テニス メンタル

練習メニュー

試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

みなさん、記憶にありませんか?

試合で絶対に取りたかった、あの1ポイント。

あの1ポイントさえ取っていれば、勝てたかもしれない大事なポイント。

このポイントをイメージしながら、どれだけ練習出来るかどうか。

これって、大事なことなんですよね。

 

試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと

 


 

1.そもそも、覚えてる?

試合の中で、大事だったポイント。

みなさん、しっかり覚えてますか?

私は、大事な試合で負けたときには絶対に忘れない。

4-5 30-30、のような場面だったり、あるいは自分が勝っていて、マッチポイントの前のようなポイント。

忘れたくても、忘れられないんですよね。

テニスノートにも、細かく書いてあります。

でも、この習慣のおかげで、練習中に意識することが出来るんです。

「あの時のポイント、だと思ってここはやろう!」と、気合を入れなおせることもできますからね。

 

2.何度も繰り返していれば、試合の現場で気付くようになる

1.のような振り返りをやっていると、今度は現場で気付くようになります。

「あ、これは大事なポイントだな」と。

「これを取った方が、何となく勝ちそうだな・・・」と、嗅覚が磨かれてくるんですよね。

そうならないと、試合では勝てない。

試合に勝てない人って、大事なポイントってのがそもそも分からない、概念が無い。

相手が集中しているのに、自分は何となくで入って取られてしまう、終わっても気付かない。

こういう人は、何も進歩が無いんです。

 

3.練習を変えるには、試合での感覚が何より大事

試合で感じたこと、欲しかったあのポイントのイメージ。

を持って、練習に入ることが大事。

実際に練習では、ミスしても失点は無い。

でも、試合だったらどうなったか・・・それも、あの大事な場面で・・・と、自分で考えてみる。

これが出来ない人は、いつまで経っても練習が作業でしかないですから。

試合を通じて、得たもの、感じたものを練習に持ち込むこと。

大事なポイントで、自分はどういうプレーをしていたのか、これからはしたいのか。

文章にしておかないと、可視化できないですよ。

 

4.望めば得られる、望まなければ何も得られない

これが、テニスでありスポーツです。

プロ選手の試合、見てみて下さいよ。

例えば、フェデラー選手の試合。

最後の自分のサービスゲーム、これをキープすれば勝ち、という場面。

かなりの確率で、ファーストサーブがエースになる。

普段から、サービングフォーザマッチ、のサーブを練習しているから出来ることなんです。

本気で、ポイントを取りにいく。

当然、アナタが欲しいポイントは、相手だって欲している。

それを凌駕していく、準備は出来てますか?

本気で取りたい、と現場で望めてますか?

試合で絶対欲しいポイント、でのプレーは、鍛えていくしかないんです。

 

練習って、こういうこと。

試合で大事なポイント、勝負の分かれ目で自分が出来るプレー、の質を上げていく。

テニスの試合、必ず勝敗を決めるようなポイント、はあると私は思っています。

実力が拮抗した試合、それをものにした側が勝つ、可能性は高い。

さぁ、勝ちにいきましょうよ。

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. スピンサーブ習得の秘密兵器に、「スピンサーブマスター」を使ってみない?
  3. プッシュアップバーを使って、テニスに必要なトレーニングを効率化しよう
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 真夏のテニスの試合に必要な、熱中症対策のマストアイテム5つ

関連記事

  1. 練習メニュー

    「部活の練習の雰囲気を変える!」勝てるチームが実践している、競争原理に基づく工夫とは?

    高校や大学の体育会、サークルでも本気で試合に勝ちたいとテニスに取り組む…

  2. テニス テニススクール

    練習メニュー

    テニス部のキャプテンが「試合を想定して練習しよう!」と言っても、想定する試合は人それぞれという事実

    「試合を想定して、みんな練習しよう!」という声、たくさんのテニスコート…

  3. テニス イベント

    練習メニュー

    練習していることは、試合で使わないと練習にも活かせない

    何度か書いてきたことですが、もう一度、大事なことですので。自分…

  4. テニス ストローク

    練習メニュー

    何がキツイって、毎回同じ練習の繰り返しが一番キツイはず

    キツイ練習、楽な練習。皆さんは、何をもってキツイ、楽だと判断し…

  5. テニス ハードコート
  6. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーで足元に強くなるには、「ハーフボレーでのボレーボレー」を練習に取り入…
  2. テニス ロブ

    戦術

    チェンジした後の前衛、のポジショニングが肝
  3. リターン

    リターンミスが多い人は、「伸び上がり」を抑えて安定感を高めよう
  4. テニス トレーニング

    その他

    テニスが強くなりたければ、「まずは今いるチームの中で、一番になる」全ては、それか…
  5. テニス メンタル

    シングルス

    なぜテニスのシングルスの試合は「序盤が全て」なのか、そしてその対策を考えてみる
PAGE TOP