テニス メンタル

テニススクール

テニススクールの体験レッスンで、チェックすべき10のポイント

これからテニススクールに通ってみたい、興味があるというみなさんへ。

まずは体験レッスン、という時に、チェックして欲しいポイントをまとめてみました。

あくまで私なりの視点、ですが、一応テニススクールで働いていた身として、「ここを見ておいて欲しい!」という部分。

意外と、レッスン以外の部分を見ておいて欲しいんですよね。

 

テニススクールの体験レッスンで、チェックすべき10のポイント

 

1.立地

まず、これが大事です。

アナタ自身が通い続けられるかどうか、すごく大事な要素になるでしょう。

どんなに良いスクール、優れたコーチがいても、遠いテニススクールってなかなか通えないんですよね。

自宅に近い、または通勤ルートから無理なく通える範囲かどうか、がポイントです。

 

2.振替制度

テニススクールに入会すると、基本はどこかのクラスに所属して、週1回通うことになります。

自分の都合でお休みする場合には、別なクラスで受講することになります。

この制度、が結構スクールによってまちまちなんですよね。

お休みの連絡は、いつまでにしないと振替が取れないのか。

無制限?それとも回数限定?使い切れなかったら、次月に持ち越し?

アウトドアコートなら、雨天のときの連絡と、その分の振替は?

という部分も、しっかり確認しておきましょう。

 

3.電話対応

最近では、振替やお休みの連絡もWEB上で出来るスクールが多いと思いますが、フロントスタッフの電話対応も大事なポイント。

どの程度テニスを理解していて、まず体験レッスンを各自に合ったレベルに誘導する、ことが出来ているかどうか。

電話から伝わるちょっとした雰囲気、もすごく大事です。

明るく、ゆっくり喋ってくれるようなフロントスタッフ、の方がいるスクールは間違いないでしょう。

 

4.トイレ

テニススクールに到着して、コートよりも先に見て欲しいところ。

それは、トイレです。

ここがしっかり清潔に保てていて、良い空気が漂っているかどうか。

これがそのまま、そのスクールの鏡だと思って良い。

飲食店と一緒だと思いますよ、この辺。

意外と見落とされがちですが、汚いトイレのテニススクールって少なくないですよ。

 

5.コーチの自己紹介

体験レッスン、緊張しますよね。

でも、そんなアナタに最初にどんな声をかけて来るかどうか・・・、ぜひチェックしてみて下さい。

何も声掛けが無い、ようなスクールだと厳しいでしょう。

コーチの自己紹介、が先にあるのかどうか。

こういう小さい常識、が出来ないテニスコーチがいるスクールはレッスンもテニス界の常識、だけで進んでいきます。

 

6.テニスコート、設備

これは、もちろん差がある部分。

何も、最新でピカピカでないといけない、という訳ではありません。

むしろ仕切りのネットやポール、ボールかごなど、細かい備品を見てみて下さい。

しっかり手入れがされているのかどうか、がポイント。

モノを大事にしているかどうか、はテニスそのものの姿勢につながるでしょう。

 

7.レッスンの内容

初心者の方、中級や上級の方、色々な体験の方がいらっしゃると思いますが、感じて欲しいのはただ一つ。

「この仲間で、テニスがしたいな」と思えるかどうか。

もちろん、コーチの指導やレッスン内容は大事ですが、クラスのメンバーと打ち合う機会が多いのがテニススクール。

週1回のテニス、をやりたいメンバーかどうか、は大事な感覚だと思います。

ここは、正直にいきましょう。

 

8.コーチのアドバイス

どういうアドバイスがされるのか・・・と、ドキドキしますよね。

ここで、体験レッスンのみなさんに、どんな声をかけるのか。

もちろん、いきなり厳しい言葉、はなかなか飛んで来ないと思いますが、「質問」から入るようなコーチだとGOODだと思います。

「普段はどちらでテニスされてますか?」

「テニスを始めてみたいと思ったきっかけは・・・?」といった感じで。

こういう小さい答えに、テニスを成長させるヒントがたくさんありますからね。

気持ち良く自分を引き出してくれるコーチ、だと長くスクールでも楽しんで続けられるでしょう。

 

