サーブ

意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない

サーブがどうも、走らない、威力が無いと感じている方へ。

意外と、サーブが横に曲がり過ぎている可能性が高いです。

しっかりバウンド後に、相手に向かっていくスピン系のサーブ、を意識してみると良いと思います。

まずはトスと位置から、ですね。

 

意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない

 


 

1.トスは打ちたい方向、に上がっているか?

やっぱり、まだまだトスが横、な方が多いです。

打ちたい方向、つまりは相手コートの方向にトスアップして、打ちながらコートに入る。

これが出来ないと、重たいサーブや勢いのあるサーブって打てない。

トスが相手方向ではなく自分の横、に上がっていると、スライスサーブしか打てないようなケースも多い。

そして結果的によく曲がるけど、相手の脅威にはならない、そんなスライスサーブになってしまう。

男性でも、意外とこういう方多いですよ。

 

2.ラケットがしっかり加速して、ボールを打てているか?

打点が後ろ、のスライスサーブだと力が伝わらない。

ボールを打つ瞬間、まだラケットが加速している途中だったりするんですよね。

トスアップを前にすることで、ラケットはかなり加速出来ているし、下半身も使える。

曲がり過ぎるスライスサーブを打っている人って、その場で棒立ち、みたいな感じで打っている人が多い。

しっかりジャンプしながら打つ、くらいの身体の使い方は欲しいですよね。

 

3.曲がるサーブって、安定しない

実際に試合では、安定しないと思います。

風の影響も受けやすいし、自分のサーブがどの程度曲がるのか、正確に把握できている人って少ないでしょう。

曲がり過ぎるサーブ、はオプションとして持っておく程度で良い。

ベースとなるサーブ、はもっと身体を使う、トスアップを前にするサーブに変えていきましょう。

サーブ&ボレー、への移行もしやすいですし、お勧めです。

 

4.スライスサーブ、ともう一つのサーブを身に付けよう

試合の中で、自分のサーブは攻略される。

こう思っておいてまず、損は無いでしょう。

実際に、スライスサーブを打ってばかりだと、相手は前に来て曲がる前に捕らえることも出来る。

試合に強い人って、本当に対応力が高いですから。

アナタ自身のサーブは、やっぱり最低でも2種類。

しっかり打てるようになっておけば、試合でも自信を持って打てるはずです。

 

曲がり過ぎているサーブ、本当にコントロールが難しいんですよ。

意図せず曲がって、横にフォルト、なんてことも多いですからね。

自分がイメージしている軌道と、どう違うのか。

サーブを客観的に見つめなおしてみれば、試合は戦いやすくなるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニスで肩が上がらない・・・と、苦労する人は「ピイラティス・ポール」がオススメで…
  2. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  3. 大会シーズンに準備したい、サンバイザー5選
  4. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ
  5. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ

関連記事

  1. テニス ダブルス

    サーブ

    センターへのサーブは、「曲げて入れる」ことで安定する

    サーブはセンターに。テニスの試合に出ていると、いかにこれが有効…

  2. サーブ

    サーブのトスは、ボールを上に投げる動作じゃない

    サーブを打つときに、トスアップの動作がスムーズな人って、どんな感じでし…

  3. テニス ロブ

    サーブ

    サーブを打つときの体重移動は、トスアップと合わせるとリズムを取りやすい

    サーブの体重移動、皆さんどんなポイントを意識してるでしょうか。…

  4. テニス フットワーク

    サーブ

    リターンでポジショニングを前に取ってくる相手には、「センターへの厳しいサーブ」は絶対に必要です

    攻撃的なリターンは、しっかり前に踏み込んでライジングで捕えることが、も…

  5. サーブ

    苦労してキープしている方が、意外と勝っちゃうのが試合

    これもまた、一つのテニスの試合の中でのあるある、でしょう。サー…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    上級者の方ほど変えるのが難しい技術、それこそがサーブ

    試合で恐らく、上のレベルになるにつれて重要度を増すショット。そ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    テニスを成長させていく過程では、実力に実績が付いていかない時期もある
  2. 戦術

    相手の走力と、走る意欲を確認しよう
  3. 戦術

    絶不調だったときにどれ位良かったか
  4. 練習メニュー

    武器を作る、1つに集中してみよう
  5. テニス サーブ

    メンタル

    「自分はメンタルが弱い」と思っているなら、「メンタルの強さ」が求められる場面を作…
PAGE TOP