日々の雑記

他の人の考え方は否定せずに、自分の糧にした方が10倍強くなれる

すっかり春らしく、いや夏っぽくもなってきましたね。

そろそろ試合のシーズン、ゴールデンウィークには大事な試合を控えているみなさんも多いんじゃないでしょうか。

4月って、色々冬場に仕込んできたもの、頑張ってきたことのお披露目の場、のようなもの。

新生活が始まった学生さん、新社会人の方はテニスどころではないかも知れませんが・・・ぜひ、どんな環境になってもテニスは続けて欲しいと思います。

 

実は、このT-PRESSのサイトも最近、新規の訪問者の方が多く、非常ににぎわっています。

インターネット上ですので訪問してきて頂く方の顔は見れないのですが、たくさん励ましの声などを頂き、私自身勇気付けられる毎日です。

特に、最近印象的だったのが、「自分と違う意見に触れることが出来るから、面白い」というご意見。

これって、なかなか言えないことだと思うんですよ。

私自身、なるべく色々な世界、自分とは異なる価値観に触れて成長したいと思いますが、まぁしんどいじゃないですか。

自分を否定されるようなこと、もある。

でも、全てそれを自分の糧だと思えるかどうか、が大事なんですよね。

 

何度か記事で書いてきましたが、周りのせいにしたり、他人の責任にすることは簡単。

テニスの試合だって、そうだと思います。

でも、それだと自分の世界がすごく狭くなる。

「また自分は否定された!」と思っていると、何の情報も得られなくなるし、人もいなくなってしまう。

ちょっと居心地が悪い、接し辛い人といることで、自分が成長出来るようなことも多いはずです。

ましてや、テニスの試合なんてそうですよ。

目の前の相手は、アナタを滅多打ちにしようとして、意気込んでくる訳ですから。

そりゃ、しんどい。

辛いし、居心地も悪いでしょう。

でも、そこに出て初めて分かること、感じること、成長出来ることがありますから。

新生活で悩んでいるみなさんも、ぜひテニスを通じて「自分の糧」になるものを、探して欲しいと思います。

 

ちょっと他人を否定したくなったとき、その意見や人に接することが出来ただけで、自分の糧になったと思う。

すぐに離れずに、ちょっと踏み込んでみる。

どうしても嫌だしストレスになるなら、離れれば良い。

このちょっとの差、好奇心の差って、テニスでも大きくなっていきますからね。

4月は出会い、何かを始める良い時期です。

みなさんに負けないように、T-PRESSも頑張っていきます!

ピックアップ記事

  1. 【ご協力をお願いします!】テニス動画・プロ選手に関するアンケート
  2. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  3. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  4. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  5. テニスのコーチ、指導者の方にオススメしたい、「ボトムアップ理論」の名著

関連記事

  1. テニス メンタル

    日々の雑記

    「自分はテニス初心者で、申し訳無い」なんて思ってるのは、日本人だけかも

    もう15年くらい前、のことですが。テニススクールでアシスタント…

  2. テニス 評価

    日々の雑記

    感動は人を変え、またその人が次の感動を紡いでいく

    今日の平昌オリンピック、男子フィギュアスケート。ご覧になってい…

  3. テニス 大学

    日々の雑記

    私はこれからも、試合に出続ける「生涯現役選手」を、精一杯応援し続けます

    今、改めて、今回アンケートにご回答頂いた皆さんの内容を、じっくりと読ま…

  4. 日々の雑記

    球数制限、テニス選手にも必要

    未来の高校生の、肩を守る。こういう背景もあり、高校野球ではピ…

  5. テニス 粘り

    日々の雑記

    心の中に、持てる狂気が試合を動かす

    いつもT-PRESSを購読頂きまして、ありがとう御座います。そ…

  6. テニス ダブルス

    日々の雑記

    みんなで強くなることが、大きな相乗効果を生む

    最近、こんなご意見を頂きました。「いつも読んでます。とても為に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. フットワーク

    「足を動かせ!」と怒られない為にテニスのフットワークに意識改革を!
  2. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合、「マッチポイントをサービスエースで終わりたい」男子なら誰もが考える…
  3. テニス ボレー

    戦術

    ラリーの中で、ボールを凝視してはいけない
  4. テニス サーブ

    リターン

    シングルスの試合で、「リターンゲームこそネットプレーを入れていきたい」4つの理由…
  5. ダブルス

    前衛が動ける雁行陣は、やっぱり試合でも強い
PAGE TOP