サーブ

意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない

サーブがどうも、走らない、威力が無いと感じている方へ。

意外と、サーブが横に曲がり過ぎている可能性が高いです。

しっかりバウンド後に、相手に向かっていくスピン系のサーブ、を意識してみると良いと思います。

まずはトスと位置から、ですね。

 

意外と自分のサーブは、横に曲がり過ぎているかも知れない

 


 

1.トスは打ちたい方向、に上がっているか?

やっぱり、まだまだトスが横、な方が多いです。

打ちたい方向、つまりは相手コートの方向にトスアップして、打ちながらコートに入る。

これが出来ないと、重たいサーブや勢いのあるサーブって打てない。

トスが相手方向ではなく自分の横、に上がっていると、スライスサーブしか打てないようなケースも多い。

そして結果的によく曲がるけど、相手の脅威にはならない、そんなスライスサーブになってしまう。

男性でも、意外とこういう方多いですよ。

 

2.ラケットがしっかり加速して、ボールを打てているか?

打点が後ろ、のスライスサーブだと力が伝わらない。

ボールを打つ瞬間、まだラケットが加速している途中だったりするんですよね。

トスアップを前にすることで、ラケットはかなり加速出来ているし、下半身も使える。

曲がり過ぎるスライスサーブを打っている人って、その場で棒立ち、みたいな感じで打っている人が多い。

しっかりジャンプしながら打つ、くらいの身体の使い方は欲しいですよね。

 

3.曲がるサーブって、安定しない

実際に試合では、安定しないと思います。

風の影響も受けやすいし、自分のサーブがどの程度曲がるのか、正確に把握できている人って少ないでしょう。

曲がり過ぎるサーブ、はオプションとして持っておく程度で良い。

ベースとなるサーブ、はもっと身体を使う、トスアップを前にするサーブに変えていきましょう。

サーブ&ボレー、への移行もしやすいですし、お勧めです。

 

4.スライスサーブ、ともう一つのサーブを身に付けよう

試合の中で、自分のサーブは攻略される。

こう思っておいてまず、損は無いでしょう。

実際に、スライスサーブを打ってばかりだと、相手は前に来て曲がる前に捕らえることも出来る。

試合に強い人って、本当に対応力が高いですから。

アナタ自身のサーブは、やっぱり最低でも2種類。

しっかり打てるようになっておけば、試合でも自信を持って打てるはずです。

 

曲がり過ぎているサーブ、本当にコントロールが難しいんですよ。

意図せず曲がって、横にフォルト、なんてことも多いですからね。

自分がイメージしている軌道と、どう違うのか。

サーブを客観的に見つめなおしてみれば、試合は戦いやすくなるはずです。

ピックアップ記事

  1. テニス選手の筋肉に必要なプロテインは、ささみプロテインバーでの補給が最適
  2. フットワークを磨きたい!なら、足指トレーニングは欠かせない
  3. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで
  4. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  5. テニスの合宿・遠征に大活躍なのは、消臭ランドリーバッグ

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス サーブ

    サーブ

    15-40からデュースにもっていく、その力があるか?

    試合の現場で、みなさんにこの力があるかどうか。この力がある、あ…

  3. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で、「サーブのコースがバレてしまう!」ときは、大抵がトスアップの位置が原因です

    サーブのコースの打ち分け、皆さんはどの程度意識しているでしょうか?…

  4. テニス メンタル

    サーブ

    自分のセカンドサーブに悩んでいる人は、「セカンドサーブの合格点」を試合前に決めておこう!

    セカンドサーブ、に悩んでいる人は多い。私なんかも、今でもそうで…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップの腕、「トスを上げて終わり」じゃない

    サーブのトスアップについて、もったいないなと感じること。なかな…

  6. テニス ボレー

    サーブ

    「自分のサーブがどれだけ曲がっているのか」を把握すれば、サーブは格段に安定感を増します

    フラットサーブ、スライスサーブ、スピンサーブ。色々なサーブがあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    戦術

    相手に「何を意識させるのか?」を、考えよう
  2. テニス ボレー

    ボレー

    どんなに身体に近いボレーでも、1歩で踏み込まずに2歩で打てれば安定感が増す
  3. ダブルス

    ダブルスの前衛で「ポーチをしっかり決めきる!」為の、大前提となる4つの基本意識
  4. テニス フットワーク

    ストローク

    テニスの試合で、「相手のバックハンドを狙っているのにフォアに回り込まれてしまう・…
  5. リターン

    ストロークは得意なのに「リターンが苦手・・・」な人は、発想を変えてみると劇的に安…
PAGE TOP