テニス メンタル

練習メニュー

テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!

普段の練習で、何げなくやっている「ラリー練習」。

でもどこか緊張感無く、ダラダラ続ける感じになってはしまいませんか?

実力に関わらず、ちょっとした工夫でより試合に活かせるような雰囲気の練習に、変えていけるかも知れません。

 

テニスでの「ラリー練習」は一工夫することでより試合で活かせる練習になる!

 

1.なぜ、ラリー練習は「ダラダラとした雰囲気」になってしまうのか

何気ない感じでも、どこかテニスの練習は「ラリーを続ける」という暗黙の了解の元に、開始されてしまいます。

しかし実際の試合では、「粘りながらも相手の隙を狙って攻めていく」という姿勢が求められます。

それでも練習なので、「続けましょう」という雰囲気があり、しかも2人のどちらかから球出しして開始する練習。

「すぐに失敗して途切れたら、もったいない・・・」という気持ちが、誰しも経験したことがあるのではないでしょうか。

 

2.「球出し係」を作れば、お互いにラリーの中で競い合える

それを解決するにはどうすれば良いか、一つのアイデアがあります。

ラリー練習では第三者が球出しをすること、です。

つまり、ローテーションで途切れたら「球出しをする人」を作ること。

そうすれば、早くラリーが途切れても責任は第三者が出したボールですので、2人も少し気持ちが楽になります。

その分、しっかり2人で駆け引きをして、ラリーの中で競うことが大切。

より試合に近い雰囲気で、練習できるようになります。

 

3.「球出し」が上手くなれば、必ずテニスの技術も向上する

球出し係なんて、つまらないし・・・と考えている方、それは間違いです。

テニスコーチを経験した人なら分かりますが、球出しは最高の練習の一つです。

薄いグリップも身に付きますし、何より狙ったところにしっかりボールを運ぶ、というのは実際の試合でも使える技術です。

この感覚を身に付ける為にも、率先して部活などの練習では球出し係を買って出るようにしましょう。

 

4.「球拾い係」も並行して走ることで、落ちているボールが少ない環境を

こういったラリー練習に、もう一つ欠かせないのは「ボール拾い係」です。

緊張感を保つには、なるべくコートにボールが転がっていない状況を作る必要があります。

だからこそ、ローテーションで順番に球拾いを行うことが大切。

これも慣れてくると、「この人はこんな場面でよくミスをするな・・・」という傾向も見えてきます。

一緒に練習しているメンバーの特徴を知ることは、テニスを上達する上での大前提です。

身近な人に、まずはしっかり勝てるように情報を仕入れる機会としても、この球拾いの場を活用しましょう。

 

「どんな練習メニューを組めば、部活が強くなるのか・・・」悩んでいる人も、多いと思います。

複雑な練習もときには必要ですが、今既に実施している練習も一工夫することで、より試合に活かせるようなメニューになります。

特にラリー練習は、慣れてくることが一番怖いメニューです。

ちょっとした工夫で、試合の雰囲気に近づけていきましょう。

向上心、そして良い意味での危機感を育むような土壌は、アナタ次第でいくらでも創ることができるのです。

ピックアップ記事

  1. 水で濡らして絞って振れば、何度でも冷たくなるタオルが使える
  2. ミズノ社製のアイスマットを使えば、夏場の厳しい試合も乗り越えられるはず
  3. アディダス テニスシューズ バリケード JAPAN がアシンメトリーで最高にカッ…
  4. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  5. 何度でも消して使える、ウェアラブルメモはテニスでも使えそう

関連記事

  1. 練習メニュー

    「バランスボールを使ったトレーニング」は、自宅でも簡単にできてテニスの上達にはピッタリです!

    数年前からトレーニング器具として、ダイエットグッズとして流行したバラン…

  2. テニス 夜

    練習メニュー

    「闇錬だけで、テニスを上達させて優勝しよう」と思っている人は、ちょっと考え方を改めないと

    よく、「闇練好き」という言葉を聞きます。テニスに限らずですが、…

  3. テニス 練習

    練習メニュー

    部活やサークルで有意義な練習について考えると、「必要無いもの」から先に見えてくる

    「この練習は、本当にベストなんだろうか・・・?」と考えること、あります…

  4. テニス 練習

    練習メニュー

    練習中にコート上に落ちているボールの数だけ、アナタのチームの弱さである

    意識しないと、気付かないこと。毎回同じような風景だと、私たちは…

  5. テニス 気付き

    練習メニュー

    振り回し練習では、「相手が頑張って触れる場所」を狙う癖を付けよう

    みなさんも、普段の練習で実践する機会あると思います。球出しや2…

  6. テニス ストローク

    練習メニュー

    ダブルスの試合で使える「トップスピンロブ」を身に付けたいなら、この練習!

    以前にもご紹介したかも知れませんが、ダブルスの試合で重宝される「トップ…

特集記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    指示や指導で、基本人は動かないしテニスも変わらない
  2. テニス ダブルス

    ダブルス

    バックボレーは臆病になるから、ダブルスで狙い目なんです
  3. テニス サーブ

    サーブ

    試合で使えるサーブ&ボレーに仕上げる為には、「打点を踏み込んだ前足の少し…
  4. テニス メンタル

    サーブ

    テニスの試合では、「低いトスでのサーブ」を身に付けると、風が強い日でも安定する!…
  5. テニス ダブルス

    スマッシュ

    風が強い日の試合は、積極的に前に出て相手にロブを打たせていこう
PAGE TOP