テニス ボレー

シングルス

シングルスの試合で使える、相手を前後に振り回すロブボレー術

シングルスの試合で、使えるテクニックの1つ、をご紹介。

ドロップショットと組み合わせて、効果大なこの技術。

学生やジュニアの方にも、積極的に使って欲しいんですよね。

なかなかシングルスの試合、精度の高いドロップショット1発では決まらないですから。

 

シングルスの試合で使える、相手を前後に振り回すロブボレー術

 

1.ドロップショットを打った!さぁ・・・どうする?

みなさん、どうしてますか?

そもそも、あまりドロップを打たない?

それではシングルスの試合、ただ後ろ同士の打ち合いになって淡泊な試合、にならないですかね?

実際に、後ろで打ち合ってて勝てる相手なら良いですけど。

前を使う、という意識があればもっと楽に戦えますよ。

でも、なかなかドロップショットを使えない人って、打った後のイメージが湧かないから、でしょう。

私がお勧めなのは、相手のドロップ処理、のボールを出来るだけノーバウンドで返球すること、です。

 

2.やっと触ったのに・・・もう返球された!

という感じに、相手を追い込みたいんです。

ドロップショットをやっと拾ったのに、そのボールを相手が瞬時に自分のコートに返球してくる。

たまったもんじゃないですよね。

このアイデアに使えるのは、ロブボレー。

相手が前に走ってドロップを拾った瞬間に、良いポジションに入ってロブボレーの準備をする。

前に走った相手を、またすぐに後ろに走らせる、ようなスピード感が大事。

相手に時間を与えない、ような展開を意識してみて下さい。

 

3.イメージを持って、ロブボレーのラケット面を作って待つ

ある程度、相手のドロップショットの返球コースを読んでおく。

当たれば、もうラケット面は準備して待てるように意識してみましょう。

もう、グリップを作って待つ感じですね。

相手がやっと触ったボール、出来るだけ時間を与えないでボレーで返球する。

相手は前にいて態勢も崩れているので、高い軌道じゃなくても良いですよ。

むしろ、少し低めで直線的な方が、相手は追い付けないですからね。

どうでしょう、前後に速い展開で攻撃していくイメージ、湧きましたか?

 

4.ドロップを打って、次はロブボレー、は鉄板のパターン!

実際に、これがすごく使えます。

シングルスでもダブルスでも、ドロップショットを触らせて、後ろに走らせる。

この鉄板パターン、ぜひ練習から意識して欲しいんです。

ドロップショット自体は、触らせて良い。

大事なのは、その返球をアナタ自身がノーバウンドで触る、という読みですね。

この鋭い読み、を鍛えておけば試合でも使えるはず。

ぜひ、意識してみて下さい。

 

ドロップショットも、展開としては2球セット、ですね。

2球で追い込めれば、それで充分でしょう。

次の流れ、までしっかりイメージ出来ていれば、試合で使いやすいですよね。

ノーバウンドで触るには、どこに立てば良いのか、相手のコースの癖はどうか?

慣れると、すごく使える作戦です!

ピックアップ記事

  1. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう
  2. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  3. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう

関連記事

  1. テニス ボレー

    シングルス

    テニスのラリーには、「法則があるけどそれに気付けるかどうか」が試合で大事

    テニスの試合、特にシングルスの試合で苦労すること。漠然と、相手…

  2. 食事

    シングルス

    シングルスで結果を出してこそ、アナタは本物の自信を入れ得るとこが出来る

    テニスの試合は、ダブルス中心。私の肌感覚では、T-PRESS読…

  3. シングルス

    「記憶力でシングルスを制す」テニスの試合中はデータ収集に勤しむこと

    シングルスの試合は一人で戦わないといけない。ダブルスのように、…

  4. テニス コントロール

    シングルス

    「人がいない場所にボールを運ぶ」テニスのシングルスの試合で必要な感覚を養うために

    シングルスとダブルスの違い、それはもちろんコート上にいる人数の少なさ。…

  5. テニス メンタル

    シングルス

    テニスのシングルスの試合を「1日3試合勝ち抜く」為に必要な考え方5つ

    テニスの大会、トーナメントは過酷です。1日に何試合もこなさなけ…

  6. テニス 練習

    シングルス

    「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

    シングルスの試合に出て勝ち進みたい、と考えている方は多いはず。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス 錦織圭

    ストローク

    浅いボールを攻撃出来ない人は、相手のボールがバウンドする前に「足」から決めて形を…
  2. テニス メンタル

    ストローク

    「お出迎えください・・・」テニスの試合で相手のアプローチショットを慌てずポイント…
  3. テニス サーブ

    練習メニュー

    サーブ&リターン、だけになりがちな単調な練習を脱却する、練習メニュー改良案3つ
  4. テニス メンタル

    フットワーク

    疲れてきた時こそ、丁寧に球際を処理すればミスは減る
  5. テニス メンタル

    ストローク

    「バックハンドストロークが安定しない!」人はチェックして欲しい5つのポイント
PAGE TOP