サーブ

サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう

普段何気なくやっている、サーブ練習。

ほとんどの場合、みなさんも4か所から2球交代くらいで打っている感じだと思います。

でも、この場合しっかり考えておかないといけないこと。

それは、ワイドの立ち位置から打つサーブって、かなり実戦的では無いということ、です。

 

サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう

 

1.両端から打つと、自分たちにも穴が出来る

まずは下の図、を見てみましょう。

この4か所、からサーブを打つとして、両サイドのピンク色のマーク、から打つとき。

もしかしたら、ダブルスの試合ではこの位置から打つこと、があると思いますが・・・これってかなり危険なんです。

そもそも、ピンク色の場所からはセンターを狙い辛い。

狙って最高の場所に入っても、斜めに入っていくのでリターンの相手をセンターに動かす、ことは難しいですよね。

その点、青い位置から打つサーブは、非常に実戦向き。

シングルスでもダブルスでも、センターに打ちやすいし、何より前衛の後ろのカバーにも走りやすい。

ダブルスの試合、だと結構これが肝になるんですよね。

 

2.コートの端から打つと、反対側のカバーも大変になる

例えば向かって右端、のピンクの位置からサーブを打つとしましょう。

シングルスのサイドライン、くらいの場所から打つとなると、実際の試合ではどうでしょうか。

↓のような斜線のエリア、も走って守らないといけないですよね。

前衛の頭上をロブで抜かれたら、走ってカバーしないといけない。

それも、ただ返球するだけじゃなくしっかり打たないと、相手の前衛も狙ってますからね。

このカバーまで考えると、端から打つサーブってあまり試合では使えない。

よほどワイドにスライスサーブを打てる、またはスピンサーブでキックさせることが出来る、なら話は別ですが。

このあたり、まで考えてサーブ練習をしないと実戦では勝てないですよ。

 

3.センター寄りからサーブを打てば、安定感がある

サーブを打った後、ステイして雁行陣になるにせよ、前に出て並行陣になるにせよ、安定感が違います。

しっかり後衛の後ろもカバー出来る、のが↓のようなセンター寄りの場所から打つサーブです。

一見、ワイドには打ち辛そう・・・に見えますが、センターに安定して打てる分、ワイドは見せ球で良い。

厳しいコースじゃなくても、きっと相手は脅威に感じるはずです。

自分の外側、↑の図だと自分の担当エリアである右側は大丈夫?と感じますが、意識をこちらに向けておけば大丈夫。

それに、センターにサーブを打っている限り、アングルへのリターンなんて怖く無いはず。

バランスがおかしい場所、からサーブを打つ方がよっぽど怖いと私は思いますよ。

 

意図があるなら、コートの両端、からサーブを打っても良い。

ただし、実戦ではセンターの2カ所、から打つケースが多いと思って練習する方が良いでしょう。

ワイドへのサーブは、あくまで見せ球。

試合では、基本センターへの配球が増えるでしょうから。

とにかくサーブはセンター寄りから、を意識して練習していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  2. テニスの試合に持参すると便利な、折り畳みチェア3選
  3. 冬のテニスのマストアイテム、手袋選びは勝利への近道
  4. これからの暑い時期にあると便利な、「高速製氷機」とは?
  5. あらゆる場面で活躍できる「万能タイプスポーツサプリメント」凌駕BCAA+

関連記事

  1. テニス サーブ

    サーブ

    テニスの試合で有効な「ワイドへのスライスサーブをしっかり打てるようになる」為に必要なコツとは?

    サーブがどうしても苦手で、サービスゲームのキープ率が上がらない・・・。…

  2. テニス サーブ
  3. テニス ステップ

    サーブ

    テニスの試合で、「相手サーブをブレイクした後のゲーム」にて意識したいポイント4つ

    1つのブレイクが、そのセットの勝敗を決める。プロの試合では、ほ…

  4. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大

    サーブに苦手意識がある人、すぐ分かります。どのポイントを見れば…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    風が強く吹く中で、「サーブを安定させる」ために必要なコツ4つ

    強風の中での試合、テニスなら多いですよね。これが苦手だと、アナ…

  6. サーブ

    肘の高さが低い人は、サーブに難有り

    サーブがどうしても、安定しない。そう悩んでいる人は、一目見れば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス サーブ

    サーブ

    今年こそ「サーブ改革元年」にしたい人に贈る、試合に勝てるサーブの考え方とは?
  2. テニス メンタル

    メンタル

    テニスの大会で格上シード選手と戦うときに、一番の強敵は間違いなく「自分自身」です…
  3. テニス 感覚

    メンタル

    一昨日のカープ優勝の瞬間を観て感じた、「悔しい瞬間を眼に焼き付けること」の大切さ…
  4. その他

    テニスの試合で相手の時間を奪う感覚は、「スプリットステップのタイミング」を見て判…
  5. テニス ストローク

    ストローク

    「テニスの片手バックハンドストロークを、しっかり振り切る!」為に意識すること4つ…
PAGE TOP