テニス メンタル

練習メニュー

テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!

普段の練習で、何げなくやっている「ラリー練習」。

でもどこか緊張感無く、ダラダラ続ける感じになってはしまいませんか?

実力に関わらず、ちょっとした工夫でより試合に活かせるような雰囲気の練習に、変えていけるかも知れません。

 

テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!

 

1.なぜ、ラリー練習は「ダラダラとした雰囲気」になってしまうのか

何気ない感じでも、どこかテニスの練習は「ラリーを続ける」という暗黙の了解の元に、開始されてしまいます。

しかし実際の試合では、「粘りながらも相手の隙を狙って攻めていく」という姿勢が求められます。

それでも練習なので、「続けましょう」という雰囲気があり、しかも2人のどちらかから球出しして開始する練習。

「すぐに失敗して途切れたら、もったいない・・・」という気持ちが、誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

 

2.「球出し係」を作れば、お互いにラリーの中で競い合える

それを解決するにはどうすれば良いか、一つのアイデアがあります。

ラリー練習では第三者が球出しをすること、です。

つまり、ローテーションで途切れたら「球出しをする人」を作ること。

そうすれば、早くラリーが途切れても責任は第三者が出したボールですので、2人も少し気持ちが楽になります。

その分、しっかり2人で駆け引きをして、ラリーの中で競うことが大切。

より試合に近い雰囲気で、練習できるようになります。

 

3.「球出し」が上手くなれば、必ずテニスの技術も向上する

球出し係なんて、つまらないし・・・と考えている方、それは間違いです。

テニスコーチを経験した人なら分かりますが、球出しは最高の練習の一つです。

薄いグリップも身に付きますし、何より狙ったところにしっかりボールを運ぶ、というのは実際の試合でも使える技術です。

この感覚を身に付ける為にも、率先して部活などの練習では球出し係を買って出るようにしましょう。

 

4.「球拾い係」も並行して走ることで、落ちているボールが少ない環境を

こういったラリー練習に、もう一つ欠かせないのは「ボール拾い係」です。

緊張感を保つには、なるべくコートにボールが転がっていない状況を作る必要があります。

だからこそ、ローテーションで順番に球拾いを行うことが大切。

これも慣れてくると、「この人はこんな場面でよくミスをするな・・・」という傾向も見えてきます。

一緒に練習しているメンバーの特徴を知ることは、テニスを上達する上での大前提です。

身近な人に、まずはしっかり勝てるように情報を仕入れる機会としても、この球拾いの場を活用しましょう。

 

「どんな練習メニューを組めば、部活が強くなるのか・・・」悩んでいる人も、多いと思います。

複雑な練習もときには必要ですが、今既に実施している練習も一工夫することで、より試合に活かせるようなメニューになります。

特にラリー練習は、慣れてくることが一番怖いメニューです。

ちょっとした工夫で、試合の雰囲気に近づけていきましょう。

向上心、そして良い意味での危機感を育むような土壌は、アナタ次第でいくらでも創ることができるのです。

関連記事

  1. 練習メニュー

    「ドロップボレーにも冷静に対応」できるように、浅いボールへの対応力を鍛える練習メニュー

    浅いボレーの処理はしっかり練習しないと身に付きません。ストローク側…

  2. テニス カープ

    その他

    プロ野球の広島カープに学ぶ、「徹底的した素振り練習」を貫くことの重要性

    今年プロ野球のセ・リーグを制したチーム、広島東洋カープ。彼らの…

  3. テニス ボレー

    練習メニュー

    マンネリ化しがちな「ボレーボレーの練習」の、最初の球出しを工夫すれば実戦的なメニューに早変わり!

    テニス部で人数が多い、またはテニススクールではコートを区切って行うこと…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    「テニスの個人練習って、どうやれば良いの?」と困っている方に

    テニスは個人スポーツ、でもなかなか個人での練習は難しい。近くに…

  5. 練習メニュー

    「1日5分でテニスの試合に強くなる!」自宅でできる簡単トレーニング5つ

    テニスの練習は、オンコートだけとは限りません。特に学生の皆さんは、…

  6. 練習メニュー

    シングルスの試合に必要な「コートカバーリングとコントロール」を養う、基礎的な練習メニュー

    シングルスの試合では、広いコートを幅広くカバーしないといけない。そ…

最上部レクタングル広告

スカイクレイパー広告枠

  1. テニス サーブ

    サーブ

    試合でサーブが安定しない・・・と感じている人の問題点は、「軌道が低くて直線的」な…
  2. テニス サーブ

    メンタル

    世界50位のミーシャ・ズベレフ選手が、マレー選手に勝てた「決断」について
  3. テニス シングルス

    ストローク

    フィーリングが悪いと感じた日は、足で稼いで勝ちを拾うしかない
  4. サーブ

    試合の現場で、「徹底したサーブからのバックハンド狙い」を実践出来るレベルが、がア…
  5. テニス メンタル

    その他

    試合に勝つ為のテニスとは、「自分を殺したつまらないテニスか?」という問いかけにつ…
PAGE TOP