テニス 居場所

戦術

ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

試合でビビって、ラケットが振れなくなる。

これって、かなりの人が多く経験している問題だと思います。

もちろん、私だって経験あります。

だからこそ、そうなってからが勝負、だと思いませんか?

 

ラケットを振れなくなった段階で、試合を投げてしまう人が多過ぎ

 


 

1.振れなくなる、恐怖にビビってはだめ

試合に、勝ちたいですから。

緊張するのは当たり前だし、それだからこそ、振れなくなるんです。

ここで、動揺してしまう自分、をコントロールしないと試合にならない。

「練習ではあんなに打てているのに、なんで振れないんだ・・・」と、思いますよね。

でも、それっておかしな話。

練習と試合、では全く違います。

打ち合う相手も違うしボールもニューボール、着ているウェアも違うし、何より毎回ポイントが付きますから。

同じように出来る、と思ってる時点でおかしいでしょう。

 

2.下から上に振れないなら、上から下に動かすスライスも有り

私は、大胆に変えます。

もう、スピンが無理だと思ったら諦める。

スライスで打つ、ことに切り替えることが大事でしょう。

上から下、に抑えるような動き、なら実はビビっても振りやすい。

重力を使って、しっかりラケットを動かせば、ボールをコントロールしやすいですから。

スピン系しか打てない、こだわっているとどこまでも微調整が続くし、なかなか良い振りが出来ない。

思い切って変えること、が大事です。

 

3.自分が嫌になる、ようではまだまだ子供

正直、5歳くらいの幼児と一緒です。

上手くいかない、そんな自分が嫌になってしまう。

だからこそ、しっかり自分で準備して、セルフコントロールしていかないと試合では勝てない。

2.のようにスライスを準備することも大事だし、試合と練習で違う感覚、を覚えておく。

振れなくなってからが勝負、ですからね、テニスは。

自分が嫌になる、ようなこと自体を避けること、嫌になること、が大事でしょう。

 

4.必ず、調子は戻って来る

ストロークで振れない、と落ち込んでいる場面、もあるでしょう。

でも私の感覚では、試合の後半になると戻って来るものですよ。

どこかで、良い打点を見つければ、調子って戻って来ます。

調子が戻って来る、という部分も含めて、アナタ自身の実力ですしね。

必ず戻って来る、試合を投げないで我慢しておく時間、も大事。

投げないで試合を進めておけば、後半になんとかなる試合、も多いですよ。

 

試合を投げている人って、すぐ分かりますよね。

そして、毎回投げている風景、に気付くはずです。

アナタ自身、こういう人になってはいけないし、こういう人には確実に勝たないといけない。

その心づもりで、準備して挑みましょう。

ピックアップ記事

  1. 筋肉痛が毎回酷い人は、「フォームローラー」で身体の表面をほぐしてケアしよう
  2. 学生さんや社会人プレイヤーにもお勧め!「タッチ系テニス」に適したガット3選
  3. 塗り直し不要で、男性にもお勧めの日焼け止め 「ビオレUV アクアリッチ」
  4. 試合に勝つダブルスを極めたいなら、お勧めの一冊
  5. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!

関連記事

  1. テニス ミス

    戦術

    「自分らしい失点、自分らしくない失点」という視点

    自分の獲ったポイント、ナイスなショットはしっかり覚えている。で…

  2. 戦術

    勝ち方を見つける、という技術

    テニスの試合には、引き分けはありません。タイブレークのような…

  3. 戦術

    イレギュラーバウンドの多いコートで、必要な5つの意識

    テニスの試合、張り切って会場に到着してみると…。ボロボロのハ…

  4. テニス 大学

    戦術

    結局「試合の大事なポイント」とは、どこなんだろうか?

    良い試合は出来るけど、競り負けてしまう。強い相手との試合、最後の最…

  5. テニス 戦術

    戦術

    テニスの試合で、「相手の得意パターンにはまらない」為に必要な意識4つ

    確かに相手は強いけど、作戦に見事にはまってしまった・・・なんてこと、あ…

  6. テニス ドロップショット

    戦術

    良いショットさえ打てば相手を追い込める、は幻想です

    テニスの試合で、どうにも独りよがり、になっている人が多い。シン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    その他

    「基本のストロークが出来て、ラリーがつながるようになったら次はボレー」みたいな順…
  2. テニス ストローク

    メンタル

    「自分がやりたいプレー」より「相手が嫌がるプレー」を選択の基本線に
  3. テニス 人脈

    ボレー

    「確かにボレーは決定力あるけど・・・」テニスで必要なゆっくりした球速を身に付けた…
  4. テニス 守備

    フットワーク

    テニスのフットワークは、「左右よりもまず前後から」が基本です
  5. テニス ダブルス

    ボレー

    足下のボレーを返球する、すぐ使えるテクニック5つ
PAGE TOP