サーブ

意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない

サーブがどうも、走らない、威力が無いと感じている方へ。

意外と、サーブが横に曲がり過ぎている可能性が高いです。

しっかりバウンド後に、相手に向かっていくスピン系のサーブ、を意識してみると良いと思います。

まずはトスと位置から、ですね。

 

意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない

 


 

1.トスは打ちたい方向、に上がっているか?

やっぱり、まだまだトスが横、な方が多いです。

打ちたい方向、つまりは相手コートの方向にトスアップして、打ちながらコートに入る。

これが出来ないと、重たいサーブや勢いのあるサーブって打てない。

トスが相手方向ではなく自分の横、に上がっていると、スライスサーブしか打てないようなケースも多い。

そして結果的によく曲がるけど、相手の脅威にはならない、そんなスライスサーブになってしまう。

男性でも、意外とこういう方多いですよ。

 

2.ラケットがしっかり加速して、ボールを打てているか?

打点が後ろ、のスライスサーブだと力が伝わらない。

ボールを打つ瞬間、まだラケットが加速している途中だったりするんですよね。

トスアップを前にすることで、ラケットはかなり加速出来ているし、下半身も使える。

曲がり過ぎるスライスサーブを打っている人って、その場で棒立ち、みたいな感じで打っている人が多い。

しっかりジャンプしながら打つ、くらいの身体の使い方は欲しいですよね。

 

3.曲がるサーブって、安定しない

実際に試合では、安定しないと思います。

風の影響も受けやすいし、自分のサーブがどの程度曲がるのか、正確に把握できている人って少ないでしょう。

曲がり過ぎるサーブ、はオプションとして持っておく程度で良い。

ベースとなるサーブ、はもっと身体を使う、トスアップを前にするサーブに変えていきましょう。

サーブ&ボレー、への移行もしやすいですし、お勧めです。

 

4.スライスサーブ、ともう一つのサーブを身に付けよう

試合の中で、自分のサーブは攻略される。

こう思っておいてまず、損は無いでしょう。

実際に、スライスサーブを打ってばかりだと、相手は前に来て曲がる前に捕らえることも出来る。

試合に強い人って、本当に対応力が高いですから。

アナタ自身のサーブは、やっぱり最低でも2種類。

しっかり打てるようになっておけば、試合でも自信を持って打てるはずです。

 

曲がり過ぎているサーブ、本当にコントロールが難しいんですよ。

意図せず曲がって、横にフォルト、なんてことも多いですからね。

自分がイメージしている軌道と、どう違うのか。

サーブを客観的に見つめなおしてみれば、試合は戦いやすくなるはずです。

ピックアップ記事

  1. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  2. バランスクッションを使って、テニス選手に必要なバランス感覚を養おう
  3. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  4. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  5. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「今すぐ、サーブの威力をアップさせたい!」人は、一度この呼吸法を試して欲しい

    サーブの威力を強くしたい!と、思っていない人はいないと思います…

  2. サーブ

    どんなに速い強烈なサーブでも、「軌道は山なりだから安定して入る」ことを再確認しておこう

    速いサーブを安定して入れることが出来る人、はどんなことを意識しているの…

  3. サーブ

    センターへサーブを打つ、ということは・・・どういうこと?

    試合の中で、センターへサーブを打つ。よくある光景ですが、実はこ…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    打てないサーブのコース、があることに自分で危機感を持とう

    サーブからしっかり攻撃して、キープしていく。これって、テニスの…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレー、セカンドサーブの方が前に出られる

    サーブ&ボレーで、意識したいこと。それは、自分がどの程度前に入…

  6. テニス スポーツ

    サーブ

    「サーブとストロークは一緒なんだよ」テニスの試合では両方のリズムが影響し合う

    サーブは入れないといけない。そんなこたぁ、誰でも知ってるよね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス 攻撃

    ボレー

    フワッと浮いたボールを詰めてボレー、足から合わせていけばミスが減る
  2. テニス スマッシュ

    戦術

    スライスのストロークを覚えると、自然に身につく5つの技
  3. テニス メンタル

    その他

    「引退」高校テニスを振り返ってみて
  4. メンタル

    「テニスの試合が怖い、やりたくない・・・」症候群に陥ってしまった方へ送るメッセー…
  5. その他

    国の威信をかけた漢のテニスの戦い、「デビスカップ名勝負」動画3選
PAGE TOP