テニス シングルス

サーブ

サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく

サーブって、どうしても緊張しますよね。

どんなにリラックスしようと思っても、大事な場面ではガチガチになる。

だからこそ、だらーんと腕を垂らすようなフォーム、をぜひみなさんも意識して欲しい。

ポイントは、そのだらーんと垂らすタイミング、です。

 

サーブでトスアップを安定させるには、一度両腕を下げてから上げると上手くいく

 


 

1.両手を上げて、下げる、そして上げていく

ちょっと、イメージしてみて下さい。

プロ選手のサーブを打つ前も、こういう選手多いと思います。

打つ前に構える、そしてまずは軽くボールを持つ腕、ラケットを持つ腕を胸の前くらいに上げる。

その後にだらーんと両腕を下げて、そこからまた、上に上げていく。

どうでしょう、イメージ出来ますか?

いきなり下から上、よりも、軽く上にある腕をだらーんとさせる、その流れでサーブに入っていく。

この方が、トスアップもすごく安定すると思いますよ。

 

2.あくまで、「重力を使う」ようなイメージで

これ、間違うと・・・ちょっと痛いサーブになります。

よく、下方向に勢いをつけてブン!と回すようなサーブ、打つ人いるじゃないですか。

これって、逆効果ですから。

自然に、重力を使って重みでだらーんと、下方向に落ちていくようなイメージが理想。

勢いを付けても、サーブは不安定になるだけ。

ちょっと上げた状態から、自然にだらーんと下げていく。

この動作の延長線上でトスアップ、するからトスも安定するんです。

 

3.ラケットよりも少しだけ、トスアップする腕が早く上に上がる

コツとしては、これですね。

トスアップする腕が、ラケットよりも少しだけ早く上に上がって、セットされる。

それを少し後から、ラケットが追いかけていく感じが良いと思います。

リラックスしてだらーんと下に垂らしたら、後はその流れのままに、トスアップの腕を上げていく。

下で停止した状態から上げる、のではなく、上げた状態から下げる、そして上げる、から安定する。

このリズムをぜひ、大事にしてみて下さい。

 

4.トスアップ前の予備動作、ということです

つまり、トスアップ前の予備動作を作るということ。

いきなり止まった状態、からでなく上にある状態から加速する、ことで楽に安定する。

緊張してしまいがちなサーブですけど、身体の使い方を変えることでだいぶ改善されるはずですよ。

上から下、また上、という感じで、自分の呼吸を合わせていく。

ぜひ、自分で練習してみて下さい。

 

プロ選手のトスアップ、結構この形を意識している選手多いはず。

気にしてチェックしてみると、とても参考になると思います。

重力を感じられるくらい、リラックス出来ていれば大丈夫。

上下、そして上、の流れを大事にしてみて下さい。

ピックアップ記事

  1. 高音質で防水仕様のワイヤレスイヤホンは、テニストレーニングに最適
  2. 「寒暖差が激しい時期」のテニスにお勧めなアームカバー
  3. 飲んだらコンパクトに!パックアップボトルを持って試合に出かけよう
  4. いつからヨネックスのシューズは、こんなにカッコ良くなったんだろう
  5. テニスの試合で「足裏の皮膚が荒れてしまう方」にオススメな、皮膚保護専用クリーム「…

関連記事

  1. テニス メンタル

    サーブ

    「前足主役でサーブを強化!」テニスの試合で必要な身体の開きを抑えるコツ

    サーブの打点って分かってる?それが分かってないと、どこにトスを…

  2. テニス サーブ

    サーブ

    ダブルスの試合、パートナーのサーブは「音」で聞き分けられるようになろう

    サーブを打つ時に発せられる音、について。皆さんは神経をとがらせ…

  3. サーブ

    「肩が痛くて腕が上がらないときに」無理しない脱力サーブを打てると便利

    テニスを長く続けていると、肩の怪我や上に上がらない・・・といったことも…

  4. テニス ダブルス

    サーブ

    サーブに苦手意識がある人は、「慌ててセカンドサーブを打ち過ぎ」な傾向が大

    サーブに苦手意識がある人、すぐ分かります。どのポイントを見れば…

  5. テニス サーブ

    サーブ

    サーブのトスアップ、ボールは斜めに持つのが基本

    サーブのトスアップ、色々とコツはありますが・・・以前にも書いたことのあ…

  6. テニス サーブ

    サーブ

    「自分が対戦相手より格上か、格下か?」を測るには、セカンドサーブが良い基準になる

    さぁ、これから試合!というときに、初対戦の相手であれば、まず相…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事

  1. テニス メンタル

    練習メニュー

    試合の現場で絶対に欲しいポイント、をイメージしながら練習しないと
  2. テニス メンタル

    フットワーク

    走力自体に対しては、テニス選手に大差は無い
  3. テニス 言葉

    ダブルス

    後衛に任せるにしても、パッと任せれば相手はプレッシャーに感じるはず
  4. テニス ストローク

    ストローク

    フォアハンドの回り込みストロークは、「しっかり高い起動」で大きく打つと相手を押し…
  5. テニス シングルス

    リターン

    デュースサイドを手堅く、アドバンテージサイドで冒険
PAGE TOP