テニス ダブルス

その他

ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?

ダブルスの試合を観ていると、感じること。

それは強い人、ペアを引っ張る人は、パートナーを盛り上げる雰囲気、があるということ。

ちょっとしたことですが、これってなかなか出来ないんですよ。

恥ずかしい、とか感じる人も多いでしょうしね。

でも、あえて言います。

テニスの試合、ペアでのスキンシップはマナーであり、絶対に必要なことです。

 

ダブルスの試合、パートナーにタッチに自分から動けているか?

 


 

1.ポイント間でのタッチ、必ずやろう

私自身、中学時代は「なんでするの?」と思ってました。

ナイスプレーの後でもないのに、毎回ペアで手を合わせる。

ちょっと恥ずかしいな・・・と思いながらも、高校くらいからは「必ずやるもの」という意識になってきました。

ポイント間では、必ずパートナーとお互い手をタッチ、これが当たり前。

試合に出続けていると、私自身その必要性を感じられるようになってきました。

実際に、このタッチにはその人のスタンスが現れているんですよね。

 

2.自分から、相手にタッチを求めていこう

これが、アナタ自身、出来ているか?

特に、ポイントを落とした後、パートナーがミスしたような後、です。

自分から、手を差し出していく。

そして、「よし、次だ!」というメッセージを送ること。

これが、何より大事なんですよね。

正直、自分も落ち込んでいるでしょうし、ペアとしても痛い失点。

でも、もう失点されたものは仕方ない、切り替えていかないといけない。

そのメンタルを、先導できるかどうか、が大事なんです。

 

3.言葉よりも、温かいメッセージになるはず

「ドンマイ、ドンマイ」と言う言葉よりも、きっと大きい。

そっと手を出して、強くタッチする、握る。

アナタ自身が、相手の立場だったらどうでしょう?

自分がミス、したとしても、こうやって迎えられたら「よし、次は!」と思うじゃないですか。

私は、言葉で励ますよりも、こっちの方が効果的だと思いますよ。

大事なのは、試合に勝つこと。

試合に勝つために、何が出来るのかを考えた時に、私はこのスキンシップ一つでかなり変わると思います。

 

4.しぐさや行動で、人のメンタルは作られる

実はこれ、パートナーの為だけじゃない。

アナタ自身の為、でもあるんです。

仲間を強く、温かく励ますことが出来れば、それはアナタ自身の強さにもつながっていく。

しぐさや行動で、人ってメンタルや性格が出来ていくと思うでんすよね。

ちょっと消極的な人も、こうやって仲間を励ますことで自分自身も強くなれる、積極的になれる。

まぁ、騙されたと思ってやってみて下さい。

きっと、世界が少しずつ変わっていくと思いますよ。

 

これは、すぐに出来ること。

ちょっとしたことですが、試合で自分から、ポイント間にペアに向かっていって下さい。

きっと、パートナーも自分も変わっていくと思いますよ。

ちょっと、恥ずかしいですけどね。

でも、試合に勝ちたいなら必要なこと、でしょう。

ピックアップ記事

  1. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  2. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい
  3. テニスのフットワークを支える足元の秘密は、スーパーフィートのインソール
  4. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  5. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    テニスコート脇で「スウェットばかり履いている人」が、大事な試合で勝てないその理由について

    私が大学に進学した15年前くらいから、目立ち始めたこの光景。か…

  2. テニス チェア

    その他

    テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選

    テニスの試合会場で、待ち時間が長いと・・・それだけで疲れちゃいますよね…

  3. テニス 準備

    その他

    「一般のテニスの試合に出て恥をかかない」為に、学生の皆さんに身に付けておいて欲しいマナー5つ

    学生の皆さんは、公式の試合の回数は限られている。しかも出場人数…

  4. その他

    「一年生はボール拾いとランニング」のテニス部に未来は無い

    一年生の部活での立場、皆さんどうでしょうか?実際に部員が多いと…

  5. テニス 部活

    その他

    試合に勝てるテニス選手になりたければ、「数を打てれば満足」な練習から脱皮しないとダメ

    「いやー今日はたくさん打てたから、良かった良かった」「今日のス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    いつの間にか、「自分よりレベルが低い人だけ」を見て、自分を安心させていませんか?…
  2. シングルス

    シングルスの試合でストローク戦を優位に展開する、「バックハンドの前後揺さぶり」攻…
  3. テニス知識

    これからの梅雨の時期に、準備しておきたいラケバ用レインカバー
  4. テニス ダブルス

    ボレー

    「ココに飛んだら、GO!」というサイン
  5. テニス サーブ

    サーブ

    自分のセカンドサーブに、型が無いと思いませんか?
PAGE TOP