テニス メンタル

メンタル

「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく

身の程知らず、という言葉がありますよね。

自分の実力もよく分かっていないのに、無理なことばかりにチャレンジする人、のようなニュアンスで使われることが多いと思うのですが・・・。

みなさん、自分の身の程、なんて知りたいと思いますか?

私は、ある意味勘違いくらいでもちょうど良いと思うんですよね。

 

「自信があるフリ」は、自分の頭をも凌駕していく

 

1.自信は「仕草」で磨かれる

本当に、ちょとしたこと、だと思います。

例えば胸を張って歩く、試合前に自分から相手に挨拶をする、サーブを決めるトスを自分から行う。

こういう、小さい仕草が、アナタ自身の自信を作っていく。

受け身のままに普段を過ごしていると、試合だってそのまま受け身になってしまう。

スポーツって、身体を動かすもの、ですから。

仕草や動作、で人の頭ってコントロール出来るものだと思いますよ。

そう、良い意味で自分の頭も勘違いしてくれる、と思うんです。

 

2.ゾーンに入るのだって、こんな時じゃない?

何をやっても上手くいく、自信に満ちている。

そういう瞬間、短い時間でもみなさん経験があるはずです。

ゾーンに入る、と表現されることもありますが、あれって私は自分の頭が良い「勘違い」をしている時じゃないかなと。

自信のあるような動作、仕草、プレーの繰り返しで、それが当たり前のように自分の中で自然になる。

最初は意識してやっていたことが、いつの間にか当たり前のように変わっていく。

これが出来るかどうかは、最初に「フリ」が出来るかどうか、です。

 

3.本当に自信があるかどうか、は重要じゃない

だって、相手からすると分からない訳ですから。

本当に自信があるのかどうか、アナタ自身がどういう選手なのか。

試合で対戦する相手は、ほとんどが初めまして、なはずですよね。

そうなると、自信があるフリ、をしていた方が絶対に有利です。

その雰囲気のままに、試合が出来るしアナタ自身の頭が「俺は出来るんだ!」と勘違いしてくれますから。

相手も、怖気づいてくれる可能性が高い。

自信のあるフリ、アナタが思っている以上に効果大ですよ。

 

4.小さい仕草が、アナタ自身のメンタルを作る

「いや、それって楽天的で自信のある人、しか出来ないことでしょ」と、思う方も多いでしょう。

私も、以前はそうでした。

でも、やっぱりやってみると変わるものですよ。

自信のあるフリ、仕草、をしてみると、どこか自分の中にも「本当に出来るんじゃないか」と思えるようになりますから。

表情だってメンタルに直結するのがスポーツ、です。

しかめっ面しながら、良いリラックスしたショットなんて打てない。

少しの笑顔と、積極的で前向きな仕草、動作、コミュニケーション。

これだけで、間違いなくアナタは強くなれます。

 

ダメ元、で良いじゃないですか。

次の練習、試合から、ちょっとずつ変えてみる努力をしてみて下さい。

自信のあるフリ、恥ずかしい気持ちにもなりますけどね。

でも、強くなりたいなら、それくらいの責任を背負っていかないと。

自信が無い、というのは負けて良い保険にしかならない。

それでは一生、強い選手にはなれないのですから。

ピックアップ記事

  1. 素振りでパワーアップを図るなら、「バナナウェイト」を使ってみよう
  2. 体幹の筋力アップに、意外とリーズナブルな「シットアップベンチ」を1台どうですか?…
  3. テニスシューズの中で、自分の足が滑る・・・ような人は、5本指ソックスに変えてみよ…
  4. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  5. 「HEADのボールって、実際どうなの?」の質問にお答えします

関連記事

  1. テニス メンタル

    メンタル

    先頭を走る人は、自分でしっかりルールを作って試合に臨んでいる

    試合でコンスタントに結果を出していく人、まさにトップランナー、ですよね…

  2. テニス ダブルス

    メンタル

    テニスの試合では、「ミスが怖くて粘ってる相手」は全然怖くない

    皆さん、粘り強い相手は試合で嫌ですよね。でも、よく見極めて欲し…

  3. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ

    テニスの試合、自分たちをどうしても信じられない、メンタルが弱いと感じて…

  4. テニス 調子

    メンタル

    テニスの試合に勝てる選手は知っている、「調子が良いときが自分の実力じゃない」ということ

    テニスの試合で、勝ち続けることが出来る人。それはメンタルの強さ…

  5. テニス ドロップショット

    メンタル

    「打たれる」から「呼び込む」に意識の変えることでテニスは強くなる!

    テニスが上手い人を見ると、いつも落ち着いているように見えます。…

  6. テニス 武器

    メンタル

    長期的な視野に立って、「欠点を武器に出来る積極性と工夫」が出来れば、アナタは強くなれる!

    自分の長所と短所、しっかり言葉にできて自分の中で把握できていますか?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス スライス

    ボレー

    テニスの試合では、「相手にドロップを警戒させて深く打つ」スライスが有効です!
  2. テニス ストローク

    ストローク

    ストロークやボレーがいつも力んでしまう人は、脱力出来る具体的な方法を実践していき…
  3. テニス ボレー

    ボレー

    テニスのボレーでは、「ネットより低い打点からのボレー」をしっかり返球できれば、プ…
  4. ボレー

    スライスやフラットの重たいストロークは、バウンドさせないのが一番
  5. テニス ボレー

    ボレー

    ネットに詰めたハイボレーなら、ラケットを振るよりむしろ「引く」感覚が大事
PAGE TOP