テニス シングルス

サーブ

サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく

サーブって、どうしても緊張しますよね。

どんなにリラックスしようと思っても、大事な場面ではガチガチになる。

だからこそ、だらーんと腕を垂らすようなフォーム、をぜひみなさんも意識して欲しい。

ポイントは、そのだらーんと垂らすタイミング、です。

 

サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく

 

1.両手を上げて、下げる、そして上げていく

ちょっと、イメージしてみて下さい。

プロ選手のサーブを打つ前も、こういう選手多いと思います。

打つ前に構える、そしてまずは軽くボールを持つ腕、ラケットを持つ腕を胸の前くらいに上げる。

その後にだらーんと両腕を下げて、そこからまた、上に上げていく。

どうでしょう、イメージ出来ますか?

いきなり下から上、よりも、軽く上にある腕をだらーんとさせる、その流れでサーブに入っていく。

この方が、トスアップもすごく安定すると思いますよ。

 

2.あくまで、「重力を使う」ようなイメージで

これ、間違うと・・・ちょっと痛いサーブになります。

よく、下方向に勢いをつけてブン!と回すようなサーブ、打つ人いるじゃないですか。

これって、逆効果ですから。

自然に、重力を使って重みでだらーんと、下方向に落ちていくようなイメージが理想。

勢いを付けても、サーブは不安定になるだけ。

ちょっと上げた状態から、自然にだらーんと下げていく。

この動作の延長線上でトスアップ、するからトスも安定するんです。

 

3.ラケットよりも少しだけ、トスアップする腕が早く上に上がる

コツとしては、これですね。

トスアップする腕が、ラケットよりも少しだけ早く上に上がって、セットされる。

それを少し後から、ラケットが追いかけていく感じが良いと思います。

リラックスしてだらーんと下に垂らしたら、後はその流れのままに、トスアップの腕を上げていく。

下で停止した状態から上げる、のではなく、上げた状態から下げる、そして上げる、から安定する。

このリズムをぜひ、大事にしてみて下さい。

 

4.トスアップ前の予備動作、ということです

つまり、トスアップ前の予備動作を作るということ。

いきなり止まった状態、からでなく上にある状態から加速する、ことで楽に安定する。

緊張してしまいがちなサーブですけど、身体の使い方を変えることでだいぶ改善されるはずですよ。

上から下、また上、という感じで、自分の呼吸を合わせていく。

ぜひ、自分で練習してみて下さい。

 

プロ選手のトスアップ、結構この形を意識している選手多いはず。

気にしてチェックしてみると、とても参考になると思います。

重力を感じられるくらい、リラックス出来ていれば大丈夫。

上下、そして上、の流れを大事にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 男子シングルスの試合を戦い抜くなら、大量発汗にも耐えうるタオルチョイスを
  2. HEADラケットのスタンダードモデルを使い続けて、気付いたことまとめ
  3. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  4. テニスの壁打ちをする場所が無い・・・人は、「リバウンドネット」を設置してみない?…
  5. 夏の男性の日焼け止めは、「ギャツビー パーフェクトUV スプレー」が便利

関連記事

  1. テニス サーブ
  2. テニス ストローク

    サーブ

    「サーブに求められるもの」テニスの試合で有効なセカンドサーブ、打ててますか?

    サーブは難しい。技術も難しいし、その上「入れなきゃ」というプレ…

  3. サーブ

    30-0にしてから自分の「いつものファーストサーブ」、でいこう!

    試合で、サービスゲームをどう考えるのか。色々考えた結果、私は最…

  4. テニス ガット

    サーブ

    試合で良いサーブを打った後に、「次の攻撃に備えてグリップチョイス」が出来てますか?

    サーブからの攻撃、3球目でしっかりポイントが獲れる・・・。これ…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    安定感の無い選手のほとんどが、サーブに力を使い過ぎている気がします

    サーブに皆さん、どの程度力を使っているでしょうか?「大事なショ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    サーブを打った後の着地足は、「基本は前足着地」を意識してしっかりジャンプしてみよう

    サーブを打つとき・・・までは神経を使っていても、打ち終わったときにはも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル
  1. テニス ポジショニング

    ボレー

    ハーフボレーに必要なコツは、思い切ってラケット面を下に向けてボールに被せること
  2. テニス メンタル

    戦術

    淡々と同じことを繰り返す、のが得意な人はテニス向き
  3. テニス ガット

    メンタル

    試合に強いメンタルを養う為に、普段の練習で実践したいこと4つ
  4. テニス ストローク

    フットワーク

    テニスにおけるフットワークの基本中の基本、「ボールに近い側の足から反応させる」こ…
  5. テニス メンタル

    戦術

    見た目な優しそうな選手ほど、実は強気なテニス選手は多い
PAGE TOP