サーブ

サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう

普段何気なくやっている、サーブ練習。

ほとんどの場合、みなさんも4か所から2球交代くらいで打っている感じだと思います。

でも、この場合しっかり考えておかないといけないこと。

それは、ワイドの立ち位置から打つサーブって、かなり実戦的では無いということ、です。

 

サーブ練習から、ダブルスのコートカバーをイメージしていこう

 


 

1.両端から打つと、自分たちにも穴が出来る

まずは下の図、を見てみましょう。

この4か所、からサーブを打つとして、両サイドのピンク色のマーク、から打つとき。

もしかしたら、ダブルスの試合ではこの位置から打つこと、があると思いますが・・・これってかなり危険なんです。

そもそも、ピンク色の場所からはセンターを狙い辛い。

狙って最高の場所に入っても、斜めに入っていくのでリターンの相手をセンターに動かす、ことは難しいですよね。

その点、青い位置から打つサーブは、非常に実戦向き。

シングルスでもダブルスでも、センターに打ちやすいし、何より前衛の後ろのカバーにも走りやすい。

ダブルスの試合、だと結構これが肝になるんですよね。

 

2.コートの端から打つと、反対側のカバーも大変になる

例えば向かって右端、のピンクの位置からサーブを打つとしましょう。

シングルスのサイドライン、くらいの場所から打つとなると、実際の試合ではどうでしょうか。

↓のような斜線のエリア、も走って守らないといけないですよね。

前衛の頭上をロブで抜かれたら、走ってカバーしないといけない。

それも、ただ返球するだけじゃなくしっかり打たないと、相手の前衛も狙ってますからね。

このカバーまで考えると、端から打つサーブってあまり試合では使えない。

よほどワイドにスライスサーブを打てる、またはスピンサーブでキックさせることが出来る、なら話は別ですが。

このあたり、まで考えてサーブ練習をしないと実戦では勝てないですよ。

 

3.センター寄りからサーブを打てば、安定感がある

サーブを打った後、ステイして雁行陣になるにせよ、前に出て並行陣になるにせよ、安定感が違います。

しっかり後衛の後ろもカバー出来る、のが↓のようなセンター寄りの場所から打つサーブです。

一見、ワイドには打ち辛そう・・・に見えますが、センターに安定して打てる分、ワイドは見せ球で良い。

厳しいコースじゃなくても、きっと相手は脅威に感じるはずです。

自分の外側、↑の図だと自分の担当エリアである右側は大丈夫?と感じますが、意識をこちらに向けておけば大丈夫。

それに、センターにサーブを打っている限り、アングルへのリターンなんて怖く無いはず。

バランスがおかしい場所、からサーブを打つ方がよっぽど怖いと私は思いますよ。

 

意図があるなら、コートの両端、からサーブを打っても良い。

ただし、実戦ではセンターの2カ所、から打つケースが多いと思って練習する方が良いでしょう。

ワイドへのサーブは、あくまで見せ球。

試合では、基本センターへの配球が増えるでしょうから。

とにかくサーブはセンター寄りから、を意識して練習していきましょう。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. テニス選手の熱中症・痙攣対策に、ミニクーラーボックスは必需品!
  3. 汗でグリップが滑りやすい人は、「Prince Grip Plus」がオススメ
  4. リアクションボールを使って、イレギュラーバウンドへの対応力を磨こう!
  5. テニス選手に必要なプロテイン摂取は、便利なブレンダーボトルで

関連記事

  1. テニス リターン
  2. テニス サーブ

    サーブ

    サーブ&ボレーでは、「打ちながら前に出る?打ってから、前に出る?」の疑問について

    サーブ&ボレー、を普段から使っている方はダブルスの試合に出ている方でも…

  3. サーブ

    リターンダッシュを、引いて待ってはいけない

    相手がリターンから、前に出て来る。これは、ベテランテニスの試…

  4. テニス サーブ

    サーブ

    試合に備えて積んでおきたい、サーブ&ボレーの基本練習5つ

    試合の中でサーブ&ボレーを入れていきたい、と考えているみなさんへ。…

  5. サーブ

    セカンドサーブが入らない人が、見直したい基本5つ

    セカンドサーブが、試合で入らない。もう、ファーストサーブがフォ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    ミックスダブルス、男性サービスゲームに落とし穴有り

    ミックスダブルスの試合、どこに意識を置くか。女性のサーブ?女性…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. ストローク

    不安なショットほど、試合ではとにかく振り切ろう!
  2. テニス 準備

    練習メニュー

    まず軌道から入る、技術は後から
  3. テニス リターン

    ボレー

    ダブルスで「アングルボレーが打てる」ようになると、セオリーとは違う戦術でポイント…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    逆クロス方向へのショットは、相手に背中を向けよう
  5. テニス ダブルス

    ダブルス

    ダブルスで前衛に捕まった後は、ほとんどの選手が後衛側に逃げていく
PAGE TOP