テニス メンタル

練習メニュー

試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

みなさん、記憶にありませんか?

試合で絶対に取りたかった、あの1ポイント。

あの1ポイントさえ取っていれば、勝てたかもしれない大事なポイント。

このポイントをイメージしながら、どれだけ練習出来るかどうか。

これって、大事なことなんですよね。

 

試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

 


 

1.そもそも、覚えてる?

試合の中で、大事だったポイント。

みなさん、しっかり覚えてますか?

私は、大事な試合で負けたときには絶対に忘れない。

4-5 30-30、のような場面だったり、あるいは自分が勝っていて、マッチポイントの前のようなポイント。

忘れたくても、忘れられないんですよね。

テニスノートにも、細かく書いてあります。

でも、この習慣のおかげで、練習中に意識することが出来るんです。

「あの時のポイント、だと思ってここはやろう!」と、気合を入れなおせることもできますからね。

 

2.何度も繰り返していれば、試合の現場で気付くようになる

1.のような振り返りをやっていると、今度は現場で気付くようになります。

「あ、これは大事なポイントだな」と。

「これを取った方が、何となく勝ちそうだな・・・」と、嗅覚が磨かれてくるんですよね。

そうならないと、試合では勝てない。

試合に勝てない人って、大事なポイントってのがそもそも分からない、概念が無い。

相手が集中しているのに、自分は何となくで入って取られてしまう、終わっても気付かない。

こういう人は、何も進歩が無いんです。

 

3.練習を変えるには、試合での感覚が何より大事

試合で感じたこと、欲しかったあのポイントのイメージ。

を持って、練習に入ることが大事。

実際に練習では、ミスしても失点は無い。

でも、試合だったらどうなったか・・・それも、あの大事な場面で・・・と、自分で考えてみる。

これが出来ない人は、いつまで経っても練習が作業でしかないですから。

試合を通じて、得たもの、感じたものを練習に持ち込むこと。

大事なポイントで、自分はどういうプレーをしていたのか、これからはしたいのか。

文章にしておかないと、可視化できないですよ。

 

4.望めば得られる、望まなければ何も得られない

これが、テニスでありスポーツです。

プロ選手の試合、見てみて下さいよ。

例えば、フェデラー選手の試合。

最後の自分のサービスゲーム、これをキープすれば勝ち、という場面。

かなりの確率で、ファーストサーブがエースになる。

普段から、サービングフォーザマッチ、のサーブを練習しているから出来ることなんです。

本気で、ポイントを取りにいく。

当然、アナタが欲しいポイントは、相手だって欲している。

それを凌駕していく、準備は出来てますか?

本気で取りたい、と現場で望めてますか?

試合で絶対欲しいポイント、でのプレーは、鍛えていくしかないんです。

 

練習って、こういうこと。

試合で大事なポイント、勝負の分かれ目で自分が出来るプレー、の質を上げていく。

テニスの試合、必ず勝敗を決めるようなポイント、はあると私は思っています。

実力が拮抗した試合、それをものにした側が勝つ、可能性は高い。

さぁ、勝ちにいきましょうよ。

ピックアップ記事

  1. 大事なテニスウェアを汚したくないなら、シャープの超音波ウォッシャーを持ち歩こう
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. ベイビーステップ 46巻 は、シングルスの試合の駆け引きの描写が秀逸
  4. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  5. 「プリンス キャスター付きボールカゴ」が、やっぱり一番使いやすい

関連記事

  1. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー

    シングルスの試合で、基本的な戦術のパターンを徹底的に磨いていく。…

  2. テニス メンタル

    練習メニュー

    テニスでは、「新しい技術にトライして、すぐに身に付かなくても良い」と、私は思います

    そもそも、テニスは求められる技術が多い。スポーツは全てそうだと…

  3. テニス ミス

    練習メニュー

    県内No.1のアノ選手だって、技術の9割はコピペです

    「あの選手のストローク、凄いな・・・」「サーブ、ブレイク出来る…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習の後に気付きが無い人は、成長どころか衰退しかしない

    自分で、何を気付けるのか。毎回の練習、で上達していける人は、必…

  5. テニス イベント

    練習メニュー

    技術の習得に期限を設ける、のがテニスの練習の基本スタンス

    最近、みなさんは何を練習してますか?まず、これを、パッと言える…

  6. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法とは?

    部活やサークルでの練習で、出来るだけ「試合に近い環境」で練習したいと思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 戦術

    ボレー

    「ボレーがちょっと簡単に思える方法」回転量を意識するとテニスの試合も楽になる
  2. テニス メンタル

    戦術

    後半負け始めてからギアを上げても、遅い件
  3. テニス コントロール

    ストローク

    ドロップショットは、相手の戻る逆を突くから効果が増す
  4. テニス ボレー

    Q&A

    Q&A「ボレーしようと思ってグリップを握る手に当たってしまいましたが、こ…
  5. ストローク

    「けっこう、広い!!」テニスコートを試合で活用する為の、自分のボールスピードは?…
PAGE TOP