9.ロッカー、更衣室

体験レッスンが終わると、着替えたりシャワーを浴びたり、ロッカーや更衣室に移動することになりますね。

ここも、大事なチェックポイントです。

人数に対してしっかりスペースがあるかどうか、シャワーの数、清潔感は大丈夫?

自分が入会した後に変わることは無い、と思って、厳しくチェックして良いと思います。

 

10.体験後のカウンセリング

実際に、体験レッスンの後には入会についての説明があります。

もちろん、ここで違うなと思ったら、そのまま入会しないというのも大事な判断。

どこのクラスに入会するのか、体験レッスンで受けたクラス以外に入る、こともありますからね。

しっかりとフロントスタッフ、コーチと相談して、自分の意見を聞いてもらえるかどうか。

コミュニケーションを積極的に取ってくれるようなスクール、だと入会後も気持ち良くテニスが出来るでしょう。

 

ざっとまとめてみると、こんな感じでしょうか・・・。

テニススクールって、どこも同じようで実は細かい部分で結構差があります。

コーチやフロントスタッフの色って、コート以外でもたくさん出ますからね。

この春から新生活、テニスを始めてみようというみなさんはぜひ体験レッスン、受けてみて下さい。

アナタなりの視点、で正直にチェック、で良いと思います!

ピックアップ記事

  1. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…
  2. テニス選手のフットワークを支える、足首サポーター「ASO」
  3. 暑くも寒くも無い時期には、「アームカバー」で体温調整を
  4. 夜のランニングのマストアイテム、蛍光色グッズで安全にトレーニングを
  5. テニス選手としての「肩の痛み」を改善するには、寝る時の姿勢を変えないと

関連記事

  1. テニス 練習

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、他人のアドバイスも自分のこととして聞いている

    テニススクールで頑張っている社会人、学生の皆さん、読者の方の中でも多い…

  2. テニス メンタル

    テニススクール

    テニススクールで上達が早い人は、「球出し練習で先頭」に並ぶ人

    テニススクールのクラスの練習、参加していると大抵流れは決まっている。…

  3. テニス ダブルス

    テニススクール

    テニススクールのネット裏の練習を頑張れない人は、永遠の中級者で終わる

    毎日暑い、本当に一年で一番暑い時期・・・。本当にコートに立って…

  4. テニス ダブルス

    テニススクール

    長所を探せる、テニスコーチになって欲しい

    皆さんの周りにも、きっとテニスコーチの方がいるはず。アルバイト…

  5. テニス 調子

    テニススクール

    「テニススクールに通いながら、試合に強くなる」為に必要な10の心得

    テニススクールで、本気でテニスを強くしたい、試合に勝ちたいと思っている…

  6. テニス ガット

    テニススクール

    「張るガットはコーチにお任せで」は、どこかでアナタ自身卒業していきましょう

    ふと、先日テニススクールでの一コマが気になりました。ある程度テ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス ダブルス

    ダブルス

    「隙が無いダブルスを崩す為に」必要なセンターセオリーと連続攻撃について
  2. ボレー

    「とにかくボレーがネットしてしまう」人が改善したい5つのポイント
  3. テニス ストローク

    ボレー

    試合で使えるドロップボレーは「腕の形を作ってしまって下半身で滑り込む」を実践する…
  4. テニス ストローク

    ストローク

    両手バックハンドストロークは、「インパクトと同時に曲げた膝を伸ばしていく」と威力…
  5. テニス 観察

    ダブルス

    ダブルスでの試合は「お互いの武器を確認すること」でペアの完成度が磨かれていく
PAGE TOP