い出しますか?私は・・・小学生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    サーブで力が伝わらない人は、肘が伸び切ってから打っている可能性大
  2. テニス 客観視

    その他

    「本気でテニスを上手くなる」段階に入るには、自分自身で恥を知るきっかけが必要です…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    ダブルスの試合で必須な技術、「相手リターンでのストレートアタックに備えるブロック…
  4. テニス ポジショニング

    メンタル

    「人に合わせるテニス」だと、何か起きても結局いつも他人のせいに出来る
  5. メンタル

    「今日はテニスの調子が悪い・・・」と感じたら、試合中に実践したい修正方法について…
PAGE TOP