ダブルス

どちらかが一方的に指示を出しているペアは、脆いダブルスペア

ダブルスの試合で、相手ペアをよく見ていると面白い。

そして、片方の選手が一方的に引っ張っているような光景を見ると、「これは大丈夫そうだな」と思ってしまう。

実力差があって、引っ張っていきたい気持ちは分かりますが・・・どうでしょう。

言われているだけの選手って、萎縮して試合どころじゃないんじゃないですかね?

 

どちらかが一方的に指示を出しているペアは、脆いダブルスペア

 


 

1.試合の現場では、立場は対等

私自身、これは気を付けてきたつもりです。

高校、大学と、ペアを組んでいる後輩に、「試合中は敬語を使わないようにしよう」とあえて言ってました。

敬語で話していると、どこか上下関係が出来て頼ってしまう、私自身も引っ張っていかないとと思ってしまう。

そうじゃなくて、コートの現場では立場は対等。

全然タメ口で良い、むしろそれくらい向かって来て率直なコミュニケーションを取りたい、と思ってやってました。

結果的には、それが良い自立心を生んで勝った試合、の方が多かったように思います。

あくまで一つのやり方ですが、私はあえてコート上では立場は対等、の方が良いと考えています。

 

2.指示を出しても、結果出来ないことが多い

実際の試合では、なかなかうまくいかないことが多い。

指示を出しても、その通りに動いて決まることなんて、少ないと思いませんか?

いつの間にか、失敗体験ばかりが積み重なっていく。

これでは試合も楽しくないし、もう結果どころじゃないでしょう。

関心を持って向かっていくべきは相手なのに、ペアの先輩の顔色ばかり気にしてしまうようでは、到底勝てない。

出来ないこと、出来なかったことを増やしていることに、指示を出している選手は気付いていかないと。

一方的に引っ張っていく、なんてダブルスペアでは無理ですから。

 

3.引っ張っている選手こそ、要所で狙われる

私は、意図的にこれを実行しています。

引っ張っている選手の側、強い選手の側を、要所で狙う。

そうなると、相手ペアって雰囲気が微妙になっていくんですよね。

「なんだ、色々言ってるけど自分がやられてるじゃん」と、思ってグダグダになる。

もうそうなると、相手は個人プレーに走ってくれるようになる。

ダブルスの試合、こうなったらもう勝利は近い。

一方的に指示を出しているペアって、その指示出し役が崩れていくと、本当に脆いですから。

 

4.自分の意見、を言えることがスタートライン

どんな人と組んでも、どんどん自分の考えを言っていく。

伝えていく、そしてぜひ使って欲しいのが「なぜなら、相手が・・・」という部分。

自分の意見の背景として、相手を見て感じたこと、根拠を加えてみて欲しいんです。

そうすれば、きっとパートナーも納得出来るはず。

「バックにサーブ入れるから、前衛は少し下がって良いよ、だって相手スライスロブしか打てないみたいだから」みたいな感じですね。

これは、リターンでバックハンドはスライスロブしかないかも?という仮定のもとに、出した意見。

こういう話だったら、どんどん聞きたいじゃないですか、強い方の選手も。

対等に話すとき、いつも根拠を相手に持っておく。

そうすれば、自然と強いダブルスペア、コミュニケーションで取れるポイントが増えていくでしょう。

 

学生さんのペアには、結構ありがちなケースですよね。

学年が違えば、立場が違う・・・のは、どうでしょう、私は時代錯誤だと思いますよ。

コート上で、と書きましたが、本当は試合の場以外でも、練習の場でも上下関係とかいらないんじゃないかなと。

だって、試合に勝ちたいなら、もっとみなさん主体的、本質的にならないといけないですから。

敬語や敬意は大事、でもそれ以上に、自分を主張することも大事。

それがテニスです。

ピックアップ記事

  1. テニスフリークなら必携のタオルは、「作戦ボードタオル」で決まり!
  2. 雨でコートが濡れていてもテニスがしたい!方にお勧めの「ウォーターバキューマー」
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. 会社にも持っていける、社会人にオススメのラケットバッグ

関連記事

  1. テニス ダブルス
  2. テニス ボレー

    ダブルス

    「ひたすらストロークで粘るダブルス」に負けない為に、前衛がトライしたい作戦とは?

    ダブルスの雁行陣で、ひたすらストロークをつないで粘るペア、戦った経験が…

  3. テニス ロブ

    ダブルス

    テニスの試合において「ダブルスの前衛は、貯金を上手く活用する」という意識が効果的です

    「あの前衛、よくボレー出て来るな・・・」と思ってストレートに打ち始める…

  4. ダブルス

    「ダブルスの連携術」はテニスの試合の中での優先権の確認から!

    ダブルスで大事なことは、パートナーとの連携。その連携プレーを利…

  5. テニス ストローク

    ダブルス

    困ったときのロブ頼みの癖を直さないと!

    ダブルスの試合、一般やベテランの皆さんの試合を観ていると感じること。…

  6. ダブルス

    もしもテニスに「3人制のトリプル」という種目があったら‥と考えてみる

    テニスはシングルスかダブルス。戦う人数は1人か2人、なスポーツ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特集記事

  1. テニス 準備

    戦術

    40歳以上のテニスプレイヤーの皆さんへ、提案したい5つのプレースタイル
  2. テニス ポジショニング

    ストローク

    ストローク戦で勝ち目が無い、と感じたら・・・?
  3. テニス 守備

    練習メニュー

    部活の練習で、「しっかりつなぎながら、決めることも出来る」テニスを養う練習方法と…
  4. ストローク

    いつまでも1,2,3のリズムだと、初中級者のままですよ
  5. 練習メニュー

    4月からテニス部に入部してくる、「新1年生向けに基礎的な練習メニュー」を考えたい…
PAGE TOP