テニス 雑記

日々の雑記

2018年1月~3月で、最も読まれた記事TOP10

気が付けば、もう今年も4月1日。

あっという間に3か月間、が過ぎてしまいましたね。

4月からは新生活、環境が変わったみなさんも多いと思います。

改めて、今年度もテニスを頑張っているみなさんを応援したい!という気持ちを込めて。

今年、多く読まれた記事をまとめてみました。

 

2018年1月~3月で、最も読まれた記事TOP10

 


 

10位:「格下相手に確実に勝つ」テニスのシングルスの試合で必要な配球の心得4つ

テニスの試合で一番難しいのが、こういう勝って当たり前の試合ですよね。

実力差がある試合って、準備が大事ですから。

記事はコチラ

 

9位:ストロークの基本「グリップエンドから前に出していく」基本を確認すれば、打点は自然に前になる

グリップエンドから振っていく、ことが出来ればテニスは回転がかけやすくなる。

試合で振り抜くにも、この意識が大事です。

記事はコチラ

 

8位:テニスの試合で「ボールへの反応を速くしたい!」と思う人に贈る4つのヒント

反応の速さ、は何歳になっても上げられます。

走力は落ちていく分、しっかりテニス選手らしい洞察力は鍛えていきたいですよね。

記事はコチラ

 

7位:テニスの絶対的な基本「深いクロスへのストローク」を安定させる5つのポイント

深いストローク、はどんなレベルでもどんなカテゴリでもテニスの基本。

まだまだ、軌道は変えられるはずです。

記事はコチラ

 

6位:関東近辺で「テニスの試合経験」をたくさん積みたいならココで!

引き続き、検索から入って来て頂く方が多い記事ですね。

早く、関東以外も・・・書かないと・・・。

記事はコチラ

 

5位:「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ

トレーニングと聞くとつい引いてしまう方も、1日5分なら継続出来るはず。

継続していくこと、が何より大事です。

記事はコチラ

 

4位:軽く打ってるのに、なぜあの人のストロークには伸びがあるのか?

ストロークが強力な人ほど、脱力感がある。

だから疲れないし、威力が落ちないので試合でも強いんですよね。

記事はコチラ

 

3位:「テニスは上手いのに試合で勝てない人」の共通点5つ

こういう人、が多いからテニス界にはチャンスがある。

でも、上手いだけの人って、いつの間にか消えていくんですけどね。

記事はコチラ

 

2位:「テニスでヘッドが走るストローク」でキレ味の鋭さを増すのに必要なポイント4つ

ヘッドが走る、という感覚が身に付くと、テニスは試合で勝てるようになる。

現代テニスのラケットとガットなら、ベテランでもシニアの方でも振り切れるテニス、が出来るはずです。

記事はコチラ

 

1位:ダブルスで前衛が苦手…な人は、「あるコツを使って、楽々ポーチ」作戦を実行してみよう

ポーチに対して悩んでいる方、に多く支持されて1位はこの記事。

私もすごく思い入れのある内容ですので、嬉しいです。

記事はコチラ

 

今日からまた心機一転。

どんどん新しい視点で、チャレンジしてみなさんのヒントになる記事を書いていきます。

みなさんの意欲、情熱に負けないように。

今年度も、T-PRESSをよろしくお願いします!

ピックアップ記事

  1. みなさんに感謝の気持ちを込めて、新しい取り組みを始めます!
  2. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  3. 試合で勝ちたいテニスプレイヤーなら、マイランニングシューズは欠かせないアイテム
  4. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  5. テニス選手に必要なトレーニングは、「重り付き」縄跳びでしっかり身に付く

関連記事

  1. テニス 評価

    日々の雑記

    部長やキャプテンの代が交代する・・・時期ですね

    ジメジメした時期、でも高校の部活はフレッシュな時期・・・が、この6月じ…

  2. テニス 準備

    日々の雑記

    悩める歓び、感じよう

    今年も12月。なんだか一気に師走な感じが出て来て、どこか世間も…

  3. テニス 打点

    日々の雑記

    自分の調子が良いときに、勝てないこともある

    6月に入り、もう梅雨本番、ですね。ジメジメした時期になりました…

  4. テニス サイト

    日々の雑記

    自分が読んで、「あ、あのとき読んだアレが役に立ったな・・・」と思ってもらえるように

    いつも、サイトをご覧頂きありがとう御座います。コメントやTwi…

  5. テニス サーブ

    日々の雑記

    自分が嫌なテニスは、続かないですから

    最近、こんなご意見をよく頂きます。「T-PRESSさんのテニス…

  6. 日々の雑記

    「僕、ボレーしか出来ないんですよ」という人って、大抵すごくテニス上手い件

    これって、テニス界のあるある、だと思いませんか?私は大学生の後…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス グリップテープ

    その他

    「ここだけの話、グリップテープが上手く巻けない・・・」と悩んでいる方に、ちょっと…
  2. テニス メンタル

    その他

    テニスの技術は、「人それぞれ、個性的で良い」はテニスコーチの責任放棄だと思う
  3. テニス ロブ

    リターン

    下がってリターンすれば、大きく打てるメリットもある
  4. テニス ボレー

    ボレー

    ネットプレーのときに、「片手魔人」になっている人いませんか?
  5. テニス ストローク

    ストローク

    浅いボールの処理は、スライスで変幻自在にコントロール
PAGE TOP