テニス 楽天

その他

「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ

約1ヶ月後に迫った、楽天ジャパンオープン2015。

今年も錦織選手はじめ、ワウリンカ選手にブライアン兄弟のダブルスなど、見どころがたくさん!

過去に運営にも携わっていたことがある筆者が、大会をより楽しむポイントを挙げてみたいと思います。

 

「楽天ジャパンオープン 2015」をしっかり楽しむ為に抑えておきたいポイント5つ

 


 

1.観戦スケジュールをしっかり立てる

楽天オープンではセンターコート、1番・2番コートを中心に、複数の試合が同時進行。

全ての試合を全部観ることは難しいので、事前にしっかり観戦の計画を立てましょう。

公式サイトでは各コートの試合進行表(オーダーオブプレイ)が随時更新されますので、必ずチェック。

テニスの試合は観戦の移動もチェンジコートのときにしかできませんので、観戦も計画的に考えましょう。

 

2.この機会にビーチテニスの迫力に触れる!

近年人気を増しているビーチテニス。

楽天オープンでもここ数年、同時開催でツアーを企画してプロの試合を有明の会場で生で観ることができます。

バウンドさせない、言わばボレーボレー戦の熱い戦い。

テニスではめったに観られないようなアクロバティックなプレーも、ビーチテニスならではの魅力。

ぜひブースエリアの近くで、観戦してみて下さい。

 

3.毎年充実してきた飲食ブース!今年は・・・

つい最近まで、飲食ブースは正直あまり美味しいとは言えませんでした。

それも、ここ数年で見違えるほど改善され、味もバリエーションもとっても豊富に!

これは自信を持ってお勧めできるポイントです。

ただし、どうしても混んでしまう可能性もあるので、心配な方は事前に準備が必要。

あまり知られていませんが、有明テニスの森公園の北側には大きなスーパーも隣接。

コンビニではちょっと・・・という方も、ここで調達すればテニスの観戦にピッタリのお供が見つかるはずです。

 

4.選手の練習観戦は、マナーを守って積極的に観に行きましょう

過去にはナダル選手、錦織選手しかり、3番コート付近での練習機会が多いようです。

離れた場所からの見学でも、そのスィングスピードを体感できるのは魅力です。

試合前なのに、「こんなに追い込むの・・・!?」という衝撃的なトレーニングも観れるかも知れません。

ただし、選手の集中は乱さないように、しっかり配慮して見学に行くようにしましょう。

 

5.メーカーブース、会場の雰囲気、無料で味わえる魅力でも充分!

今回も錦織選手の活躍で、残念ながらセンターコートのチケットはもう完売近いんだとか・・・。

であれば、無料で楽しめる公園内を思いっきり散策しましょう。

メーカーブースは買い物だけでなく、体験やサイン会、さらに大型ビジョンを前にみんなで一体になって応援できる魅力があります。

これはぜひ、高校生や学生の皆さんにも体感して欲しいところ。

お勧めは平日ですが、お仕事や学校があるから・・・という方も多いはず。

それでも日程によっては「ナイトセッション」という、夜開始の試合が組まれるケースもあります。

まめに公式サイトをチェックして、ナイトセッションが開催される日にはお仕事・学校帰りに少し寄ってみるのも良いでしょう。

 

■楽天ジャパンオープン2015 公式サイト

 

生でビッグトーナメントの息吹を感じることは、アナタの試合にも必ず役に立ちます。

また将来、何かテニスに関わるような仕事をしたいと考えている学生の方がいれば、とにかく早く一度足を運んでみて下さい。

有明の会場も、今後オリンピックの開催を前にリニューアルが控えています。

たくさんのドラマを生んできたテニスコートも、残された時間はあと僅かかも知れません。

日本で開催される一大テニスイベント、皆さんの眼と心で、ぜひ感じてみて下さい!

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. 「テニスラケット専用ウェイトボール」を使えば、素振りでのパワーアップも可能に!
  3. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  4. テニスのルールの基本を学びたい人にお勧めの書籍「テニスのルール 審判の基本」
  5. 真夏のスポーツ観戦には、超軽量・小型の折り畳み傘は必需品

関連記事

  1. テニス メンタル

    その他

    Q&A「テニスをするには、性格が優し過ぎると言われてしまいます。良いアドバイスはありますか…

    今回は、男性中学生の方から頂いた質問です。よく「テニスは性格が…

  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの試合はほとんど、「あるある」で始まり、「あるある」で終わる

    ざっくりしたタイトルですが、私が最近改めて思うこと。テニスの試…

  3. テニス テニスボール

    その他

    「君は大学王座の試合を、観たことがあるか?」今年も早稲田が強かった

    先週末にて、大学テニス界の頂点を決める戦い、「全日本大学対抗テニス王座…

  4. テニス 粘り

    その他

    テニス部で「なるべくボールを長持ちさせたい」なら意識したい5つのこと

    テニス部の死活問題、それはボール代・・・じゃないですかね。少な…

  5. テニス 準備

    その他

    テニスの練習中に、「ボールを上から思いっきり踏んでしまった」ときの応急処置について

    スポーツに怪我は付き物・・・。予防することも大事ですが、もし発…

  6. テニス

    その他

    「全日本ジュニアテニス選手権大会」が行われている靱(うつぼ)テニスセンターって、どんな場所?

    インターハイ後のジュニアテニス界のビッグタイトル、全日本ジュニア。…

特集記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    「サーブの軌道のイメージを変えてみる」ことで、試合の中で厳しいコースを突けるよう…
  2. メンタル

    「声出していこう!」ってアドバイス、効果的?
  3. テニス サーブ

    ダブルス

    「テニスのダブルスの試合で、雁行陣から並行陣に移行する」ときに有効なクロスのアプ…
  4. ダブルス

    狙って良い前衛、悪い前衛の見分け方
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「相手の浅いボールをしっかり決め切る!」為に必要なストロークの基本4つ
PAGE TOP