テニス メンタル

練習メニュー

試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

みなさん、記憶にありませんか?

試合で絶対に取りたかった、あの1ポイント。

あの1ポイントさえ取っていれば、勝てたかもしれない大事なポイント。

このポイントをイメージしながら、どれだけ練習出来るかどうか。

これって、大事なことなんですよね。

 

試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

 


 

1.そもそも、覚えてる?

試合の中で、大事だったポイント。

みなさん、しっかり覚えてますか?

私は、大事な試合で負けたときには絶対に忘れない。

4-5 30-30、のような場面だったり、あるいは自分が勝っていて、マッチポイントの前のようなポイント。

忘れたくても、忘れられないんですよね。

テニスノートにも、細かく書いてあります。

でも、この習慣のおかげで、練習中に意識することが出来るんです。

「あの時のポイント、だと思ってここはやろう!」と、気合を入れなおせることもできますからね。

 

2.何度も繰り返していれば、試合の現場で気付くようになる

1.のような振り返りをやっていると、今度は現場で気付くようになります。

「あ、これは大事なポイントだな」と。

「これを取った方が、何となく勝ちそうだな・・・」と、嗅覚が磨かれてくるんですよね。

そうならないと、試合では勝てない。

試合に勝てない人って、大事なポイントってのがそもそも分からない、概念が無い。

相手が集中しているのに、自分は何となくで入って取られてしまう、終わっても気付かない。

こういう人は、何も進歩が無いんです。

 

3.練習を変えるには、試合での感覚が何より大事

試合で感じたこと、欲しかったあのポイントのイメージ。

を持って、練習に入ることが大事。

実際に練習では、ミスしても失点は無い。

でも、試合だったらどうなったか・・・それも、あの大事な場面で・・・と、自分で考えてみる。

これが出来ない人は、いつまで経っても練習が作業でしかないですから。

試合を通じて、得たもの、感じたものを練習に持ち込むこと。

大事なポイントで、自分はどういうプレーをしていたのか、これからはしたいのか。

文章にしておかないと、可視化できないですよ。

 

4.望めば得られる、望まなければ何も得られない

これが、テニスでありスポーツです。

プロ選手の試合、見てみて下さいよ。

例えば、フェデラー選手の試合。

最後の自分のサービスゲーム、これをキープすれば勝ち、という場面。

かなりの確率で、ファーストサーブがエースになる。

普段から、サービングフォーザマッチ、のサーブを練習しているから出来ることなんです。

本気で、ポイントを取りにいく。

当然、アナタが欲しいポイントは、相手だって欲している。

それを凌駕していく、準備は出来てますか?

本気で取りたい、と現場で望めてますか?

試合で絶対欲しいポイント、でのプレーは、鍛えていくしかないんです。

 

練習って、こういうこと。

試合で大事なポイント、勝負の分かれ目で自分が出来るプレー、の質を上げていく。

テニスの試合、必ず勝敗を決めるようなポイント、はあると私は思っています。

実力が拮抗した試合、それをものにした側が勝つ、可能性は高い。

さぁ、勝ちにいきましょうよ。

ピックアップ記事

  1. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  2. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く
  3. 暑い夏のテニスの試合に備えて、瞬間冷却パックの準備は欠かせない
  4. テニスの試合に必要なフットワークトレーニングに、ラダーは必需品
  5. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」

関連記事

  1. テニス 観察眼

    練習メニュー

    人数が多い練習で、「効率良く実戦的なメニュー」を行う為に必要なアイデアとは?

    テニス部で、どうしても人数が多いと打てる人数が限られる。でも出…

  2. テニス ストローク

    練習メニュー

    「バックハンド側を攻めて、フォアハンド側で仕留める」為の、基本球出しメニュー

    シングルスの試合で、基本的な戦術のパターンを徹底的に磨いていく。…

  3. テニス 練習
  4. テニス 準備

    練習メニュー

    2人1組で簡単に出来る、試合前のフットワーク練習例

    試合前のウォーミングアップ、みなさんどうでしょうか?ラケットを…

  5. テニス テニススクール

    練習メニュー

    テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人それぞれという事実

    「試合を想定して、みんな練習しよう!」という声、たくさんのテニスコート…

  6. テニス メンタル

    練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メニュー

    浅いボレーの処理はしっかり練習しないと身に付きません。ストロー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ガット

    スマッシュ

    スマッシュが苦手な人ほど、「ロブが上がったら足が止まる」ことを再度意識してみよう…
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストローク力で押せる人に、駆け引きは身に付きにくい
  3. テニス ボレー

    リターン

    学生から社会人プレイヤーまで、「ダブルス巧者になりたければ、リターンダッシュを磨…
  4. テニス サーブ

    練習メニュー

    試合に必要な「サーブリターンの練習」、こそ工夫しよう
  5. テニス ボレー

    スマッシュ

    試合に有効なスマッシュは、「上に向かって打つから良い深さが出る」ことを意識しまし…
PAGE TOP